天敵

 さつきにも天敵はいる。
↓コイツだ。
b0066826_17312094.jpg


 近所に住む、推定2歳の♂。
 コイツが、さつきが通るたびに、ガラス戸のところで待ちかまえていて、激しく吠える。けんかを売られて買わないようなさつきじゃないから、負けずに吠え返す。間にガラスがなかったら、とっくに血を見てるな。

 だが、GCTモドキを受ける身としては、どんな場面でも飼い主のコマンドに反応しなければならない。テストの時に、相性のいい犬が出てくるとは限らないのだ。

 家の手前で、めったに出てこないスペシャルなおやつ(ホースアキレスか手作りささみジャーキー)を、さつきの鼻先にくっつけ、そのまま足早に通り過ぎる。目と耳は敵に向いたまま、鼻だけおやつに集中(笑)。ご存じの通り、小型犬の鼻先におやつをくっつけるには、腰をかがめなければならない。この家の前は、結構交通量が多く、信号待ちをする車が止まっていることもある。犬の前に握り拳を突き出し、腰をかがめて早足で通り過ぎる女。道行く人には、さぞ怪しく映っていることだろう。しかし、人目を気にしている余裕はない。
 敵が出てこないと、さつきは「なーんだ、今日はいないの?」と言いたそうに家をのぞき込みながらゆっくり歩く。通り過ぎた所で、「ほら、吠えなかったでしょ。だから、おやつちょうだい。」と得意顔でこちらを見上げる。敵が出てこなかったのに、吠えなかったから偉いでしょと言われてもねぇ・・・

 おかしなことに、敵が待ちかまえている時は、手前の交差点を曲がる前からシュワッチ歩きになるから、すぐわかる。いない時は、普通に歩く。敵も、普段は奥の部屋に引っ込んでいて私だけが通っても出てこないのに、さつきと一緒の時はあらかじめガラス戸の前でスタンバっている。戸はぴったり閉まっているから、匂いじゃないと思うんだよね。
 どうして、2頭とも、敵が来るかどうか前もってわかるんだろう? 不思議だわー。

by sawa4482 | 2005-09-02 17:31 | スキッパーキー