コイケルオフ

 気が付けば、一ヶ月以上経過している(汗)、11月22日に行われたコイケルオフ。

 13ヶ月前エアリアルを連れて帰った道を逆にたどって、エアリアルの生まれた犬舎に初めての里帰り。さつきは、お師匠様のところでお留守番。スキッパオフの時はエアリアルがお留守番したんだから、いいよね。
 早朝に出発したにもかかわらず、すでに皆さん到着されていた。県外組はうちだけで、他の飼い主さんたちはお互い顔見知りのようだった。
 あいにく昼前から雨が降り始め、犬たちは屋根付き運動場に放牧した。内弁慶のエアリアルは、知らない犬が近寄るとタジタジ(^^ゞ
b0066826_22343111.jpg


b0066826_22402894.jpg

 この直後、カメラに向かって垂直跳びをかまし、前日に衝動買いしたばかりのデジイチのレンズに、鼻スタンプべったり(号泣)。レンズカバーを付けていたからよかったのもの、そうでなかったらマジで泣きが入るところだった。

 しばらくしたら昼時になり、犬たちをサークルに放牧したまま、飼い主たちは別のテントで昼食。
b0066826_2245632.jpg


 皆さんが持ち寄って下さったのだが、早朝に出発した私は、手ぶら。ご馳走になりました(-人-)

 人間がいるテントは、犬たちのサークルとは少し離れていたのだが、エアリアルは終始こちらをガン見です(笑)
b0066826_22484583.jpg


 エアリアルのママ、ウィングちゃんに初めて会いました。
b0066826_22521280.jpg


 名前の通り、背中に天使の羽。授乳中に付き、どすこいな体型だったのが残念。最後のお産、お疲れ様でした。エアリアルを生んでくれて、ありがとう。

 エアリアルのパパ。アガー。
b0066826_22545768.jpg


 ショーにチャレンジ中とかで、立派な毛並みでした。

 他のコイケルさんたちの写真もあるのだが、長い間放置していたため、名前の記憶があやふやになってしまいました。スミマセン。

 ところで、エアリアルの同胎で最後に残った一頭が某有名代議士の家にもらわれていったという噂は、本当だった。私でさえ顔を知っている某代議士がそのリーフちゃんを抱っこしている写真が、置いてあった(決して飾ってあったのではない)。
 5頭のうち2頭だけ残っていたあなた達のうち、どちらをもらって帰るか、柿木さんもあきれるくらい散々迷った末、エアリアルを選んだのだった。

 ああっ、エアリアルちゃん、一歩間違っていたら、あなたが大金持ちの家の養女になっていたかもしれないのに!

 双子の片割れがお金持ちの家にもらわれ、もう一方がビンボーな家にもらわれて行くって、一昔前の少女漫画か昼メロにありがちな設定だわな。

 庶民の家でごめんね。でも、飼い主はエアリアルにしてよかったと思っているので、勘弁してね。

 そんなこんなで数時間の滞在となり、お忙しい中、長居をしてすみませんでした。

 エアリアルとの九州路、まだ続く。

by sawa4482 | 2009-12-26 22:36 |