<   2006年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

狂喜乱舞(プライバシー保護のため、一部画像を加工してあります)

 さつきの好きなもの。
 1番目が食い物であることは、議論の余地がない。他は、フリスビー、ボール投げ、タッパーのふた、ピーピーおもちゃ、硬質プラスチック全般、その他壊せるものなら何でも。
 中でも、食い物の次に好きなのは、洗濯する前の靴下や下着。暇さえあれば、ランドリーバッグをのぞき込んで獲物を物色している。
b0066826_1557414.jpg


 先日、狭い我が家のどこを探してもさつきがいないので、???と思っていたら、洗面所の方から謎の物音が。行ってみると、こんな所にいた。
b0066826_1048260.jpg

 宝物に埋もれて、喜びの舞を狂い踊っておりました。

 ちなみに、大好きな下着の中身(=飼い主)は、フードを持っていなければきっとランク外。orz

by sawa4482 | 2006-01-28 10:48 | スキッパーキー

毒ガス攻撃

 さつきは、子犬の頃から抱っこが大嫌い。無理に抱き上げると、ぴちぴち捕れたてカツオ状態だった。二頭で膝の上を取り合うというやっちぶぅさんの生活が、うらやましかったものだ。
 が、最近、ようやく、「ダッコ」のコマンドで膝の上にぴょーんと飛び乗り、そのまま和んでくれたりするので、この2年半の苦労が報われたと、飼い主としては感涙ウルウルものなのである。
b0066826_22585751.jpg


 今日も今日とて、午前中犬友達のおうちの庭で遊ばせてもらい、午後はそのまましつけ教室でアジ連だったためさすがにお疲れモードのさつきは、脳みそアルコール漬け+カゼの初期症状でぐったり気味の飼い主共々、和んでいた。と、そこへ、

うっ、ゲホっ、こ、この異臭は・・・・・

「おのれ〜〜〜、さつきめ〜〜〜〜、よくも膝の上ですかしっ屁をかましてくれたな〜〜〜〜」(▼▼メ)

by sawa4482 | 2006-01-26 23:02 | スキッパーキー

日本一凶暴なスキッパ

 いろんなスキッパに会ってみて、さつきより吠える子はいたが、さつき程、日々三次元で暴れ回り、破壊活動にいそしむ子はいないことがわかった。垂直跳びだって、ブリーダーさんから「跳ぶから気を付けるように。ベランダに出してはいけない」と注意されていたので、誰でもするものだと思っていた。マリン母様の驚き具合を見て、しない子もいるんだと知ってこっちが驚いた。暮れのミニオフ会でも、破壊活動による損害額はうちが一番高いという話になった。orz

 破壊活動の現場をご覧下さい。 囓っているのは自分のハウスです。あんたは、ヘンゼルとグレーテルかっっっ。(もちろん、お菓子でできているわけではありません)
b0066826_15513081.jpg


 なぜか、自分のハウスを囓るのが大好き。放置していたら、上下を止めるねじを引き抜いてしまうんです(ホント)。バリケンのお値段も、損害額に計上してよろしいでしょうか?
 こういう訳で、お留守番の時サークルにハウスを入れておけないんです。囓るだけでなく、踏み台にして飛び出すし(__;)
 日本一凶暴なスキッパ。どうしてよりによってこんな子がうちに・・。私も一度でいいからこたつでまったりしてみたいよ(うちにこたつはないが、あったらさつきの踊り場になること決定)

by sawa4482 | 2006-01-24 15:56 | スキッパーキー

愛玩動物飼養管理士

別名、ペットケアアドバイザー2級に合格しました(↓証拠品)
b0066826_2122470.jpg

 万一落ちていたらカッコ悪いので、結果が出るまで公表しませんでした。

 や、だからどうってことはないんですけどね。今の仕事は動物に全然関係ないし、今後もペット関係の仕事に就く予定はナシ。では、なぜかと言えば、犬を飼っている以上、少しでも犬のことを知っておいた方がいいだろうという軽い気持ちからだった。が、「愛玩動物」には、ほ乳類だけでなく鳥類・は虫類も含まれる。トカゲの飼い方やジュウシマツの繁殖の仕方なんかどうでもいいんだけど、そんなわがままは許されません(^_^;)。犬以外の動物の知識が増えて、おもしろい面もあったけど。

 始める前は、「昔くぐり抜けてきた受験戦争に比べれば、どうってことないだろう」と、正直、高を括っていた節があった。当時との重大な相違点を失念していたのだ。

その1:学生時代は、その気になれば一日24時間を勉強に費やしてもよかった。今は、仕事・家事・さつきの世話をすませた残り時間しか勉強に充てられない。
その2:当時に比べると、脳細胞が億の単位で減っている(一日10万個×365日×ン年)

 最後の追い込みは、それなりにキツかったっす。
 「2級」と言うことは、当然その上に「1級」がある。試験会場で見る限り2級の十分の一以下しか受験しない1級に挑戦するかって?
しません(キッパリ)

 この年で仕事の傍ら受験勉強するのは、こりごりです。

by sawa4482 | 2006-01-20 21:21

初てくてく

 今日は、とてもいいおてんきてあたたかかったので、ママとことしはじめてのてくてくにでかけました。でも、ママがおいしいものをたべているあいだ、あたしはこんなきゅうくつなばしょにとじこめられて、ちっともおもしろくありませんでした。
b0066826_10374170.jpg


「だって、キャリーに入れないとお店に入れなかったんだもん。仕方ないでしょ。」

by sawa4482 | 2006-01-15 10:30 | スキッパーキー

あらっ!

 仕事から帰って洗濯物を取り入れる時、気づいた。靴下が、片っぽ足りない。それも2足。洗濯物入れの底の方に残っているのかなぁ?
 はっ、もしや・・・・まさか・・・・
 自分の足元を見る。

が〜〜〜〜んん、やっぱり〜〜〜〜

 違う靴下を、片方ずつ履いておりました。今朝、ずぼらして物干しから直接取ったのでした。
 それにしても、見てもらえばわかる通り、違いに気づかないほど似てはいないんだけど。
b0066826_18355256.jpg


 そろそろ、アブナイでしょうか?

by sawa4482 | 2006-01-14 18:37

東北犬巡り旅行のとんでもない結末

 さて、ハッピーわんを出て空港に向かうことになったのだが、車のドアが開かない程の突風というのを、初めて経験したよ。こういう天候の場合、たいがい出発が遅れるものなんだが、マリン君ママが空港に確認してくださったところ、定刻だという。あまり時間に余裕がない。マリン君と別れを惜しむ時間もろくになかった。
 こういう時に限って、仙台南部道路が強風のため閉鎖。迂回した国道4号線は、すごい渋滞だった。刻一刻と出発時間が迫り、焦りまくる。まだ、ガソリンも入れないといけないのに。
 空港に着いたら、チェックイン締め切りギリギリだった。が、除雪のため滑走路が閉鎖されており、予想通り出発が遅れることに。さつきを預けて、後は飛行機に乗って帰るだけ。ロビーで生ビールを飲んでほっと一息ついていたら・・・
「広島行きは欠航が決まりました」

け、け、け、けっこうぅ〜〜〜〜?

 飛行機には何十回も乗ったけど、欠航は初めてだ。
 まず頭に浮かんだのは、「さつきをどうする?」。自分一人なら、市内のビジネスホテルにでも泊まればすむけど、さつきを連れて泊まれるホテルなんて、知らないよ。唯一の知り合いが、マリン君ママ。とはいえ、数時間前に初めてあった人に一夜の宿をお願いするなんて、図々しすぎるし。けど、他に頼れる人はいない。藁をもすがる思いで電話すると、快くOKしてくださった。
 ありがたや〜〜。地獄に仏とは、このことだ。危うく「フランダースの犬」の最終回になるところだったよ。しかも、空港まで迎えに来てくださった。何て心の広い方なんだろう。感激した。

 さて、マリン君が、自分のテリトリーに入ってきた他スキッパに対してどう迎えてくれるかいささか心配だったけど、おナベであっても一応さつきのことを「女子」と認めてくれたみたいで、ずっとくっついて離れない。一方、さつきはと言うと、マリン君のことは全く視界に入ってない模様。部屋中探索はするは、こたつの上に飛び乗るは、マリン君ママに垂直跳びはかますは、乱暴狼藉、やりたい放題です。ここは、マリン君の家なんですけど(汗)。
↓その隙にさつきの匂いを嗅ぎまくるマリン君。
b0066826_205229.jpg


 さつきが台所に進入を繰り返して困るので、とうとうフェレット用ケージでブロックされました。が、マリン君ママがお茶の支度をする音が聞こえるやいなや、すっ飛んでいっておこぼれを狙っています。
b0066826_20152272.jpg


 やがて、マリン君パパも帰宅されました。競技会に熱心に取り組んでおられるので、いったいどのような方かと思っていたら、予想に反して温厚そうな方でした。しかし、遅く帰って来られて疲れているに違いないのに、マリン君のトレーニングだけは欠かさないところがさすがです。
 みんなでお茶を頂いている間、狙えば届く高さにお菓子があるにもかかわらず、マリン君はパパの後ろにじっとお座りしていました。パパのお皿に鼻面を突っ込んださつきとは、大変な違いだ(赤面)。 
 さつきは、パパとママにとてもかわいがってもらった。
 ママにチュー。
b0066826_2061819.jpg

 何でパパによじ登るんだ?
b0066826_2063390.jpg


 翌朝、早い飛行機に間に合うように送っていただき、今度こそ、無事に帰れたのでした。

 マリン君父様、母様、突然の闖入者、さぞご迷惑だったことと思います。本当に何から何まで、お世話になりました。しかし、実を言うと、私はこの合宿(?)がとても楽しかったのです。マリン君の幻の技、空気○○○○も見られたし(笑)。次回は、突発的ではなくて計画的にお邪魔したいものです。この次は、山岸涼子全集完読だっ(←違)、じゃなくて、外で一緒に遊びたいですね。

 と、東北犬巡りツアーには、こんなオチが付いたのでした。

余談:マリン君母様には、「爪をつむ」という表現が何度言っても通じなかった。方言だったのね(^◇^;)。この年になるまで知らなかった。ショック!
(正しくは「爪を切る」だと思われ)

by sawa4482 | 2006-01-11 20:06 | スキッパーキー

マリン君とご対面

 翌日になっても雪は全然治まる気配がない。今日は、飛行機に乗る前にマリン君に会えるのだ。通常なら仙台まで2時間くらいの行程なんだけど、余裕を見て早めに出た。幸い、高速道路の閉鎖は解除になっていた。
 来た時とは逆に、磐越道を東に行くに連れて雪は小やみになり、東北道は路面が乾いている場所さえあった。が、すごい横風。レンタカーがC○B○だったんだけど、この車の形状は、横風の影響をもろに受けることが判明。仙台市内に入ったら、待ち合わせの「ハッピーわん」のすぐ近くまで来て、迷ってしまった。このあたりは一方通行だらけ。付近をうろうろして、かなりお待たせしてしまった。

 マリン君は、さつきよりも体も一回り大きく、ツヤツヤ、ふさふさの立派な毛皮をまとったスキッパでした。アレックス君といい、やっぱりタマ付きオスは、毛吹きが違うね。
b0066826_2035796.jpg

 さつきは、大嫌いな洋服が効果を発揮しておとなしくしてくれたので、ゆっくりランチを楽しむことができた。
 マリン君、ママが一生懸命気を引こうとしているのに、どこ見てるの?
b0066826_2041671.jpg

 
 楽しい時間はあっという間に過ぎて、空港に向かわなければ間に合わない時刻になった。わざわざ来てくださった上に、おみやげまで頂いて、恐縮です。もっとゆっくりお話しする時間があればと思いました。(この項、まだ続く)

by sawa4482 | 2006-01-11 20:04 | スキッパーキー

猪苗代プリン

 3日に、友達が、仕事の関係で一足先に帰ってしまった。友達を猪苗代駅まで送った足で猪苗代スキー場に行き、滑っていたら、昼前からものすごい大雪になった。実は、私はまだ2、3回しか雪道の運転をしたことがない。ホテルに帰還できなくなったら困るので、早々と切り上げて帰ることにした。
 おっと、その前に、マリン母様ご推薦の「猪苗代プリン」を買わねば。
 スキー場から下りて平地に来ると、
びゅうううううううう
ものすごい地吹雪。ホワイトアウト、視界ゼロ。こっ、恐い。歳取った亀のようなよろよろ運転で、何とか「ビルゴ」にたどり着いた。どれもおいしそうで、目移りして困った。

 これが、そうまでしてゲットした、噂の「猪苗代プリン」だっ!
b0066826_1743612.jpg

 おいしゅうございました。苦労の甲斐があった。一緒に買った「猪苗シュー」も美味でした。

b0066826_1752247.jpg

 そんな瞳で見つめても、お裾分けはありませんよ。

b0066826_176061.jpg


 雪は、時間が経つに連れて次第に激しさを増していった。日が暮れると、ものすごい突風を伴った吹雪になった。こんなことで、明日仙台まで無事に帰れるんだろうか。ホテルのレストランから荒れ狂う雪を見ながら、不安に襲われたのでした。そして、ある意味不安は的中したのであった。(この項、続く)

by sawa4482 | 2006-01-11 16:05

ビバ!アルツ磐梯

 アルツ磐梯は、裏磐梯〜猪苗代ゾーンで一番お気に入りのスキー場だ。コースも多彩で、一部のコブコブ急斜面を除くと、適度な斜度で楽しい。最大の欠点は、駐車場が離れていること。連絡道をてくてく歩いて行けるのはましな方で、たいていシャトルバスに乗らないとたどり着けない。2〜3時間おきに犬の様子を見に行かなければならない身にとって、これは大マイナスポイント。しかも、昨年も一昨年も雪がなかったので行かなかった。
 しかし、今年はいい雪に恵まれているし、友達が楽しみにしてるので、アルツに行くことにした。神戸で買ったハデハデアニマルプリントのキャリーでさつきを背負って滑る覚悟を決めて。
 が、何と、ペット連れの客は、優先的にスキーセンターの前に駐車することができる!
 すごいぞ、アルツ磐梯! ビバ、アルツ磐梯!
 私の中で、再びアルツがお気に入りぶっちぎりナンバーワンになったのは、言うまでもない。この日は、5日間の滞在中、唯一晴天だった日。青空をバックにそびえ立つ磐梯山は、荘厳なまでの美しさだった。
b0066826_19492327.jpg

b0066826_19493849.jpg

 雪質、サイコー。天気も、サイコー。人の少ない元旦を選んだおかげで、リフト待ちもなかったし、最高に楽しかった。
 さつきも、雪の上で楽しそうにフリスビーを追った。一度、雪山の向こうに行ってしまったので、upのコマンドで上らせて、取りに行かせた。すぐ目の前にあるのに、気付かない。ま、白に白だからね。
b0066826_19495290.jpg

 やっと気付いた。 
b0066826_1950618.jpg

 今度は、色の付いたディスクを買っていこう。

by sawa4482 | 2006-01-10 19:48 | スキッパーキー