エアリアル、競技会デビュー

 11日、12日の連休に原鶴で行われたOPDESの競技会が、エアリアルのデビュー戦でした。

 まずは、記念すべき生涯初の走りをご覧下さい。


 11頭中10番目の出走で、トップに!\(^-^)/ が、文字通り最大瞬間風速。ビギナーは2走できるのだが、2走目に足の速いコーギーやJRTに抜かれて、3分天下に終わった。結果、5席。

 ノービス1。


 エアリアルがトンネルに入る前にハンドラーが入口を通過したために、トンネルに入らないでハンドラーの後を着いてきてしまった。ノービスは拒絶を取らないのだが、タイムロスが響いて4席。ハンドラーのミス。

 ノービス2。


 8頭中1席。
b0066826_1544471.jpg


 スパイクを新調して臨んだ甲斐があった。

 二日目。
 ビギナーは10頭中、6席。

 ノービス1は、トンネルに入らずにトンネルの周囲を一周してしまい、12席。後で動画を見ても、理由がわからない。

 ノービス2は11頭中2席だった。


 二日間でメダル二個は、デビュー戦にしてはいい出来と言っていいでしょう。一つでも取れたら飲もうと思って冷蔵庫で冷やしておいたシャンパンが、堂々と飲めるわ。 
 今回の競技会は、とっても楽だった。そりゃ、初めての競技会でビビって競技会嫌いにならないように、それなりに気は遣いましたよ。でも、さつきだったら、ハウスから出すタイミング、待つ場所、周囲の物音など、あらゆることに神経をとがらせて、やれレメディだの、それを飲ませるために牛乳を買ってきたりだの、とぉ〜〜〜〜〜っても疲れるのだ。競技会って、こんなに楽しかったのか。
 動画を見返すと、スタートで待つ間やたら地面の匂いを嗅いでいるのは、カーミングシグナルと思われる。エアリアルなりにいつにない雰囲気を察して緊張していたらしい。


 帰宅後、お祝いのつもりで久し振りにサシの入った高級肉をフンパツしたら、食べている途中で気持ちが悪くなってしまった。安い赤身肉に身体が慣れてしまっているらしい。ナサケナイ (T.T)

by sawa4482 | 2009-10-12 22:49 |