海の幸三昧

 高知県といえば、太平洋の海の幸に、最後の清流四万十川。となれば、その恵みを味わわないわけにはいかないでしょう。

 まずは、高知を代表する料理、鰹のたたき。薬味で肝心の鰹が見えませんな(笑)。
b0066826_12561176.jpg


 左上に見えるのは、高知ではキリアイ、足摺地方ではチャンバラと呼ばれる貝です。命名の由来は、この
b0066826_15264368.jpg

ギザギザの爪状の突起で貝同士戦うと言われることにある。

 清水サバの刺身。関サバに比べると知名度はぐっと落ちるが、味では負けていません。
b0066826_15224882.jpg


 四万十川の川エビ。
b0066826_15235181.jpg


 キビナゴ。鹿児島ではよく刺身にするらしいが、ここでは甘辛く炊いていました。
b0066826_15244581.jpg


 別の日には、天然の川ウナギも。連日、高タンパク食でした。

 ああっ、結局食い物話になっている(__;)

by sawa4482 | 2006-08-16 12:40 | 食い物