<   2005年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

同じワニなのに・・・・

アピール?

 北陸・信越地方にお住まいの皆様、昨年に続く大雨、大丈夫でしょうか? 何割かお引き受けしたいです。広島県では、梅雨入り以来雨らしい雨が降っていません。このまま行くと、間もなく断水になりそうです。すでに、自治体間で取水制限の話がまとまりました。

 雨は降らなくても、湿度は高い。湿度も、熱中症の大敵。毎日、yahooのピンポイント天気予報とにらめっこして、散歩に行くかどうか思案している。
 今日は、通り雨の合間を縫って、少し離れた公園まで遊びに行った。帰りにペットショップに寄り、おもちゃを物色。ノッテちゃんがワニで遊んでいたのが印象に残っていたので、ラテックス製のワニを購入した。

 夕食の支度を邪魔しないようにとワニを与えたら、一人でヒヨヒヨ遊び始めた。
b0066826_8544277.jpg


 ヒヨヒヨヒヨヒヨヒヨヒヨヒヨヒヨ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・し〜〜〜〜ん・・・・・・・ンンン? やな予感!

 行ってみると、予感的中。ワニの惨殺死体発見。
b0066826_8551451.jpg


 この間、ものの30分足らず。はうっ(T∇T)
 まあ、予想通りだけどね・・・・・

 よく見りゃ、顔も違うし、ノッテちゃんのワニの方が数段高級そうだ。
 けど、さつきの場合は、「高級」とか「丈夫」とか、関係ないと思うんだよね。「一人遊び=破壊工作」ということでよろしいでしょうか、女王サマ。
b0066826_8555422.jpg

by sawa4482 | 2005-06-30 23:36 | スキッパーキー

寝てばっかり

 全国の早起き同盟の皆様、おはようございます。
 今朝も、6時に起きて7時から散歩に出かけました。
 「そんなの、普通じゃん」と言わないでください。釣りでもスキーでもないのに6時に起きるなんて、あり得ないことなのです。でも、あり得ないことが起きるのです。なぜなら、私は、さつき女王のしもべだからです。(爆)
 起床から出立まで1時間もかかったのは、しもべが、紫外線を防ぐために無駄な努力をするのと、腹が減ったら動けないと朝食を摂るからです。食いしん坊のしもべを持つと、女王様も苦労なさいます。

 今日は、女王様をお車にお乗せして、入り江沿いの遊歩道までやってきました。すでに、紫外線が痛いです。7時半ともなると、女王様は日陰にフセをして、「わらわは疲れた。もう歩けない。」と主張なさいます。
 「陛下っ、まだ30分も歩いていませんよっ。」
 わがままな女王様にお水を飲ませ(なぜか、庶民と同じ水道水です)、なだめすかして車まで戻りました。

 帰宅して朝食をおとりになると、早速お昼寝、いや、朝寝です。普段なら、しもべの後をストーカーのように付いて歩くのに、ごらんの通りです。
b0066826_1461258.jpg


 散歩をすっぽかしても自分の食事だけは忘れないしもべが昼食を摂った後も、女王様はお休みです。

b0066826_1462763.jpg

 飼い主・・・じゃなかった、しもべが寝坊だと、犬・・・アワワワ、女王様まで寝坊になってしまうのでしょうか。

by sawa4482 | 2005-06-26 13:57 | スキッパーキー

真夏日のお散歩

 新聞やテレビで報道されたからご存じの方も多いだろうけど、7月1日から8月31日まで、マスターフーズのHPで、犬のための天気予報を配信する。熱中症になる危険度を4段階に分け、都道府県別に1時間ごとの推移を知ることができる。
 それによると、犬は、気温22℃以上湿度60%以上で熱中症になりやすくなるそうだ。このところ、当地の最低気温が22℃。ということは、早朝のお散歩でもすでに熱中症の危険があるということ。昼間が論外というのはわかるとしても、いったいいつお散歩に行けばいいの?

 折りしも、イタリア・トリノ市で、新しい動物保護条例ーー飼い主は一日最低3回散歩に行かないと罰則ーーが、いよいよ発効する。日本人の大半は、処罰の対象でしょうな。私なんか、初日で逮捕だわ。
 けど、一日3回なんて、いったいいつ行くの? 朝・昼・夜? 今の季節、真っ昼間のお散歩は、却って虐待だよ。かといって、犬の都合に合わせて早朝・日没後・真夜中に散歩したら、それはそれで飼い主への虐待。
 尤も、イタリアでも専業主婦ばかりじゃないし、我々が想像するほどお昼寝付きの優雅な昼休みを過ごしているわけでもない。いずれ、イタリア的になし崩しに有名無実になると思うけどね。

 昨日は、日が落ちたら急に涼しい風が吹き始めた。今朝、早起きできなかった罪滅ぼしに出かけた。クチナシがむせ返るほどに香る中、歩いたらやっぱり汗だくになったわ。熱帯夜になったら、お散歩は無理ね。

 闇に光る怪しい獣の目。出たな〜〜〜〜、妖怪!・・・ではなく、さつきのカラーにぶら下げたペットブリンカーです。
b0066826_1713339.jpg

by sawa4482 | 2005-06-22 16:50 | スキッパーキー

新しい技、お披露目

 さつきの数ある困った癖の一つが、口の届く引き出しという引き出しを全て開けて、中身を引っ張り出すこと。あまりに頻繁で、しかも見事なので、芸にしてしまうことにした。苦節数日(?)、やっとコマンドで開けてくれるようになった。

「さつきちゃん、ヒキダシ、アケテ」
「ヘイ、おまかせを」
b0066826_1727081.jpg

「どんなもんです」
b0066826_17271757.jpg

 中が散らかっているのは、さつきが荒らしたから(ということにしておこう。赤面。)。

「今度は、これですか? さっきのより固いから、手じゃ開きませんね」
b0066826_17273160.jpg

「はい、お待たせしました」
b0066826_1727474.jpg


 この芸、欠点は、頼んでないのに繰り返すことと、開けたら開けっ放しなこと。いい子は、開けたら閉めましょうね。

 次の課題は、勝手に開けないことと、閉めてくれることですね。

by sawa4482 | 2005-06-20 17:48 | スキッパーキー

パフェが食べたい!

 突然、何かが無性に食べたくなることってありませんか? 夜中のコンビニに走って行こうかという気持ちになることが。

 私の場合、ここ数日、パフェがそうでした。でも、食べに行く時間がなかった。今日、やっと、以前てくてくの後立ち寄った岡山市内のドッグカフェ、nick's Wanに行くことができた。いくらなんでも、パフェ一つのために高速代は払いません。実家での用事を済ませたついでにね。

 ここの名物(?)は、犬パフェ。といっても、犬用ではない。犬の名前が付いたパフェね。写真は、プードル。他に、柴(抹茶あずきで、和のテイスト)、チワワなどがある。ちなみに、ボルゾイってのは、背の高いパフェグラスからアイスクリームが3段そびえている。あんなの、どうやって崩さずに食べろと言うのだろう?
b0066826_2271235.jpg


 このカフェ、前回来た後にプチ改装した。変わった点は、外に直結する店舗と奥のカフェとの間に仕切ができて、間違って犬が外に出てしまわないようになったのと、リード着用になったこと。進歩したなー。結構結構。

 さつきは、いつものようにフセしておやつを待ってます。
b0066826_2273290.jpg


 このように、飼い主の都合であちこち連れ回されるさつきなのでした。

by sawa4482 | 2005-06-19 22:07

はぁぁぁ〜、シ・ア・ワ・セ

 今日は仕事が休みだった。これまでは、休みの日にはムキになっててくてく探検に出かけていた。が、昼間のお出かけはできなくなった。日が落ちてからさえ、気温はそんなに下がらない。その上、雨は降らないのに湿度だけ高い。もう、夜のお散歩さえあまり快適ではなくなってきた。

 今朝は、6時に起きて、少し離れた公園まで車でお散歩に行った。6時起床なんて、普通のサラリーマンや、そういう人を夫に持つもしくは子供が学校に行っている主婦なら、あたりまえなんだろう。が、私は、自慢じゃないが、さつきが来るまでは「とくダネ」のオープニングにさえ間に合わなかった人なのだ。6時に起きるなんて、太陽が西から昇るくらい大変な事件なのだよ。

 まず、公園の周囲、遊歩道に沿ってお散歩。7時台だと、犬をお散歩させている人を何人か見かけるくらいで、週末グラウンドを占領している家族連れはさすがにまだ姿を見せない。8時になると、さつきは早くもバテバテ。建物の陰になっているグラウンドの隅っこで、オビ練とフリスビーを少しする。
 帰宅後は、ずっと読みたかった本を読破。お昼はパスタを食べながら冷えた白ワインを飲む。その後、エアコンの冷たい風に当たりながらお昼寝。これに、どれほど憧れていたことか。毎日こうならいいのに。
 私が寝ている間、さつきはたまに外の物音に対して吠えたが、ほとんど私のベッドの隅やソファの上でお昼寝していた。一年くらい前までは、さつきを自由にしたままでは何をしでかすか不安で不安で、全く寝られなかった。ずいぶん進歩したものだ。

 だが、エアコンの電気代も、ワイン代も、さつきをお留守番させて仕事に行くから払えるんだよ。
 快適な暮らしと、さつきと過ごす時間とが、両立しないのが悲しい。

 夏なので、浴衣を着てみました。
b0066826_2204497.jpg

 さつきの傷跡は、一見目立たなくなりましたが、ハゲだった部分は毛の生え方が変わって、正常な部分との境目がくっきり。でも、皮膚科の友人のアドバイス通り、一ヶ月でほぼ元通りに生えそろいました。

by sawa4482 | 2005-06-18 21:17 | スキッパーキー

Death on Her Doorstep

 やっと・・・・やっと、読み終えました。長い道のりだった。寝る前にベッドに入って読んでいたのだが、一晩に2〜3ページがやっと。すばらしい催眠効果でした。ひどいときには、ほとんど読まないうち目が自然に閉じて、本が手から滑り落ちて意識が戻る、なんてこともあった。逆に、スキッパが出てくる場面では、細かい描写の隅々までさつきそっくりで、「そうそう、そうなのよ〜〜〜」などと頷きながら読んでいたら、寝るのが遅くなってしまい、翌日は早々と撃沈だったり。
 それじゃぁ、なかなか終わらないよな〜。

 で、感想。

 ミステリとしてはひどい。(私の英語力不足のせいかもしれない)
 スキッパ指南本としては、おもしろい。

 ミステリファンなら、ミステリを期待して読んではいけません。「スキッパーキーという犬種を、ミステリ仕立てで紹介する本」と思った方がよいでしょう。食い物を前にした時、あるいは知らない人が家にやってきた時、スキッパーキーがどう振る舞うか、詳細に描写してあります。飼い主に危機が訪れたらスキッパーキーがどのような行動に出るかを例示するために、わざわざミステリ仕立てにしたのだと思われます。(冗談だってば)

 スキッパーキーがどんな犬か知りたい方は、ぜひこの本を読むことをお薦めします。スキッパーキーという犬種の特徴がすべて語られています。犬を迎える前に準備しておくべき品も紹介してありますので、犬飼い初心者のための手引き書としてもお使いいただけます。あ、もちろん、まず獣医さんを受診することもお忘れなく。その獣医さんが、スキッパの由来まで語れる博学の先生なら、言うことなしです(笑)。
 
 この作者、絶対自分でスキッパを飼っていると見たね。

ゆききさんへ、
 最後の方に出てくる固有名詞、ファベルジェ以外は架空ですよね???

by sawa4482 | 2005-06-17 13:01 | スキッパーキー

イアン・ダンバー博士のセミナーに行ってきた。

 陽性強化でしつけをしている人の間では知らない人のいないイアン・ダンバー博士が、畏れ多くも岡山にお運びくださるとの情報をキャッチしたのは、2ヶ月ほど前のこと。ダンバー博士も、御年70を越え、再びやってくる機会があるかどうか保証の限りではない。

 というわけで、行ってきました、セミナー。でも、受講料の¥10000、プロの講習会ならともかく、ちと高くないか? 一人¥10000×定員280名ー(会場代+通訳始めスタッフの日当+諸経費)=how much?
 庶民は、つい、そんな計算をしてしまうのよね〜。
 と、しつけ教室でぼやいていたら、お友達の一人が、「そりゃ、教祖様へのお布施だもの。」と宣った。
 言われてみれば、陽性強化の現状は、イアン・ダンバー教、テリー・ライアン教。なるほど、お布施とはうまいこと言うな〜。

 実際に会場に着いてみると、来ているのはほとんどトレーニングのプロかその予備軍のようだった。もしかして、ただの犬飼いは、わたしだけ?

 それどころか! 予想を上回るものを目にしてしまった。最前列に陣取る一団は、ダンバー博士の追っかけ。話しかけてもらうくらい顔見知りになっている。岡山の前に福岡でセミナーがあったのだが、それにも行ったらしい。トイレで、「一回しか来られない人はかわいそうよね〜。一回聞いただけじゃ、わかんないよね。」などと、大声で話していた。受講料に交通費、費やす時間だって。熱心な信者がいるものだ。もちろん、ロビーでビデオや本を購入して、さらなるお布施を。
 「言われた通りに一生懸命やっているんですけど、しつけがうまくいかないんです」→「ビデオと本を買って、もっと勉強してください」
 「言われた通りに一生懸命お祈りしているのですが、少しも御利益がありません」→「この壺を買って、さらに祈るのじゃ」
 なんか、似てない?

 と、いやみたらしく書いているが、実際のセミナーは、とても有益だった。今日のテーマは、「成犬の問題行動とその解決」。咬み犬とけんか犬の対処法だった。まるで、さつきのためにあるようなものじゃありませんか。
 ダンバー博士は、話がうまく(商売もうまいという人もいる)、すぐに引き込まれてしまい、いつの間にか一万円を忘れていた。

 個々の方法をいちいち紹介していたら長くなるので、さわりだけ。

 咬む・けんかするといった問題を持った犬に遭遇したら、一番大切なのは、その犬がどの程度危険かを客観的に評価すること。
レベル1:空咬みするが、歯は皮膚に当たっていない。
レベル2:歯が皮膚に当たったが、皮膚に穴はあいていない。
レベル3:皮膚に、犬歯の2分の1以下の深さの穴がいくつか開く。
レベル4:皮膚に、犬歯の2分の1以上の深さの穴がいくつか開く。
レベル5:レベル4相当の傷が複数できる。
レベル6:被害者が死亡する。
 ほとんどの犬はレベル1か2で、このレベルなら容易に解決できる。

 全てのトレーニングに共通すること。
1)たくさん褒めて、たまに罰を与えると効果的。ほとんどの飼い主は、悪いことをすると叱るのに、よいことをしている時(静かにフセをしているとか)を見過ごしてしまう。望ましい行動をしている時は、すかさず褒めてあげよう。
2)「罰」というと、痛いこと、怖いことを連想するが、行動学的に言うと「罰」とは、「望ましくない行動の頻度を減らすこと」。一例として、"jolly routine"というのを紹介した。これは、犬の注意が飼い主からそれてしまった時、飼い主は大きな声で手を叩きながら笑う。すると、犬は、「何事?」と飼い主を振り返る。これも、望ましくない行動をやめさせたという意味で、「罰」になる。

 1)は、日頃のしつけを通してわかっているつもりだが、2)は、目から鱗だった。

 たまに外の話を聞くと、普段とは違った角度から自分の問題点が見られて、突破口が開けることもある。

 今日は画像がないので、さつきのキラリン光線をお楽しみください(笑)。
b0066826_2118169.jpg

by sawa4482 | 2005-06-12 20:33 | スキッパーキー

てくてく仕舞い

 あぢぃ・・・。 
 我が家は最上階にあるため、晴れた日は午前9時ともなると、頭上から熱波が降りてくる。留守中は、ずっとエアコン付けっぱなし。この時間以降は、まっくろくろすけを外に出せない。涼しくなるまで、てくてくは封印だな。

 というわけで、今シーズン最後のてくてくに出かけた。

 まずは、飼い主の腹ごしらえから。広島県東部に「サンワの森」というリゾート施設がある。そこのゴルフ場近くにあるカフェ目指して、GO! 地図で確認しながら行ったのだが、本当にこんなところにあるの?と不安になるような細い農道を延々と進んだ先に、そのカフェはあった。わんこOKどころか、靴を脱いであがる店だったけど、キャリーに入れたままならさつき連れを許可してもらえた。
b0066826_14544544.jpg
 

 緑に囲まれ、眼下にゴルフ場を見下ろすすばらしい景観の中、和風の広々とした部屋でランチがいただける。テラスに出ると、風が涼しい。(ただし、この時期以降は虫に注意)
b0066826_14542824.jpg

 ハヤシライスセット。これに飲み物が付いて\1000。大満足です。

 ランチを終えて、てくてく場所に移動する途中から、突然の雷雨。なんとついてない。近くをドライブして回って時間をつぶすこと約30分。小雨になるのを待ってから、日本庭園だけ散歩した。本当は、森の中の散歩道に行きたかったんだけど、木からしずくが落ちてくるのがいやなんだもん。
b0066826_1455479.jpg


 ぬれた地面の上を歩いたから、さつきのおなかに泥はねが散った。帰宅したらすぐ、お風呂に入れた。さつきにとっては、あまり幸せではない一日だったことだろう。

by sawa4482 | 2005-06-04 14:55 | スキッパーキー

花売り娘

 治療費やら帽子購入やらで出費がかさんだので、さつきに自分の分は自分で稼いでもらうことにした。

b0066826_1829146.jpg
b0066826_18293351.jpg
b0066826_18295365.jpg


 さつきに商売は向かないらしい。

by sawa4482 | 2005-06-03 18:26 | スキッパーキー