さつき、生還

 昨日、鼻涙管洗浄を受けてきました。

 最初の難関は、「朝から絶食」。生後7ヶ月で避妊手術を受けた時は、フードを使わずにクレートに入れるのが一苦労だったけど、コマンドだけでクレートに入ってくれる今は、楽だ。食欲魔犬の「クレクレ光線」を回避するため、飼い主も絶食で他県の病院まで一時間ほどのドライブ。しもべはつらいよ(?)

 病院の玄関は、自動ドアと手で開けるドアの二重構造になっている。駐車場から自動ドアまでは、快調だったんだけど・・・自動ドアを入った時点で、はたと、ここがどこか気付いた様子。くるっと向きを変えて、自動ドアから飛び出そうとしました(笑)。もちろん、容赦なく抱き上げて病院の中へ。一旦お預かりしてもらって、麻酔をかける直前に戻ってくることにした。
 午前の診療が終わる頃、再び病院へ。さつき、スタッフに抱っこされて登場。若い女医さんやスタッフのお姉さんにナデナデされて、さつきの奴、「苦しゅうない、なでてたもれ」と、結構リラックスしてます。しかし、二人きりになると、「クレクレ光線」が痛い。オスワリしてみたり、フセしてみたり、どうやったらもらえるのか、小さな脳みそがフル回転しているのを無視するのも大変だ。
 やがて、診察と前投薬(全身麻酔の前に、麻酔中の有害な反応を抑えたり、精神を安定させたりするために投与する薬)のために呼ばれた。簡単に眼を診察してもらった後、首に一発お注射。
「これで別におとなしくなりませんから」
と言う先生の言葉通り、いつものように落ち着きなく過ごした。20分ほど経過してから、いよいよ手術室に入る時間になった。さつき、院長先生に抱っこされても嫌がるでもなく、しおしおと連行されていった。
 待合室からは、当然手術室の中はのぞけないのだが、心電図の音だけがやたら大きく聞こえる。何か、音、乱れてません? 不整脈なのか、さつきが暴れているせいなのかわかりません。まもなく、規則正しい音になったけど、脈、やたらに速い。200を超えている。元々、犬の方がヒトより脈が多いとはいえ、大丈夫なのか? そして、心電図が規則正しい音を刻みだしてからものの5分ほどで、院長先生が出てきた。
「えっ、もう終わったんですか?」
「えっ、早すぎますか?」
や、早すぎるっちゅうか、ちゃんと処置が終了したのならいいんですけど、「15分くらい」と聞いていたものですから・・・
 さつきの麻酔が覚めるのを待つ間に、処置の説明を受けた。鼻涙管は、目頭に近い位置に二カ所出口があるのだけど、下側の管が詰まっているそうだ。結膜炎などの炎症によるものだったら、洗浄したら詰まっていたものが出て、以後よく通るようになるはずなのだが、洗浄しても何も出てこず、水を流すのに抵抗があった。先天的なものか原因は不明だが、管そのものが狭い。洗浄しても、涙があふれるのは治らないかも?ということだった。
 ショーに出すわけじゃなし、視力に影響なければ、治らなくてもいいや。ただし、常に濡れているせいで、その部分が皮膚病になりやすいそうなので、プーチフェイスウォッシュでせっせと拭いてやらなくては。
 さつきの心臓がまだ動いていることを確認して、一旦病院を後にした。

 18:30から19:30の間に迎えに行くよういわれていたので、19:00頃行ったら、受付時間を過ぎているというのに、待合室に犬と飼い主があふれているではありませんか。毎日こんなに忙しいんだろうか。昼休みには手術までしているのに。大変だなぁ。おかげで、さつきを受け取って薬をもらうだけなのに、かなり待たされた。数時間ぶりに再会したというのに、迎えに来てくれたのを喜ぶ素振りは微塵もなく、「早く帰ろうよ〜〜」とリードを引っ張るばかり。いつもながら、素っ気ない奴っちゃのう(T-T)

 帰宅後、さつきが一番にすっ飛んでいったのが、水入れのある(はずの)場所。だが、飼い主により水入れはあらかじめ外されていた。「ナイ!」と恨めしげにこちらをにらむけど、後一時間ほどは、お水も上げられないんだよ〜。昨日の夜から飲んでいないため、脱水が心配。しかも、さつきは、結石予防のため一杯飲んで一杯おしっこしないといけないのに。あちらを立てればこちらが立たず。
 しかし、飼い主だけは無慈悲にもご飯を食べる! クレクレ光線回避のためハウスに入れたら、すぐ寝てしまった。さつきにとっても緊張の一日であったようだ。無事に生還してくれて、取りあえず飼い主、嬉しいよ。

 明けて、今日。朝から水をがぶ飲みです。そして、ものすご〜く濃いおしっこをした。クレクレ光線も、いつもより強烈です。朝ご飯もらったというのに、こんな顔。
b0066826_12574521.jpg


 そして、肝心の流涙は、やはり治っていません。
b0066826_12582443.jpg


 塩塩の顔でいるよりは治った方がいいと思ったけど、まぁいいや。これで、さつきは、ウルウルお目々で他の犬の飼い主さんを見つめ、おねだりして回る暮らしが一生続くのね。

by sawa4482 | 2007-06-19 12:39 | スキッパーキー