模擬GCT

 2回目の模擬グッドシチズンテストです。お師匠様宅に長期滞在中のさつきを、朝迎えに行ったら、丁度、トイレのために外の囲いの中に出してもらっているところだった。私に気付くと、飛んできて、びょ〜〜んびょ〜〜んと飛び跳ねて大歓迎。シッコのたっぷり染みた泥足で、肉球マークだらけにしてくれました。「飛び付きを許すのはよくない」という考え方もあるだろうが、「会えて嬉しい」という気持ちをこんなに表してくれたことがなかったので、無条件に嬉しかったです(^^)v
 
 今日は、某専門学校のトレーニングルームが使えたので、時間を気にせず、一人ずつ全科目を通してやることができました。GCTをご存じない方のために項目を紹介します。
1.ウンチ袋を提示
2.飼い主が他人に挨拶をする間、すわって待つ
3.座って他人に触られる
4.リード付きで歩く(途中、2回指示なし停座、2回歩度を変える)
5.リード付きで人混みを歩く
6.刺激(物が落ちる音、人が荷物を持って歩く、など)の中を歩く
7.飼い主の横でフセでマテ10秒
8.飼い主の正面で座ってマテ30秒
9.活発に動かしてから落ち着かせる
10.6mの距離で呼び戻し
11.他の犬とすれ違う(途中で飼い主同士が挨拶をする間座って待つ)
12.犬の足を拭く
13.食事中テーブルの下で待つ(10分間)
14.クレートに入り10分間待つ(飼い主は部屋から出る)
15.獣医師による診察とグルーミングチェック

 今日はあくまで模擬なので、いくらおやつを使ってもよろしいという嬉しいお達しが、審査員からあった。前回より広いし、ついチェックしに行きたくなる犬用のトイレだの遊び道具だのがない。待機中の犬は、部屋の外でクレートの中で待つ。お陰で、この間よりずっと集中している。1〜9までは、まあまあ無難。

2.ご挨拶
b0066826_16581267.jpg


4.リード付き行進中の指示なし停座
b0066826_16585760.jpg


7.フセで待つ
b0066826_1721932.jpg


8.座って待つ
b0066826_172479.jpg


 刺激の中を歩く項目では、ステンレス製の食器が落ちる音にビックリして飛び退いてしまったが、すぐ呼び戻せたので、GCT的には問題なし。呼び戻しだが、ロングリードに付け替えた時にはすでに兆候があった。私の方に来ようとして、スタッフが持っているロングリードをぐいぐい引っ張っていた。スタッフがロングリードを放したとたん、飼い主に向かって一直線、弾丸のようにすっ飛んできました。
b0066826_1773443.jpg

 そして、そのまま飼い主にどーんと体当たり。飼い主に飛びついたら失格なのです(T.T)。直前に「スワレ」のコマンドを出したけど、間に合わず。呼び戻しの時飛びつくのは昔からの癖なので、一時、直接脚即に入らせるように修正した。が、OPDESでは、何と、正面停座。チームテストを前に、再び正面停座に再修正したのでした。飛びつかずに正面停座できるように、もっと練習が必要のようです。

11.他の犬とのすれ違い
b0066826_17125774.jpg

 相手が穏やかな犬だったこともあって、問題なし! 何年か前のナンチャッテGCTの時、相手犬を見ただけで吠えて飛びかかろうとしたのとは、何という違いであろうか。尤も、あの時は、相手犬が以前さつきを血が出るほど咬んだ犬だったので、さつきが大興奮したのも無理はなかった。
 この際だから言うけど、さつきを噛んだことに対して飼い主が謝るどころか、あたかもさつきの方が悪いように言ったことを、私はまだ許していない。もし噛んだのがさつきだったら、さつきのことをどんなに悪し様に言ったか想像できるだけに、尚更だ。

15.獣医の診察
b0066826_17184044.jpg


13.食事中、待つ
b0066826_17191125.jpg

 本当なら、食卓のような大きなテーブルでやるそうだが、なかったので、こんな感じに。
 私が持っているおやつに、さつきも隣の犬も釘付けです(笑)。
b0066826_17201240.jpg


 この後、全員犬をクレートに入れて、部屋を出た。私がのんきにウミガメや熱帯魚を見ている間、さつきは一回吠え、何度かクレートをガリガリやったらしい。失格だな。ま、本番だったら、どうせそれまでに失格になってるし。

 当然、合格水準には程遠いのだが、それでも、予想以上によくできたのに驚いた。他の人や犬がいるところでは、おやつで釣らないと絶対よそへ行ってしまうという思いこみがあったが、人混みでも刺激の中でも、おやつなしでちゃんとできた。むしろ、脚側の時手におやつを持っていたら、執着しすぎて手に飛びつきそうになった。もう、いちいちおやつをやらなくても大丈夫みたい。どうやら、さつきはちゃんと成長しているのに、飼い主がそれを正当に評価していなかったようだ。kimiさんが、ハル君としばらく離れていた後の方がハル君の集中がよかったと書いておられたが、さつきにも同じことが言えるのかもしれない。

 GCTは難しい。順番待ちの間の態度まで見られるからね。犬が吠えているのに制御できなかったら、ウンチ袋を提示する機会さえ与えられずにサヨウナラ。人によっては、型にはめられたJKCの方が難しいと感じるかもしれないけど、何度も言うけど、私はGCTは当分ご遠慮申し上げます。その前に、訓練試験に通らなければ。

おまけ。変な顔。
 
b0066826_17311735.jpg

by sawa4482 | 2008-03-13 16:06 | スキッパーキー