OPDES六甲アイランド

 もう、3月だ! エアリアルがいなくなってから1年と3分の1が過ぎた。早い!早すぎる!

 早いと言えば、まだまだ先と思っていたJKC1度デビューが、1週間後!早すぎる!そもそも、高知には行くつもりもなかったからなー。行くと決めた時にも、ビギナーのつもりだったのに、成り行きで1度デビュー。あれもできない、これもできない(@@; すでに暗雲が・・・

 そんな中、一足先にOPDESで1度デビューしてきました。

 朝1、 JP1から。なんでぇ〜(泣)。一走目は緊張するからと、助走のつもりでNV2にもエントリーしていたのに! NV、意味なし!


一番自信がなかったのは、タイヤの後のフロントクロス。つーか、検分の時にはブラインドクロスの予定だったし。記憶の中では、そこを何とかクリアーしたのにスラで失敗した、と思っていた。改めて動画を見てみると、その前ですでに乱れているではありませんか! なんであそこでリアクロスするかな〜。1度デビューでCRする人って、こういう所をきれいに処理するんだろうなー。
 35.79秒、旋回スピード3.41(コース全長122m、標準タイム49秒、旋回指数2.5)。2席。

 NV2は、無難にCR。1席。

 18.42秒、旋回スピード5.92(コース全長109m、標準タイム50、旋回指数2.2)

 AG1。
 Aフレームの下りのタッチ、失敗取られた。ソフトトンネルの後のドッグウォークに上がれなかった。ソフトトンネルを出て来るときは見えないから、もっと丁寧に上げるべきだったと反省。失敗1、拒絶1で、2度に上がれる条件を満たせず。見ていた人たちが、Aの下りのタッチは微妙だったと言うから、動画で確認して場合によっては抗議しようと思ったが、こういう時に限って、動画の撮影に失敗orz。
 35.84秒、旋回スピード3.68(コース全長132m、標準タイム60秒、旋回指数2.2)。3席。

 折しも、ソチオリンピック真っ最中、金・銀・銅メダルでした。(友達に指摘されるまで、気付かなかった)

 犬のスキルももちろんまだまだ低いけど、それにも増して、ハンドラーの技量が低くて、犬の能力を十分引き出せてやれない。ごめんよ〜、アルファ君。

 ま、犬の方は、CRするとか、1席になるとか、全然関係ない。おやつのサンプルをたくさん試食させてもらったことの方が、ずっと幸せな一日なのでした。

by sawa4482 | 2014-03-01 23:46 | アジリティ