京都→大阪

 先週末、1年ぶりに犬連れで京都に行ってきました。前回は、さつきとエアリアルが一緒だったけど、今回はアルファがお供です。泊まったのは、京都御所の近くにある、「ハウスセリエ」。外観は、よくある単身者向けマンションだけど、
b0066826_139489.jpg

 一歩中に入ると、ご覧の通り。
b0066826_1394152.jpg

 奥のドアは、バスルームに続いています。ここの家具は、全て100年くらい前のアンティーク。こんな部屋に犬が泊まれるなんて・・・と思ったら、犬はこのサークル内限定です。アルファ君は、ハウスinサークル。
b0066826_131115100.jpg


 すでに夕方だったので、さっそく鴨川ベリにお散歩に。
b0066826_13123332.jpg

 「蒸し暑い」が代名詞の京都だけど、この日は涼しく、とても気持ちのいいお散歩道。人でもビックリするくらい多かった。30分程歩いて、出町柳にあるBon Bon Cafeへ。ここは、テラス席のみ、ワンコ同伴OKです。テラス席からは、正面に鴨川と大文字が望めます。
b0066826_13134117.jpg


 1年と1週間前、京大での研究に参加した後、この道を通って山越えして琵琶湖に行きました。エアリアル生涯最初で最後の水遊び。その翌日、ブリーダーさん宅を訪ね、アルファと初お目見え。実に濃い濃い2012年の7月でした。
 あれから1年。色んなことがあった1年でした。
 
 そんな感慨に耽りながら食べたのは、京野菜のサラダとビーフかつ。
b0066826_13142174.jpg

b0066826_1314416.jpg

 ミニトマトとキュウリを「京野菜」と呼ぶかどうかはともかく、お値段相当のお味。素敵なお散歩道を歩いてまともな料理を食べて飲めるお店に行けるなんて、なんと素晴らしい暮らし。こんな所に住みたい。
 アルファ君は、今日もお利口に待てました。まだ1才なのに、本当にイイコだ。
b0066826_13134058.jpg


 ところで、京都まで来たのは、物見遊山が目的ではない。第一、こう暑くちゃ、犬連れでどこも観光できないし。目的は、大阪にあるスポーツドッグをたくさん診察している整形外科で、アルファを診察してもらうことだった。大阪の病院に行くのに京都に宿泊したのは、ハウスセリエに泊まりたかったからではなく、話せば長い訳があるのだ。

 それは置いといて、アルファを整形外科に診てもらったのは、赤ちゃんの頃から、オスワリすると後ろ脚が「V」の字に開いて、そのままズルズルと滑って身体を支えることができないからだ。
b0066826_13164726.jpg

 走るのは速いし、タッチ障害も勢いよく上り下りできるのだが、骨格や関節に問題があるかどうか、確認しておきたかった。 

 結論から言うと。問題なし。両側膝蓋骨が正常な位置よりやや上にあるが、手術で治せるものではなく、今回の症状とも関係ないと。股関節が柔らかすぎる。要は、手術で治せる器質的な以上ではなく、機能的な問題であると。股関節の手術後に足先が開いてしまう犬のためのリハビリ法と、体幹を鍛える方法を、犬の理学療法士さん(!)に教えてもらい、診察終了。
「アジリティをしても、問題なし!」
と、お墨付きをいただいた。

 病院から10分ほど離れたドックカフェでランチ。私の尊敬するフランク・ロイド・ライトデザインのイスが置いてあるのが、ウリ。
b0066826_13161232.jpg


 ここでも、アルファはお利口にできました。どこへ行っても、じっとフセして待てるけど、明らかに楽しんでない。何か、「むすーーーっ」て感じ。帰ってから、いつもの広場でフリスビーをしてやりました。

 それにしても、高い安心料だったのぅ。

by sawa4482 | 2013-07-25 13:16 |