高知アジリティ競技会2日目(そして奇跡は起きたのだ)

 2日続けて高知の味覚を堪能し、今日アホアホな結果に終わるくらいなら、このまま帰りたいくらい、終わった気分。いやいや、4走もするんだから、1回くらいクリーンランしたいよな〜。

 この日も、前日と同じ進行で、AGから。全体的には、前日程ではないものの、まあ、サービスコースと言ってもいいでしょう。シーソーの後のスラ、結構距離があってやだな〜。アルファ君、シーソーの下り、ケアしてあげないといけないんだもん。一方で、ドッグウォークが2番目なのは、ラッキー。下りのコンタクトゾーンを踏める確率が高いのだ(最後だと、100%飛ぶ!)。それでも、止まれないことを前提にハンドリングを組み立てた。

 AG1。コース全長132m、標準タイム46秒、旋回スピード2.87。


 スラの入り、危なかったけど、クリーンラン! 1席。速く見えるけど、タイム34.00秒、旋回スピード3.88と、平凡な記録でした。ドッグウォーク下りた後と、スラの入りでのもたつきがもったいない。

 よっしゃぁ、あわよくばWクリーンラン? と、邪な気持ちを抱いて望んだJP1。
 コース全長130m、標準タイム47秒、旋回スピード2.77。

 タイム28.17秒、拒絶1、旋回スピード4.61。

 トンネルを出た後は慎重にハンドリングしたのに、思わぬ所で拒絶が出て、3席。ラージの犬も結構同じミスをしていたから、盲点だったのかも。まだまだ、検分力が足りません。

「オレは、お利口だったのに、ママがねぇ・・・」
b0066826_15145153.jpg


 デビュー戦にしては、まあまあの出来かな。でも、AGのCRは、まぐれですから。まだまだ安心して1度を走れる技量ではありませんから。

 しばらく競技会は、お休みなのだ。
b0066826_15184314.gif


 と思ったら、翌週、OPDES1度を申し込んでいた。人から指摘されるまで、すっかり忘れていた(滝汗)

by sawa4482 | 2014-03-09 23:28 | アジリティ