雪上ドッグラン

 「雪の上で犬を思いっきり走らせよう!」
という目的で、訓練所のお仲間と大山に行って来た。とはいえ、1月の記録的な寒波以降、これまた記録的なぽかぽか陽気が続き、果たして雪があるのか?と不安なまま、大山鏡ヶ成に到着した。と、道路以外は一面の雪!
 よかったぁ。幹事さん、さぞ気をもんだことでしょう。施設の方に許可を取って、駐車場横の広い雪原に犬たちを放牧した。しかぁ〜し! ご存じの通り、さつきは「行ったきり帰ってこない犬」。このまま野良狸になったらどうしよう! 心配なので、最初はひも付き。ま、お師匠様とその弟子が一緒だから、いざとなったら何とかなるでしょう。離してはいけない犬にはロングリード付きの指示が出たが、さつきは何も言われなかったし。


 意外に鉄砲玉のように飛んでは行かないものだね。過去に何度もスキー場に連れて行ったことがあるから、雪は好きなんだけど、他の犬との距離の取り方がビミョーだなぁ。以前のようにいちいち喧嘩を売らなくなったのは大進歩だが、やっぱり一緒に遊ぶ気はないようだ。

 エアリアルは、最初から紐なし。


 6ヶ月の子犬より信用のない5才って・・・・orz
 エアリアルは、生まれて初めての雪だが、大喜び。

 あまり遠くへは行かないし、呼べばちゃんと帰ってくるので、紐を外して走らせた。ボール投げなど。エアリアルは、一応ボールを追いかけてみるものの、まだレトリーブはできない。


 オコジョ1。
b0066826_11545476.jpg


 オコジョ2。
b0066826_11583354.jpg


 自然の中に放しても「これが見納めか・・」と思わなくていい日が来るなんて(感涙)。ほんの1年ほど前までは、全く考えられないことだった。
b0066826_121457.jpg


 夜は、犬と一緒に泊まれるペンションに宿泊した。冬の鳥取といえば、松葉蟹(ズワイガニのことを、山陰ではこう呼ぶ)。それでなくても食べきれないほどの夕食に、一人あたり松葉蟹が半杯つき、その上食後には奥さんが得意の腕を振るったケーキが出て、これ以上水も入らないくらいお腹一杯になった。ありがたいことに、うちの犬たちも部屋の中で騒がずに過ごすことができた。

 翌日、また鏡ヶ成に行った。ペンション付近で降っていた雨が鏡ヶ成では雪だったようで、昨日のザラメ雪の上にフカフカの真っ白な新雪が積もっていた。一体誰の日頃の行いがよかったのであろうか? エアリアルが雪玉だらけになりそうなので、この日のためだけに買ったレインコートを着せた。

b0066826_12262561.jpg


 シンクロ。
b0066826_12253730.jpg


 指導。
b0066826_12271512.jpg


b0066826_12273820.jpg

「そんなところに、ネズミはいません!」
 
 さつきは、場所に慣れてくると、調子に乗って声が届かないほど遠くまで行くようになった。

 ↓野良化する黒狸。
b0066826_12375334.jpg


 やっぱり信用ならない奴だ! 困ったことに、エアリアルまでが、一人だと飼い主から離れられないくせにさつきと一緒だとどこまでも行ってしまう。さつきの方はともかく、エアリアルは明らかにさつきのことを「群れ」と認識しているようだ。さつきを呼べばエアリアルも帰ってくる、エアリアルを呼べばさつきも帰ってくる、ので、楽と言えば楽だが,
 さつきの悪いところまで真似しなくてよろしい!

 朝のうち雪が舞っていたのに、帰る頃には快晴になり、本当にどなたかの日頃の行いに感謝しなくてはならないくらい、巡り合わせのよい天気だった。さつきもエアリアルも、十分楽しんだことだろう。

 幹事のTさん、いつもありがとう。お師匠様始め、ご一緒した方々、お世話になりました。来年も来たいね。

b0066826_12434580.jpg


b0066826_1244041.jpg

(ちゃんと集合写真になるところが、スキッパだらけの集会との違い?笑)

by sawa4482 | 2009-02-10 19:31 | スキッパーキー