バッチフラワーレメディ

 さつきさん、あなたに最後のチャンスをあげます。これでまた香川と同じような失態を見せたら、今度こそ、引退だからね!

 その秘策とは、「バッチフラワーレメディ」。

 ご存じの方もいらっしゃるでしょう。バッチ博士は、人間の医者です。1930年代に、時代に先駆けて、精神状態が病気に影響を及ぼすことを見抜き、心の乱れを正常に戻す「レメディ」を作ったのです。レメディには、直接肉体的な病気を治す力はありません。が、例えば、ガンを宣告されてショックのあまり闘病する気力をなくした患者に、レメディを投与すると、絶望的な気持ちを前向きにし、結果免疫力を高めるというような効果です。現在、落ち込むと免疫力が低下し、笑うと向上することは、医学的に証明されましたね。
 最近では、人だけでなく、犬を始めとした色んな動物にも使われています。

 さつきのために選んだのは、この3種類です。
b0066826_11534230.jpg


 右から、ミムラスは、「対象のはっきりした不安に対して」。さつきは音に敏感で、嫌いな音には飛び上がるほどビックリするのが少しでも解消できればと。
 チェリープラムは、自制心がぶっ飛ぶ人が対象です。競技会場に行くと、飼い主の声も耳に入らなくなって文字通りぶっ飛んでいくさつきさんを、現実に引き戻したいのです。
 ビーチは、自分とは違うものに対して不寛容な人に。さつきは、練習場で、特定の犬に対して必ず攻撃しなければ気が済まないんです。

 「経験から学ばない、同じ失敗を繰り返す」人のためのチェスナットバッドも加えればよかったと反省。次回、注文しよう。

 もちろん、飼い主のためにも。
b0066826_1252064.jpg


 対象のはっきりした不安に対するミムラスは、「また逃げるんじゃないか」という不安を解消するため。
 自制心がぶっ飛ぶ人のためのチェリープラムは、さつきが逃亡すると、人前でも我を忘れて「絞め殺す〜〜〜〜」と叫ぶほどカッとするのを何とかしたいから。逆上しても事態を悪化させるだけとわかっていても、自制できないんです。人が同じところを通ると自然に道ができるように、脳も、同じ感情が繰り返し湧き上がるとショートカットができるらしく、キレるまでの時間が次第に短くなるのです。
 不寛容な人のためのビーチは、さつきの失敗を許せない自分のために。
 インパチェンスは、イライラせかせかした人のためのレメディです。すぐ成果が表れないとイライラしてさつきを怒ってしまいそうなので。 
 ホワイトチェスナットは、同じ想念が繰り返し浮かんでくる人のために。アジをする度に、さつきが逃亡したことが頭から離れない私のために。

 以上の他に、レスキューレメディ。
 
b0066826_12141548.jpg

 緊急事態に使うレメディです。さつきには、競技会場に行くといつもにも増して落ち着きをなくすのを押さえるため。飼い主は、また失敗するんじゃないかという不安と、脱走した時に制御できないくらいアドレナリンが出る時の対処のためです。競技の前後に使おうと思っています。

 そして、このゲンチアナ。
b0066826_12175183.jpg

 物事がうまくいかず、落胆した時のためのレメディです。そう、本番でまだ脱走されて、競技をやめたいくらい落ち込む時のために。
 すでに失敗に対する備えをしているのって、どうよ?(笑)

 さて〜、一番の問題は、

 果たして、効くのか?

 だって、花ですよ、「花」。パワーストーンと同種のインチキ臭い匂いがしないでもない。「これをすれば効く」というプラセボー効果か? しかし、これ、一本10mlで¥2.415もするんだよ。

 高っっっっっ!

 いやいや、これだけ払った以上は効いてくれなきゃ困るという気持ちが、プラセボー効果を高めるのか?
 プラセボー効果であれ何であれ、これでノーミス完走できるのなら、安いものです。まだ飲み始めて一週間なので、効いているのかどうか不明です。効果のほどは、御殿場で証明されるでしょう。乞う、ご期待。

 尤も、当のさつきは、そんなことせずにさっさと引退させてくれた方が幸せと思っているかもしれません(爆)。

by sawa4482 | 2008-05-29 11:52 | スキッパーキー