エアリアルの社会化計画

 アジ犬としてはぱっとしないエアリアルだが、家庭犬としてはほとんど困ることがない。大きな声で怒ることもない。
 唯一の悩みは、固定電話が鳴ると激しく吠えることだ。激しすぎて、先方が何を言っているのか聞き取れない。一方、外のちょっとした物音にいちいち吠えるさつきは、電話には無反応。子犬の頃に、電話が鳴った時、吠えないようにと撒き餌をしたっけ? もう憶えていない。
 エアリアルの頭の中には、
「固定電話が鳴る=宅配便のおにぃちゃんが来る」
という図式が出来上がっているようだ。事実、固定電話の後宅配便が来る確率は、80%越えだし。「固定電話+財布を手に取る」=「宅配率100%」なので、電話を切った後財布を手に取ると、配達のおにぃちゃんが帰るまで吠え続ける。

 さすがにこれは何とかしなければと、遅まきながら逆条件付けをすることにした。

 エアリアルの社会化計画その1:友達に訪問してもらい、ノックの音に慣れさせる。
 会う頻度が高くて一番慣れていると思われる友達に、犬連れで訪ねてきてもらう。ノックの音に、激しく吠え立てる2頭。エアリアルにリードを着け、玄関でスワレ、マテ。静かにできたらドアが開いて、大好きなKさんが現れ、おやつをくれるという図式。これを、ノックの音が聞こえても吠えなくなるまで繰り返す。2頭を一度に制御するのは不可能なので、さつきはリビングに隔離です(笑)。静かに待てるようになったら、他のお友達にも来て頂く予定です。
 Kさんの犬と、奇跡の4ショット。
b0066826_1251472.jpg



 エアリアルの社会化計画その2:宅配便のおにぃちゃんからおやつをもらう。
 Y運輸の配達人は、5人くらいがローテーションでやってくる。一応犬が苦手かどうか尋ねて、「いいえ」と答えたおにぃちゃんたちにお願いして、エアにおやつをあげてもらう。3回目くらいから、「スワレ」のコマンドで静かに座って待てるようになった。おもしろいことに、単に「犬が苦手ではない」人と、「犬が好き」な人とでは、おやつのあげ方が違うんだね〜。

 目標は、コマンドなしでも座って待てるようになること。喜びすぎて飛びつくようにはならんでいいから。
 

by sawa4482 | 2011-05-12 18:26 |