10月の行動

 2週間の間に家にいたのは3日間。総移動距離約4500km。どうしてこんなことになったのかは、追々upするとして、まずは12・13両日、福岡県原鶴で行われたOPDES競技会の報告から。

 一日目はAG1・JP1・AG2に出走。AG1とAG2は、長い放浪の末、どうにか制限時間内にゴールした。JP1に至っては、バーを一本も跳ぶことなく、失格に。余りのことに、完走したAGすら、順位を確認しておりません。(▼▼メ)

 二日目。最初のJP2は、久し振りによいテンションで、2位にぶっちぎりの大差を付けて優勝でした(^^)v
 しか〜し! AG2は、またまたバーを一本も跳ぶことなく失格でした。そもそも、出走前から、暑いせいかやる気は急降下。公式練習用ハードルを跳ばせて、せっかくどうにかいい感じに持っていったのに・・・
 何とも不運なことに、リンク入り直前にすぐ側でハンドマイクの放送をされ、びっくりして、耳は完全にぺったんこ。リンク入りすら嫌がるのを無理矢理引きずり出しても、まともに走れるわけないよね(__;)。散々リンク内を放浪したあげく、やっとの思いで退場させたら、今度は捕まりゃしない。一緒に行った仲間とウェンディちゃんママも協力してくれて、十数分後に捕獲した。
 完全にハンドラーの判断ミスです。ハンドマイクを持った人がいることに気付いていたのに、そして、一瞬、「ここで放送されたら、さつきがパニックになるかも」という思いが頭をよぎったにもかかわらず、離れた場所に移動しなかったミス。そして、犬の状態を見て、「棄権します」と言えなかったミス。
 確かに、そうなんだけど、毎回毎回犬の機嫌を取ってやる気を引き出さないと走ってくれないなんて、あああ、何てやっかいな犬なんだ。

 この日は、CAP君も、集中を欠いて迷走する場面があった。
「やっぱり、スキッパーキーはあかんなぁ」
と、慰め合うヒペリカムさんとTanuko。
 とはいえ、CAP君はさつきに比べたら遙かに出来がいいんだけどね。

 競技を続けるつもりなら、二頭目を飼った方がいいのかなぁ。毎回、「今日は逃げないかしら」とハラハラしながら走るのには、もううんざりです。表彰台に上がりたいとは言わん、私は、楽しく走りたいだけなのに。さつきが楽しく走ってくれて、走れなくなったら一緒に年を取っていくのが、一番の望みなんだけど、いい加減見切りを付けるべきか。それに、たとえさつきが優秀な犬でも、年齢を考えるとそろそろ次の犬を育成しないといけない時期だよな〜。

 と、ますます「二頭目」と言う文字が頭の中で膨らんだ大会でした。

 唯一まともに走れたJP2をご覧下さい。

by sawa4482 | 2008-10-13 11:49 | スキッパーキー