ヘルシンキ2日目

3日は、唯一あずき家が丸一日フリーの貴重な日です。あずきママの希望で、アラビアの工場に行くことに。アラビアの工場と言われても、その時はピンとこなかったけど、フィンランドでは有名な陶器のメーカーで、独特な柄は、目にしたことがありました。

日曜日は、10時開店。待ち合わせまで時間があったので、港のマーケットプレイスに行きました。徒歩20分位だったかな? 朝から日差しがきつい! そう、ヘルシンキは、暑かったのです!

出国前に調べた天気予報では、最高気温34度???? 実際には30度止まりでしたが、それにしても、ここは北欧ですか? 現地の人たちも、今年は異常だと。夏でもエアコンなんか要らんだろと思ったら大間違いで、ホテルのエアコンが故障したのは、なんとも間の悪いことでした。

朝とはいえ、日の長いこの時期、すでに太陽は高く上っています。なのに、帽子をかぶっている人もサングラスをかけている人もほとんど見かけませんでした。私たちは、帽子・サングラス・日焼け止めで完全防備です。

日曜日はお休みなのか、はたまた開店時間が遅いのか、マーケットはほとんど開いていませんでした。その場で調理してくれる屋台もたくさんあって、テントに貼ってある写真を見るとどれも美味しそうで食べたくなるんですが、残念でした。かろうじて店開きをしていたフルーツの屋台。
b0066826_13315766.jpg

北欧だけあって、ベリー類が豊富です。イチゴ、ラズベリー、ブルーベリーは言うまでもなく、見たこともない種類のもありました。ラズベリーとブルーベリーをお買い上げ。

駅であずき家と待ち合わせ、トラムに乗っていざアラビアへ〜?? 工場までは30分位。終点の一つ前でした。乗った時は結構乗客がいましたが、日本人も多い。きっと、日本人客の目的はみんな同じねと思っていたら、現地の人たちは途中で降りて行き、工場で降りたのは、全員日本人でした(笑)
みんなぞろぞろと同じ方向に数分歩いた先に、工場が見えてきました。
b0066826_13452047.jpg

アラビアでは、ムーミンシリーズも制作しています。今年は作者トーベ・ヤンソンの生誕100年。フィンランドでは色々な記念行事が行われていましたが、アラビアでも、工場の博物館でムーミンのマグカップ展をしていました。
b0066826_1349842.jpg

b0066826_13501075.jpg

これが、生誕100年記念のマグカップです。下の、内側にメガネが描かれているのは数点に1個しかない貴重品です。滞在中探してもさすがに見つかりませんでした。知っている人は、もう買ってるよね??
b0066826_13565931.jpg
b0066826_13561111.jpg
b0066826_13555892.jpg


他にも、アラビアの歴代の製品が展示してありました。磁器ではなく陶器ですから、多少素朴感はどうしても残りますが、中には貴族のお館にふさわしい豪華な物もありました。食器フェチの私は、つい見入ってしまったのでした。しかも、博物館を見学した人には、ショップの15%割引券のおまけが〜。うーむ、ますます先方の手に乗せられていうような……;^_^A

その手に乗ったままショップに。他のショップは日曜日はお休みですが、アウトレットショップだけは開いています。客の8割は日本人(苦笑)。ムーミンシリーズも豊富。正規品も扱っています。アラビアだけでなく、イッタラや、フィスカルス(刃物やキッチン用品)がずら〜り?????? 私をこんな所に送り込むのが間違い! 結局、誰よりも熱心にお買い物してしまいました。映画「かもめ食堂」で使われていたイッタラの食器一通りと、ムーミンのマグカップ2個、フィスカルスのキッチンばさみをお買い上げ〜??

支払いを済ませて免税の手続きまで終わったところで、割引券のことを思い出しました。今さら出しても、「お会計の前に出さなきゃダメ」と言われるか、最低でも嫌な顔されるだろうなと思いつつ、ダメ元で出してみたら、ああそう?って感じであっさり。カードを切り直して、梱包を全てやりかえて、というのも、免税品はIDの付いたテープで封をしてあるので、金額が変わったらIDも変わるから一からやり直しなのです。その作業を、嫌な顔一つせず、急ぐでもなく、淡々と遂行していきます。

滞在中出会ったフィンランド人の印象は、真面目で勤勉。と言うと日本人に似ていそうですが、大きな相違点は、みんなゆったりとして見えることです。イライラしている人や、怒っている人には一度も出会いませんでした。滞在中に人間のせいで嫌な思いをすることが全くなかったのは、初めてです。
物価も税金も高く、かと言って世界最高の賃金を貰っているでもなく、それでも余裕があるのはどうしてでしょう? フィンランド通のある人の見解は、老後が保証されているからではないかと。元々の物価が高い上に、消費税は14%、外食などは24%です。日本でこれだけ税金を高くすると言ったら、どうせ年金や医療に使われずに、政治家や役人の懐に入るんだろうと、ますますサイフの紐は堅く、心のゆとりはますますなくなっていくことでしょう。信用できる政府を持っているとは、なんとも羨ましいことです。(続く)

by sawa4482 | 2014-09-16 13:50