BARF大作戦二日目

 Billinghurst's BARFは、一旦解凍したら、再冷凍不可、骨が入っているから加熱も不可。解凍後二日以内に食べ切らなければならない。このままでは、全部が三角コーナー行きになってしまう。世の中には、今日の晩ご飯が食べられない野良犬もいるというのに! 少しでも消費してもらおうと、好みのドライフードをふやかしたものと、大好きなヨーグルトとを加えて混ぜ混ぜしてみた。見た目は、とうてい食べ物とは思えないゲロまずそう。それでも、混ぜ混ぜした分はどうにか完食してくれた。結局、半分くらいがゴミに。
 もったいない!
 
 これに懲りて、生食に慣れるまで、Billinghurst's BARFは封印です。まずは、生肉に慣れてもらいましょう。馬肉の生は好き。しかし、サビさんが、馬肉は尿結石にはよくないと教えてくださった。それに、肉を中心に与えると、カルシウム不足になる。そこで、とり農園さんから、骨ごとひき肉を取り寄せた。初回に限り送料無料のセットには、鶏丸ごと・手羽丸ごと・ささみの3種類のひき肉が入っている。最初に、手羽で試してみる。見た目はこんな感じ↓
b0066826_15152212.jpg


「マテ」
b0066826_1517880.jpg

 目つきが真剣です。

「ヨシ」。はぐはぐはぐはぐ・・・・・
b0066826_15174795.jpg

 鼻が曲がっている(笑)のもお構いなし。ものすごい勢いです。

 空になった器を、名残惜しそうに舐める。
b0066826_15183913.jpg


 馬肉をも凌ぐ、すごい食いつきのよさ。生肉そのものは好きそう。Billinghurst's BARFを与えた時も、「お肉は食べたいんだけど、混じっているこれ(それが何かが不明)がイヤなの」という感じだったもんな。

 これから生食中心になるかどうかは、偏に尿検査の結果にかかっております。結果については、順次upします。

by sawa4482 | 2007-06-28 15:07 | スキッパーキー