時間が経つにつれて・・・

 先週の日曜日、エアリアルは広場で気持ちよさそうに日の光を浴びてたっけ。あれからまだ一週間しか経っていないのに、もう何週間も経ったような気がする。

 エアリアルが最後にかけていた布を洗い、エアリアルのために買って開封したのに食べてくれなかった缶詰やエアリアルのために作ったのに食べなかったゼリーを捨て、エアリアルのリードとハーネスを洗って仕舞い、少しずつエアリアルが生きていた痕跡が消えていく。

 最後の10日間は、24時間ほぼ片時も側を離れなかった。なのに、その姿が消えてしまい、お骨まで拾って、エアリアルがこの世からいなくなったことを、痛いほど実感する。昨日までは、エアリアルがいたこと自体、長い長い夢だったような気がしていた。たくさんのお花だけが、エアリアルがいたことを証明しているような気がしていた。
b0066826_19261624.gif

 時間が経つにつれて、闘病中の悲しい姿が薄れ、元気だった頃の姿が少しずつ思い出せるようになってきた。それにつれて、エアリアルは確かに存在したと思えるようになってきた。

 と同時に、エアリアルは、この世での使命を終えて還って行ったのだという思いが、日に日に強くなっていく。そのための4年間だったのだ。私に何かを伝えるための。14年後では遅すぎるから。

 エアちゃんが教えてくれたことを、忘れない。
 エアリアルのおかげで、私も人の優しさに包まれた。
 エアちゃんの肉体が消えても、魂はもっと深いところで強く結びついていると感じるよ。エアちゃん、きっとまた帰って来てくれるよね。一生に2回も会えるって、すてきなことじゃない?

 

by sawa4482 | 2012-11-04 19:27 |