カテゴリ:菜園日記( 14 )

ブラックベリー

 超久々の、菜園ネタです。

 今夏は、あまりの猛暑に、ほぼ放置状態です。が、今年はブラックベリーが豊作でした。
b0066826_1285039.jpg


昨年は、北海道に行っている間に、全部鳥に食べられていた。今年は、家の裏が建築中で、鳥が近寄れなかったのかもしれない。

 全部ジャムに加工しました。

by sawa4482 | 2010-08-14 12:09 | 菜園日記

初夏の庭

 ハーブの花が、次々に咲きます。

ラベンダー
b0066826_1512146.jpg


カレープラントとチェリーセージ
b0066826_15122867.jpg


ブラックベリーの花(意外にきれい)
b0066826_15124144.jpg


と、実
b0066826_15125410.jpg


昨年は蔓が伸びるばかりで一つも実がなりませんでした。今年は楽しみです。

by sawa4482 | 2009-06-02 14:59 | 菜園日記

秋の準備

 秋なす。
b0066826_157228.jpg

「私たち、これからマリネになります」

 ルッコラの双葉。
b0066826_1574421.jpg


 春菊の双葉。
b0066826_1581538.jpg


 園芸本に、
「種の袋に最適な種の密度がどう書いてあろうとも、全部播け。来年まで取っておいても、発芽率が下がるだけ。たくさん生えても、間引き菜として楽しめる。」
と書いてあった。それも一理あると、欲張って播いたら、土が盛り上がるほど発芽した(笑)。双葉は食べられないので、もう少し成長するのが楽しみです。

by sawa4482 | 2008-09-20 15:10 | 菜園日記

水も滴る・・・・

 私が入居しているビルは、共同水道にしてあります。今日、水道代を管理している人から、「今月の水道代が先月の3倍(!)なんだけど、どこか漏水していませんか? さっき見たら、樋の先から水がじゃーじゃー流れています。」と連絡がありました。樋を見に行ってみると、それはまさしく屋上からの排水を流すための樋。屋上に上がって、スプリンクラーや蛇口を一つ一つ点検し、最後に散水栓を見てみると、継ぎ手からこんこんと清水がわき出しているではありませんか!(写真は、修理後)
b0066826_15441232.jpg


  道理で!

 これで、積年の(←大袈裟)の疑問が解けました。散水栓の周囲だけいやに芝生が青々としているし、いくら一日2回水まきをしているとはいえ、猛暑日続きにもかかわらず一度も畑がカラカラになったことがなかったので、変だなーとは思っていたのです。
b0066826_15503478.jpg

 それもそのはず、24時間灌水していたのですからね(爆)。

 漏水箇所発見から一時間も経たないうちに水道屋さんが修理してくれ、水道代の差額は工事を請け負った会社が弁償してくれることになったので、事なきを得たのですが・・・

 今夏、広島県は水不足だったというのに、もったいない!

by sawa4482 | 2008-09-06 15:50 | 菜園日記

秋の気配

 せっかく涼しくなったと思ったのに、また残暑がぶり返しました。あのままだったらよかったのに・・・
 それでも、朝夕の気温は下がりましたし、昼間気温が高くても、まとわりつくような不快な蒸し暑さは多少影を潜めました。植物たちは、秋の訪れを敏感に感じ取っています。

 秋なすが次々に実っています。
b0066826_15595098.jpg

 いくつか収穫してからしばらく、花も実も付かなくなっていました。もうダメかと思っていましたが、秋の実りまで一休みしていたのですね。本当は、その間に枝を切りつめて株を休ませないといけなかったのに、知らなかったものだからそのままにして、枝葉を徒長させてしまいました。
 同じ時期に植えたトマトは、まだたくさん実が付いていたのですが、大きくもならず、赤くもならず。園芸本によると、「追肥をして収穫することも可能だが、面積が限られているのなら潔く抜いて秋まきの野菜のための場所を空けるべし」と書いてあったので、思い切って抜きました。今年は小手調べのつもりで1本ずつ苗を買ってきて、肥料をやる以外たいした世話もしなかったのに、収穫の喜びを味わわせてくれて、感謝です。

 ワイルドストロベリーが再び花をつけました。
b0066826_162897.jpg

 栽培種と違って、ワイルドストロベリーには春と秋、収穫期が2回あるのです。楽しみです。夏の間にもぽつぽつ花をつけていたのですが、一つもまともな実になりませんでした。実らないのに花をつけるのは、エネルギーの無駄遣いだと思うのですが。

 ラベンダーも、次々に咲き始めました。
b0066826_1641410.jpg


 フェイジョア。春にあれだけ花が咲いたのに、実がふくらみかけているのは2個だけです。
b0066826_165853.jpg

 あわてて追肥をしました。10月下旬が収穫期のようです。うまく実るといいなぁ。

 チームテストがすんで心に余裕ができたら、秋まき野菜のための準備をする時期です。

by sawa4482 | 2008-09-04 16:02 | 菜園日記

蔓延る

=はびこる。

 ミントは放っておいても他の植物を席巻して蔓延り、むしろ駆除するのが大変と聞く。ところが、我が家のミントは元気がなく、4株のうち3株が病気にやられて引っこ抜かざるを得なくなった。
 しかーし、やはり恐るべし、ミント。密かにマルチの下でシュートを延ばしていて、思いがけない場所からひょっこり。
b0066826_1515962.jpg


 こちらは、オーデコロンミント(食用には向かない)のシュート。
b0066826_1524261.jpg


 植えた直後は葉焼けを起こして枯れそうだったバジルも、茂ってきた。ちょっとでも油断すると花をつける。花が咲いたら株が弱るから、次々に出る花芽と競争で摘まなければならない。
b0066826_1544050.jpg


 ラベンダーの花。
b0066826_155635.jpg

by sawa4482 | 2008-08-05 14:49 | 菜園日記

シバ刈り

 「おじいさんは山へ柴刈りに・・・」ではない。

 「芝刈り」

 まだ朝8時過ぎだというのに、心臓の具合が悪くなりそうなほど暑い。下を向くと、サングラスのレンズに汗のしずくが溜まる。

 使用前。
b0066826_14535892.jpg

 猫額の芝生には不似合いな、立派な電動芝刈り機(笑)。

 漫然と眺めていると気が付かなかったが、けっこう雑草が生えている。
b0066826_14551013.jpg

 一本一本手で引き抜かないといけないので、かなり面倒。雑草が生えるのは、芝がまばらな部分だ。本業が廃れると裏稼業がはびこるのは、どの世界でも同じらしい。

 あまり青々と伸びてはいないので量はないが、刈れた物はこんな風にたまる仕掛け。
b0066826_14574560.jpg


 機械が入れない際の部分は、フィンランド製の芝刈りばさみ(これが、結構高い> <)でちょきちょき。
b0066826_14595262.jpg


 使用後。
b0066826_1512680.jpg


 労力の割に、代わり映えがしないなぁ orz

by sawa4482 | 2008-07-20 14:52 | 菜園日記

屋上の幸

 屋上で採れたミディトマトとバジルを使った、モッツァレラチーズのサラダ。
b0066826_10562223.jpg


 屋上で採れたバジルを使ったジェノベーゼソースのリングィーネ。
b0066826_10571237.jpg


 鯛とジャガイモのハーブ焼き。
b0066826_10575885.jpg

 オリジナルレシピでは、スズキを使うことになっていました。独特の臭みが好きになれません。タイでもクロダイ(チヌ)でも可。

 ハーブがいつでも使い放題なのは、嬉しいです。

by sawa4482 | 2008-07-18 10:55 | 菜園日記

収穫の行方

 いくら生食でもOKとはいえ、やはり栽培種に比べるとずっと食味は劣る。かといって、これっぽっち、ジャムにもできないし。
b0066826_23154055.jpg


 しか〜し、ネット上で見つけたのだ。
「電子レンジを使ったジャムの作り方」
 ワイルドストロベリーの半量のグラニュー糖をかけて待つことしばし。
b0066826_2317598.jpg


 ラップをせずに、出来上がり具合を見ながら、何度かレンジにかけると、ジャムの出来上がり。
b0066826_23175615.jpg


 スペアミント入りマフィンに添えてみた。
b0066826_23182410.jpg


 驚くほど美味です。もしかしたら、買ってきたイチゴを使ったジャムよりおいしいかも(#^.^#)

 ナスは、結局、新鮮さを生かしてサラダにしました。
b0066826_23193239.jpg

by sawa4482 | 2008-06-21 23:29 | 菜園日記

収穫

 フェイジョアの花。うまくいけば実るはず。
b0066826_10281324.jpg


 タイムの花とローズマリーの花。
b0066826_209098.jpg


 屋上で取れたローズマリーとイタリアンパセリ、それにニンニクを詰めてローストポーク。いつでもフレッシュハーブが手にはいるのは、有り難いです。
b0066826_201069.jpg


 デザートは、ワイルドストロベリー。一番大きいのでも、長さ2cmくらいです。
b0066826_20104481.jpg

 栽培種より実が細いのに、種の数は同じようだ。ぷちぷちぷちぷち、種を食べているみたいです(笑)。

 さて、さつきさんは↓のようにけものへん(裏返し)で寝ている時間が多くなりました。
b0066826_20121621.jpg

 これだと、まだ、私が動くたびに起きるのですが、ハウスに入れておくといつまでも寝ています。年のせいなのか、暑さにやられたのか。

by sawa4482 | 2008-06-14 20:13 | 菜園日記