2days in 備前

 この競技会で、さつきが競技に参加して丸3年になります。有終の美を飾ることになる(かもしれない)大会です。

 一日目のJP。飼い主の悲鳴をBGMに、ご覧ください。


 リードを外すと同時に勝手にスタートしてしまいました。何とか立て直したものの、検分で組み立てていた華麗な(?)ハンドリングはグダグダになってしまいました。あんなに迷走したのに、奇跡的にタイム減点は2.84ですみ、拒絶1と合わせて減点7.84は、79頭中28位でした。
 コースを見れば想像がつくように、速い犬がことごとくドボンで、完走できたのは各クラスとも半数くらいでした。相変わらず、N先生のコースはエグイです。

 AG。


 さつきのテンションがかつて無いくらい良く、スピードもライン取りもよかっただけに、残念です。スラの入り口と最後のハードルのシークエンスなど、拒絶の取られそうな箇所には気をつけていたのに、思わぬ伏兵にやられました。さつきは高いところが好きなのに、油断していた。あそこは、犬の左側を走ってドッグウォークを潰しておくべきだった。1番ハードルの直線上にタッチ障害という、さつきのためにあるようなコースなのに、ここでポイント取れなかったら、いつ取るんだ? 
 でも、さつきは楽しそうに走りました。走り終わった後も、嬉しそうな顔をしていました。さつきが競技会であんなに楽しそうだったのは、初めてです。それが収穫と言えるでしょう。

 二日目、JP。(後半しか動画がありません)


 53頭中6位。ブロックなので、7位まで表彰です。未来永劫もらえないと思っていたロゼッタがもらえました。表彰「台」は地べたですが、文句はありません。

 
b0066826_1943971.jpg


 AG。


 運悪く、場内放送のスピーカーがさつきの真後ろにあり、スピーカーの音が怖いさつきは、リードを外すと立ち上がってしまいました。よくあそこで逃げなかったものだ(滝汗)。一旦フセさせたものの、スラの途中まで、テンション低低〜。途中からスピードに乗ることができて、8位。ロゼッタまで0.18秒!007.gif
 でも、悲願のポイントカードがもらえたので、満足です。

 つくづく、さつきの課題はメンタルですねー。これまでなら、スタートの直前に間近でスピーカーの声がしようものなら幽体離脱していたのに、魂が戻ってきただけでも奇跡です。
 最後の最後まで迷っていた大阪、一応二日ともエントリーしました。目標は、「さつきがパニックにならないこと」。一日目に恐怖のあまり幽体離脱したら二日目は棄権するつもりで、行きます。

by sawa4482 | 2009-03-30 19:17 | スキッパーキー