アホアホスイッチ全開

 11月28日は、ドラゴンハットでJKC3度目の挑戦だった。独特の雰囲気と音響のせいで、毎回さつきが平常心を失うドラハ。今回の目標は、「ドラハを怖がらないこと」だ。

 が、それは全くの杞憂に終わった。それどころか、飼い主も初めて見る人口密度、犬密度に、エアリアル大興奮。「飛びつく相手候補が選り取り見取り過ぎて、目移りしちゃう〜〜〜」と、すれ違う人みんなに飛びつきそうになるのを抑えるのが大変だった。

 そんな興奮状態で、ビギナー1。


 リンクインの時点で、すでに挙動不審。肝心の走りは遅く、ノーミスながら22頭中10席。

 続いてビギナー2。スタートダッシュはよかったのに、4番ハードルで呼び込みすぎ、内に入ってきたのがきっかけで、アホアホスイッチ、ON!


 何が嬉しいんだか、全く収拾不能となってしまった。ずっと尻尾が上がって楽しそうだから、この場から逃げ出したい一心で出口を探すさつきよりマシと言えるかもしれないけど、

 漂流犬は、一家に一頭で十分すぎますっっ!

 エアリアルが知らない場所で私から離れていくことはないと信じていただけに、ショックは大きく、当分立ち直れなかった。だが、「ドラハを怖がらない」という目的は、十二分に達したと言ってよかろう。

 それにしても、三席と三席→三席と失格→十席と失格と、次第に成績が落ちているのが気になる。来年前半には1度デビューさせようと思っているのに、どうなることやら。

by sawa4482 | 2009-12-29 22:33 |