ボディラップ

 テリントンタッチ(Tタッチ)を習ったことのある方なら、ボディラップはご存じだろう。異常なパニック状態や興奮状態になった時、伸縮包帯(人間用)を体に巻くと、「自分の体がここにある」ということを意識させ、浮き足立っている精神を平常に取り戻す効果がある(そうだ)。アジやオビで、四肢の先に髪の毛を括るパイル地の輪ゴムをはめて、自分の足の位置を意識させる方法もある。
 実は、御殿場でボディラップをやっていた。会場入りしてしばらく、そわそわうろうろして水も飲まないほど興奮していたので、巻いてみたのだが、スタート時の落ち着き方を見ると、効果があったようだ。

 今日、ボディラップの効果を試す絶好の機会が訪れた。数ヶ月ぶりの雷だ。ガタガタ震えるほどの恐怖を押さえる効果がボディラップにあるのかが知りたくて、雷を待っていたのだ(←オニ!)。

 遠くでゴロゴロ言い始めると、それに答えてワンワン吠える。まだ余裕がある証拠だ。パニックになる前に、包帯を巻く。
b0066826_11333152.jpg

 しっぽがない犬は、後ろ脚に巻いた部分が固定しにくくて困る。だめ押しに、耳にレスキュークリームを塗った。

 洋服でさえ嫌いなさつき、さっそく嫌がって暴れています。
b0066826_11343232.jpg


 放置すること数分。落ち着いたら外してやる。
b0066826_11353250.jpg


 パニックになることはなかった。ただし、この日は近くで鳴ったのは2、3発のみですぐ遠ざかってしまったため、果たしてボディラップの効果だったどうか、断言できない。近くに落雷があるくらいの雷雨の時に、真の効果がわかるだろう。

 「勘弁してください(泣)」     byさつき

by sawa4482 | 2008-07-19 20:33 | スキッパーキー