さつき、4歳

 今日、さつきが4歳になりました。一生のうち、体力も知力も最高の時期です。

 例年のごとく、ポートレートを撮ってもらいました。
b0066826_20201888.jpg

 昨年はなかった口の周りの白い毛が目立ちますね。

 乗っている台が、動くとグラグラして、そのたびに背景用の紙がガサガサいうので、音ビビリのさつきは少々固まっています。それでも、苦手な「タッテ」もちゃんとできました。視線の先には、言うまでもなく、おやつが(笑)。
b0066826_2026947.jpg

 毎年さつきの成長を見ているスタジオの人が、
「ずいぶん落ち着いたねぇ。違う犬みたい。」
と驚きました。

 さつきの変化に一番驚いているのは、飼い主です。ここ3ヶ月くらい、ビデオの早回しのようだった動きに落ち着きが出て、言葉のコマンドもよく理解するようになりました。偶然年齢的に落ち着く時期と一致しただけかもしれませんが、今年に入って仕事を大幅に縮小し、さつきと過ごす時間が飛躍的に増えたからだと思います。以前なら考えられなかったことですが、PCをいじっている足下でおとなしくフセをして待っていたり、ソファに座っていたら膝に顎を乗せてそのままうとうとしたり、「くつろぐ」ようになりました。知らない人に愛想がないのは相変わらずですが、よく知っている人がなでてくれると、お腹を見せてなでられるようになりました。3年前は、あれ程手を焼いてしつけに悩んでいたのに。ついこの間まで、アジをすれば逃亡、呼んでも来なかったのに。勝手なもので、とんがったところがなくなると、それはそれで不憫な気持ちを味わうのが不思議です。
 ただし、外の物音に対して激しく吠えるのだけは直りませんけど(苦笑)。

 経済的に不安がないといえば嘘になりますが、これでよかったのだと思います。だって、これまで通りに仕事をしていたら、さつきの一番いい時期を、一日の大半お留守番で過ごさせることになっていましたから。

 たとえ私の晩年を極貧で暮らすことになろうとも、さつきが生きている間は不自由させないからね!

by sawa4482 | 2007-05-21 20:16 | スキッパーキー