"Challenge"

 さつきはいないし、外出はできないしで、はっきり言って、「ヒマ」です。
 この機会にと、スキッパ飼いのバイブルである↓
b0066826_15245961.jpg

を、久々に引っ張り出してみた。最初に読んだのは、さつきが来て間がない頃だったが、今になって読み返すと、含蓄のあるお言葉が一つ一つ心に響きます。

 曰く、
「スキッパーキーは、主に二つの本能に強く支配されている。一つは、『番犬』で、もう一つは『ネズミ取り=狩人』としての本能だ。これらは、スキッパーキーの遺伝子に何百年にも渡って存在し続けてきた。生まれつき持っているものを変えることはできない。」

 はー、左様ですか。

 外でちょっとした物音がしたからといっていちいち吠えるのも、アジの最中飛んできた紙くずを追いかけてコースアウトするのも、「持って生まれた本能」と思えば、あきらめがつく・・・のか?
 とはいっても、
「これ(=吠えること)をコントロールしないと、近所のあらゆる物音に対する警報を聞く羽目になる」
 えーえー、おっしゃる通りです(ToT)

 服従訓練は、
「周囲に対する好奇心の方が、あなたの指示を聞こうとする気持ちより勝るため、スキッパーキーにとっては"challenge"である」

 この"challenge"に対する適当な訳語が思い浮かばない。辞書によると、「挑戦」「手応えのあること」等とあるが、私には、
 「無謀な挑戦」
と言っているように思えてならない。アジでもオビでも、思いもかけないことをやらかして、いつも周囲の失笑を買っているさつきだが、これも、指導手のせいではなくてスキッパーキーという犬種の特性・・・・・と、思ってもらえないかなぁ。
 その前に、自分に絶えずそう言い聞かせていれば、血中アドレナリン濃度が少しは下がるかもしれない。

 昔読んだ本を読み返すと、間違った方向へ行きそうになっている自分の軌道修正ができる。たまには、初心に立ち返る機会を持つのもいいことだ。

 ところで、そもそもこれを引っ張り出したのは、最近blogで目にするようになったてんかんについて、スキッパーキーが好発犬種なのかどうか載っているかと思ってのことだった。てんかんに関する一般的な記述はあったが、「好発犬種」とまでは書いてなかった。参考までに。

by sawa4482 | 2008-03-08 15:41 | スキッパーキー