月命日

 1ヶ月が経過した。

 「まだ」1ヶ月。たった1ヶ月前まで、エアリアルが息をして心臓が動いていたのに。あの子がここにいたのに。

 ずいぶん長い1ヶ月だった。

 でも、ここ2週間は、時間の経過が普通になった=1週間が早い。これからは、すぐに1ヶ月が2ヶ月になり、2ヶ月が半年になり、半年が1年になり・・・・エアリアルのいた日々が、どんどん遠くなっていくんだろうな。

 エアリアルの命日は、10月31日。「31日」は、1年に7回しかない。こういう場合、月命日はどうなるんだ? 月末でよいのかな?

 と言いながら、友達がエアリアルのためにプリザーブドフラワーを持って来てくれた。エアリアルのイメージにぴったりの、ピンクを基調としたかわいいお花だ。エアちゃんのことをこんなに思ってくれて、ありがとう。

 木曜日から2泊3日で四国に行っていた。夜、昔からの犬友達と、飲み、食べ、しゃべり、笑い、楽しく過ごした。それだけに、誰も待っていない家に一人で帰る落差と言ったら!

 エアリアルが待っていない家に帰ることに、まだ慣れない。わびしい空気の漂う晩秋の夕暮れ、グラウンドを後にしながら、今年3月、エアリアルと最後に来た時のことを思い返していた。あの頃、エアリアルはもう筋力が落ちつつあったのに、そのことに気付いてやれなかった。エアリアルのことを思い出す時は、いつも、「ごめんね」と思う。「楽しかったね」とか「幸せだったね」とは思えない。帰り道、運転しながら、エアちゃんの名前を呼んだ。泣きながら呼んだ。
 月曜日の夜にエアリアルが会いに来てくれたことで、せっかくかなり気持ちが落ち着いていたのに。



 先日、遅まきながら読んだ日本ペットロス協会のHPに、こんな記述があった。
「いい思いをたくさんした飼い主さんほど、しっぺ返しを食らうように別れが苦しみと悔恨に満ちたものになっていきます。」

 いつまでも深い悔いが残るのは、それだけいい思いをした裏返しなんだろうか? だったら、いつの日か、幸せな気持ちで思い出せる日が来てくれるのだろうか。

 

by sawa4482 | 2012-12-02 20:17 |