日本一のダメスキッパーキー

(Upしたいことは色々あるのですが、現実の時間についていけません。先に、ドラハであったOPDESの結果をupします。それ以前の記事は、この下に順次upされます。)

 こんな結果でした。


 これはAG2ですが、JP2は、1番タイヤを跳んだだけで、迷走が始まりました。


 ひどすぎるっっっっ!!!

 スキッパーキーで競技会に出る人は、みんなスキッパーキー故の難しさを感じていて、いつも色々慰めてくださるけど、さつきのひどさは、桁違いです。これまで20回以上競技に参加したけど、その内半数が迷走して終了。みなさん、そこまでは経験なさってないでしょ。
 この二年間、できることは全てやってきました。

 練習には、人一倍熱心に通った。
 練習のない日は、自主練をした。
 セミナーにも何回も参加した。
 北海道にまで行った。

 なのに、何も変わりません。一年かけて、何千回練習しても、スタートのマテさえ、まだ全然できるようになりません。それでも、去年は、競技会ごとに進歩が見られ、二度に昇格することができました。今年は、まともに走れたのは、OPDESで優勝した時だけです。後は、全て迷走。しかも、回を追うごとにひどくなっています。香川以降は、ほとんど障害を跳ぶこともなく放浪→マーキングのパターンが定着してきました。こんな犬、世界中探してもいないでしょう。

 練習だけじゃない。いいと思われることは何でもやってみた。

 レメディ
 ボディラップ
 アロマ

 出走時は、さつきの集中を考えて何頭前に会場入りするか気を遣い、入場口では他の犬に気を取られないように気を配り、気分を盛り立て、ハンドラーに集中するようにあれこれやって・・・・

 ああっ、もう、馬鹿馬鹿しいっ!

 そんなことしなくたって、クレートから出してすぐ走れる犬はいくらでもいるのに!

 裏切られても裏切られても、いつかは、いつかは、見違えるように立派な犬になってくれると信じて頑張ってきた。
 その見返りが、これです。
 さつきは、努力する甲斐のない犬だったんだ。
 もっと早く見切りをつけて、次の犬を飼えばよかった。そうしたら、今頃は他の犬と走れたのに。

 思えば、うちに来た時からひどい犬だった。

 トイレを覚えるのに何ヶ月もかかった。
 しつけも入りにくかった。
 体を触ろうとすると、私にでも牙を剥いた。
 当然、呼んでも来ない。

 散歩に出たら出たで、リードをきつく噛んで力一杯振り回して一歩も進めなかった。
 噛むのをやめたら、窒息しそうなくらいぐいぐい引っ張った。
 近くを通る物は、人であれ犬であれ車であれ、何にでも吠えて飛びかかろうとした。

 その有様は、「やんちゃな子犬」と笑って済ませられる範囲を超えていた。

 そんな犬を、曲がりなりにも二度に上げ、ここまで家庭犬としてしつけたんだから、ボーダーコリーをアジリティチャンピオンにした人の百倍褒めてもらいたい心境だ。

 もちろん、スキッパーキーだから全ての犬がダメというわけではない。バディちゃんは、1才4ヶ月にしかならないのに、JKCのCD2でポイントゲットこそならなかったものの90点以上出し、翌日のOPDESではノービス1、ノービス2を完走した。さつきが特別ひどいのです。
 競技中逃走して捕まらないと、見ず知らずの人があれこれ口出ししてくる。

 「放っといてくれ!!!」

と言いたい。その程度のこと、この私が知らないとでも? そんじょそこらのしつけ本に書いてあることは、全て実践した。それで呼び戻せるようなら、こんな苦労はしない。さつきのお陰で、私まで無知でダメな飼い主と思われている。

 来年3月岡山である競技会でまた同じ結果だったら、今度こそ引退させようと思う。私は、競技会に行くことや練習は好きなので、結果が伴わなくても、楽しく走れればいい。だが、さつきとでは、それさえ許されない。出れば出るほど、落ち込むばかりだ。
 それでも、アジリティをやったこの二年間が無駄だったとは思わない。オビは以前より断然よくなったし、家の中でもイイコになった。家庭犬としては不満がないのに、競技に出ると疎ましくなる。だったら、やめるべきだよね。

by sawa4482 | 2008-12-07 23:28 | スキッパーキー