いざとなると・・・

 今朝から、呼吸が苦しそうだ。鼻が詰まってきた。呼吸筋が弱っているエアリアルにとっては、致命的だ。綿棒などで鼻掃除をするものの、人間ほどうまくいかない。やり過ぎると、血がにじむ。上気道感染もおこしているようだ。

 7時頃、トイレに行きたそうだったので連れて行くと、排尿。1日1回にしては、量は少なめ。絶対的に脱水なのだから、無理もない。

 皮下点滴250ml、ステロイド皮下注。今は、点滴だけが命綱。こうやって引き延ばすことが、エアリアルにとっていいことなのかどうか、毎日が葛藤だ。

 元々4歳までしか生きられない運命を背負って生まれて、4歳2ヶ月まで生きた。ある意味、天寿を全うしたと言えるのではないか。4年の間に、他の犬の一生分の愛を、エアリアルから受け取った。一生分、エアリアルと関われた。エアリアルの4年間は、一生分を4年に濃縮した一生だった。

 
 それでも、いざとなると、お別れしたくない。いつまでもエアリアルと一緒にいたかった。

 一日中横たわって苦しそうにしているだけだが、エアリアルがいなくなったら、どんなに喪失感が大きいだろう。

by sawa4482 | 2012-10-28 11:44 |