<   2006年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

お疲れ?

 昨日は、病み上がりだというのにアジ練に行った。お師匠様に入院のいきさつを話して、少々手加減してもらった。脱走する素振りはチラとも見せず、心なしか、いつもよりのろい。やっぱり、まだ本調子じゃなかったのかな〜。

 今日、ずっとほったらかしだったPCをカチャカチャやってると、む、みょーに静かだ。こういう時は、ろくなコトしてないのよね〜、と振り返ると、↓
b0066826_1158638.jpg

(死んでいるのではない)

 やがて、自分からとことこサークルに入って↓
b0066826_11585315.jpg


 やっぱり、お疲れなのね。

by sawa4482 | 2006-10-31 11:46 | スキッパーキー

また入院

 金曜日の朝までは元気でした。普段通りに散歩し、昼間はほとんどクレートの中にいました。
 夜になって、家の用事をしていたら、向こうの方で何かごそごそやっている気配。行ってみると、カーペットの上で気張ってるぅぅぅ。しかも、ビチビチですぅぅぅ(泣)。歩きながら気張るものだから、カーペットの上に転々とンコの跡が! それが治まったと思ったら、今度はゲロです。前回入院の時と全く同じ症状です。後数分で受け付け終了という時間だったけど、病院に電話して診察していただきました。表情がうつろです。点滴をするためにエリザベスカラーを付けられる間、抵抗するそぶりすらありません。こんなの、さつきじゃない! 今回も、即刻入院となりました。
 その後の経過も、前回と同様です。翌日には元気になり、嘔吐も下痢もなし(尤も、出そうにもお腹の中は空っぽだろうけど)。この間見舞いに行ったらケージの中で高速往復運動をしたので、今回は自粛。翌々日の朝、退院しました。十カ所以上のシミを取るのは、とってもとっても大変でした。しかも、前回は安物のカーペットだけが犠牲になったのに、今回は、高価なギャベの上にまで! しくしく・・・・
 今度ばかりは、思い当たる原因が全くありません。急激な経過と良好な転帰からすると、中毒を起こす物質を摂取したようにも思えますが、拾い食いも盗み食いもする隙はなかったはずです。

 36時間もケージに入れられてさぞストレスが溜まっただろうと、退院してすぐ、病院近くの公園に散歩に行きました。
 さつきさん、ぐいぐい引っ張っております。
b0066826_18354536.jpg

 しかし、そのパワーは、いつもの5割減です。

 きれいなバラをバックに。
b0066826_18363616.jpg


 家に帰ってからも、暴れ振りはいつもの4割減です。
b0066826_18372028.jpg

 いつになく甘えてくれるのは嬉しいけど、どことなく物足りなく感じるのは、わたしがスキッパー菌にすっかり冒されている証拠でしょうか。

 次の日からは、完全回復、パワー炸裂さつきです。やっぱり、さつきはこうでなくちゃ。

 それにしても、原因不明で突然発症するのは不気味です。二度とこんなことがなければいいんですけど。そういえば、29日は北九州で競技会があったのでした。エントリーしてなくて、本当によかったわ。

by sawa4482 | 2006-10-30 18:22 | スキッパーキー

何でものっけ隊デビュー

 かぼちゃを頭にのっけたレノン君に触発されて、さつきも挑戦してみました、「なんでものっけ隊」

b0066826_18154334.jpg


 かぼちゃがないので、おもちゃで試しました。何だか、ブレーメンの音楽隊みたいです(笑)。
b0066826_18163543.jpg

by sawa4482 | 2006-10-26 18:06 | スキッパーキー

オーガニック&無人の公園

 市の外れにオーガニックショップ&カフェがあり、テラス席は犬連れOKと聞いて、早速偵察に行ってみた。
b0066826_17424459.jpg

 オーガニックショップといっても、本業はパワーストーン販売であるようだ。パワーストーンには全く興味がないが、日頃通販で購入しているオーガニックグッズが置いてあるのは嬉しい。テラス席でキノコラーメンを食べた。調味料も全てショップで販売している無農薬の物。きわめて脂肪分の少ないラーメンで、私の当てにならない舌によると、ダシは煮干しや昆布。「体にいい物はあまりおいしくない」というのを、改めて実感した。

 近くに広い公園があるので、さつきのために行ってみた。
b0066826_17584612.jpg

 なるほど、広い。そして、誰もいない。こんな誰も来ない公園を市の税金で管理しているとは、無駄遣いの見本のように思えるが、実はここ、単なる公園ではなく、一部が江戸時代から残る治水のための水路になっている。史跡として保存するついでに、市民に水辺の散策を楽しんでもらおうということらしい。

 少なくとも、さつきは楽しんだ。このところ、紐付き散歩でなければアジ練の日々。久しぶりのフリスビーは、やはり楽しかったようだ。
b0066826_1825651.jpg

by sawa4482 | 2006-10-24 17:41 | スキッパーキー

今度は寒くなかったドッグラン

 先週も来たいぶきの里に、今度はしつけ教室のお友達とやってきました。前回とうってかわって、今日は犬を車の中に残しておけない程の陽気です。
 
b0066826_17112740.jpg


 我々が到着した時は、貸し切り状態でした。日頃しつけ教室で何度も顔を合わせている犬同士なので、安心して見ていられます。さつきは、なぜか年下の男の子がお気に入り。
b0066826_16455344.jpg

b0066826_16461039.jpg


終いには、「もうどうにでもして」になってます(苦笑)。
b0066826_16453137.jpg


 さんざん遊んだら、二頭揃ってコーギーの飼い主さんにおねだりです。さつきの奴、飼い主のことは完全に忘れてますね(__;)
b0066826_16462854.jpg


 他に誰もいないのをいいことに、道具を並べ替えてコースを作り、アジ三昧。初めてJKC公認アジ道具を見た人は、タッチ障害の高さに驚いたようですが、犬たちはみんなへっちゃらで登っていきました。
b0066826_16505811.jpg


 制限時間いっぱい遊んで、5頭と8人はドッグランを後にしました。
b0066826_1715389.jpg


 この後は、お食事タイムです。元々参加者を募集した時は、ドッグランの後BBQを予定していたのですが、準備と後かたづけが大変とブーイングが上がって、結局温泉施設内で人間だけお食事を楽しむことになったのでした。予想外に暑かったため、犬たちを待たせる車はエンジンかけっぱなしでエアコン入れっぱなしでした。
 いぶきの里のある新見市千屋は、昔から上質の和牛の産地です。せっかく千屋まで来たからには千屋牛を堪能したいところですが、ステーキ定食¥7000には誰も手が出せませんでした。普通の牛肉で焼き肉定食となったのですが、運動の後には、これでも十分満足でした。例によって、食べることに夢中で、食事風景の写真はありません(爆)。

 さて、いぶきの里ドッグランは、11月から3月まで閉鎖されます。冬季は、ここはスキー場の一部になるのです。春になったら、またみんなで来たいですね。参加して下さった皆さん、ありがとうございました。Mさん、写真提供、ありがとうございました。

by sawa4482 | 2006-10-15 16:41 | スキッパーキー

牢名主

 目下、納戸の大整理中で、家の中は引っ越し直後同然の状態。ふとん袋も部屋の中に出しっぱなしです。早速、牢名主しているヒトがいますよ。

b0066826_20452863.jpg

by sawa4482 | 2006-10-14 20:43 | スキッパーキー

アジコンペ

 この日は、アジ教室のアジコンペでした。晴天に恵まれ、コースの周囲にはテントが並んでちょっとした運動会気分です。
 初級(ハードル、トンネル、ドッグウォークのみ。初めての人でも出走可)、中級、上級(JP相当)、最上級(AG相当)の4段階あり、さつきは初級以外の3種目にエントリー。脱走劇から一週間、まだトラウマは癒えておりません。もう、絶対自由にほっつき歩かせないからね。当分、紐付きです!

 中級はノーミス。上級は、スラロームでもたついたけど、まあまあの走り。
b0066826_2032635.jpg
b0066826_2034647.jpg
b0066826_2035992.jpg
b0066826_204143.jpg

(春ママ、写真、ありがとう)

 と、こういう展開で来たら、次はおわかりですね。そう、最終種目の最上級で、出ました、脱走劇が。3分の1も走っていないのに、突然観客席に向かって突進。マッタク、みんなの期待を裏切らないヤツです。そうはいっても、いつものように暴走するでもなく、ただ他の犬のハウスを訪問するのに忙しいだけ。紐付きではあるし、直ちにご用となったのでした。

 終わってみれば、なんと、中級で一席に。商品の数々です↓
 
b0066826_209223.jpg


 すぐに壊していくらでも代わりが必要なおもちゃは、うれしいですね。これに参加賞を加えると、当分おやつを買わなくて済むわ。

 さあ、今週から、アジ練再開よ! 

by sawa4482 | 2006-10-09 19:55 | スキッパーキー

寒〜いドッグラン

 何も予定のない土曜日。GWにも訪れた、岡山県の北部に位置するドッグランに行ってみようと思い立った。おかずがだし巻きとポテトサラダだけのお弁当を急拵えして、出発〜。快晴だし、気温も高くなくて心地いい。ドッグラン日和だぜぃ。
 と思えたのは、最初の数十分だけ。山間部に近づくにつれて時雨れるは、突風は吹くは、この調子ではドッグランどころか、車から出ることさえできるのだろうかと、不安になってくる。幸い、ドッグランに到着した時には、雨は上がっていた。しか〜し、何じゃ、この寒さ! いくら冬はスキー場の豪雪地帯とはいえ、寒すぎないか。おまけに、山颪がぴゅーぴゅー吹くから、寒さ倍増。でも、せっかく来たからには、走ろうね。

 三連休の初日だというのに、いや、だからこそなのか、貸し切り状態。本当に大丈夫なのか、このドッグラン? 
b0066826_15302427.jpg


バーなんか、カマキリが卵を産んでるよ。いったい、いつから使用されていないのであろうか?
b0066826_1529505.jpg


 誰もいないのを幸い、コースを組み立て、さあ、さつき、特訓よ!と、その時、いきなり風速20m(?)の突風が。せっかく組み立てたバーが、ぜ〜〜〜んぶ、倒れました(号泣)。管理人のおじさんまでが、「風で倒れて大変でしょう」と様子を見に来た。
 気を取り直して組み立て直し、仕切直しだ。スワレ、マテ、GO! あああ〜、さつきさんたら、どちらへ?帰って来〜い!(状況は、ご想像にお任せします) ぐるっと一周しても出口がないと悟ったか、戻ってきた。再び仕切直し。今度はいい感じ。できるのなら、どうして最初からしない? 競技会じゃ、二度目はないのよ(怒)。
 走り方を変えて何通りか走ってみた。紐付きのせいか、二度と脱走することなく、無事に回収。帰り支度を始めた頃、ようやく別のお客さん登場。飼い主に楽しそうにまとわりつく犬をうらやましく横目で見ながら、退場。
 せっかく作ったお弁当だったが、とてもじゃないが外で食べられるような気候ではありませんでした。

 あらゆる意味で寒かったドッグランだが、来週はしつけ教室のお友達と行くことになっている。その時には、天気がよくてみんなで楽しめるといいなぁ。

by sawa4482 | 2006-10-07 20:25 | スキッパーキー

入院

 競技会から帰った後も、さほど疲れを見せていなかったさつき。人の何十倍も走っていながら、何という奴。翌月曜日も、いつも通りでした。
 火曜日の早朝、普段なら私が出してやるまでおとなしく待っているさつきが、やたらにクレートをガリガリやってます。無視していたら、そのうちひゅんひゅんと情けない声が。おしっこしたいのかと思って仕方なく起きると、むむっ、嗅ぎ慣れたにほひが! え〜〜〜っ、クレートの中でンコしちゃったのぉ?? 道理で、犬のンコの夢を見ていたはずだわ(本当)。
 と、クレートを開けると、あ〜〜〜っ、すでに踏んでる! しかも、下痢便。けど、時すでに遅し。脱兎の勢いで飛び出すと、ンコ足のまま私のベッドの上をドタドタ、カーペットの上をうろうろ。至る所にンコスタンプをぺたぺた。ぎゃ〜〜〜〜、止まってくれ〜〜〜〜。
 やっとサークルに収納して、カーペットの掃除をした。しくしく。カーペットクリーナーを買い置きしていて助かったよ。その間にも、サークルの中でブリブリ。サークルの掃除は後回しにして、とりあえずさつきの足を洗っていたら、えくっ、えくっと変な声を出し始め、続いて、げろげろ〜〜。とはいっても朝なので、胃は空っぽ。黄色い胃液が出ただけでした。これ以上家を汚されては堪らないので、浴槽に閉じこめて、すぐさま病院へ連れて行くべきか、開院の時間まで待つべきか、しばし考えた。ぐったりしてはいない。普通の犬程度の元気はある。と言うことは、さつきにしてみればかなり元気がないことになる。しかし、嘔吐より下痢が先だし、異物や毒物より、普通の胃腸炎の可能性が高いだろう。とは思ったものの、嘔吐を繰り返すので、取るものも取りあえず、かかりつけの動物病院に向かった。道中、クレートの中でまた嘔吐して、被毛にべったり(__;)。
 時間外にもかかわらず、快く診察していただき、そのまま入院となった。

 夕方、様子を見に行くと、まだ駐車場にいる時点で、なんだか聞き覚えのある吠え声が。もしや、あれはさつきかえ? さつきの入っているケージに案内されると、点滴とエリザベスカラーを付けたまま、ケージの中をドタバタしていた。カラーがケージの格子をこすって往復するたびにばりばり音がするのだが、全然お構いなし。今朝のあれは何だったの? 「まだ、下痢も嘔吐もありません。ご飯も全部食べました。」と言われるに到って、あわてて時間外に連れてきたのが恥ずかしくなった。
 もう一晩、点滴しながら様子を見た方がいいということで、お預かりいただいた。

 さつきがいないと、静かだ。第一、手持ちぶさただ。家事もさくさくはかどって、何だか、暇を持て余す感じ。もし、さつきがいなかったら、こんなにつまらないのか。さつきが来る前は、どうやって毎日を過ごしていたのか、もう思い出せない。さつきに万一のことがあったら、すぐ次の犬を飼うだろうなぁ、などと不謹慎な考えが浮かぶが、あの調子では万が一のことなど起こりそうもない。

 翌日、無事退院してきました。レントゲンでも、異物は見あたらず、便の培養まではしていないので感染症かどうかはわからないまま。先生からは、「長旅の疲れで、日和見感染を起こしたのでは?」と言われ、レントゲンを一目見て、「太ったな・・・」。背骨の上にしっかり皮下脂肪が乗っていました。じゃあ、これからもっとアジ練をやって、やせようね(爆)。

 二三日は、消化のよい缶詰フードです。↓これが、そのフード。ダック&ライス。
b0066826_21442718.jpg

 見かけも匂いも、グースパテそっくり。小洒落た器に盛られて横にクラッカーでも添えてあった日には、間違えて食べてしまいそうです。さつきはといえば、元々がっついた奴ではあるが、それにしても目の色が全然違います。

 もうすっかり元気ですので、ご安心下さい。

by sawa4482 | 2006-10-05 21:01 | スキッパーキー

Ⅰ度への道・・・・・は、遠かった

 降ったりやんだり、時折土砂降りという天候の中、競技会が行われた。結果は、JP、AGともに失格。まあ、予想されていたことなので、結果についてはあきらめているが、問題は、その中身。

 先にあったJPでは、一つ目のハードルを跳んだらそのままフィールドの片隅に逃走。何とか呼び戻しに成功して、No2から続きを再開。スラロームの入り口で、またまた逃走。再びやっとこさ呼び戻してスラに入れ、ハードル。次はソフトトンネルだったのだが、すでに雨でぐっしょり濡れており、どの子も出るに出られなくて苦戦していた。さつきも、もごもごしていたけどとうとう入り口から出てしまい、これで三つ目の拒絶で失格。ちなみに、ミディアム以上は、ソフトトンネルがハードルと差し替えられた。初めからそうしてくれよ! そうすりゃ、もう少し行けたのかもしれないのに(怒)。 
 まあ、ここまでは許せる範囲。が、失格のホイッスルが鳴ったとたん、退場口めがけて一目散。そのまま、いなくなってしまった。はぁぁぁぁぁぁ、またかよ・・・。好きなだけほっつき歩いて、ようやく捕獲に成功。

 AGは、前半、ものすごく快調で、このままならノーミスもあり得るかも、などと邪な思いが頭をよぎった瞬間のことだった。スラに入れるために方向転換したらーーー入場口が目に入ったんでしょうなーーー猛ダッシュでいなくなったorz

6走中5走場外脱走。こんな犬は、世界中探してもいないだろうな、きっと。立腹を通り越して、脱力です。
 思うに、さつきにとっては、気ままにほっつき歩くことが最大の報酬になっている。まだ帰りたくないと思えば、一番気に入っているおやつにさえ寄ってこない。 
 ここに、陽性強化の限界を感じた。さつきがおやつより放浪を選択したら、止める手段がない。好きなだけほっつき歩いても、さつきにとって嫌なことは一つも起こらない。「一番に選んでもらえるような魅力的な飼い主になりましょう」なんてのは、姿が見えなくなったらヒャンヒャン泣くような犬には通用するだろうが、飼い主がいなくても探すそぶりさえない奴には、無意味だ。
 子犬の頃から、人にかまわれるのが大嫌いで、いつも一人でふらふらしていた。しつけ教室のアジでも、勝手にいなくなるのは日常茶飯事。それでも、以前に比べたらずいぶんましになったし、日常ではリードを離す場面がないから、正直、まあこれでいいか・・という気持ちがあった。けど、自由に歩き回っても許されると思っているとすれば、由々しきことだ。
 地底1000mから登れば、三合目でもずいぶん高い所まで来たような気になるだろう。さつきは、元々が余りにひどかったから。かなり進歩したと思っていても、実は、やっと地上に出てきただけなのかもしれない。
 親バカと笑われることを承知で言うけど、Ⅰ度をノーミス完走するだけの技術はあると思う。さつきの場合は、それより遥か以前の問題。わずかな進歩に目がくらんで(自分をごまかして)甘やかしてきたのが悔やまれる。
「勝手にほっつき歩いては行けない」
「呼ばれたら何があっても来なければならない」
を、徹底させるには、どうしたらよいのだろう。三歳半にもなって矯正するのは、大変だろうなぁorz 。

 ここを訪れて下さっている方の中には、競技会に参加されている方や、訓練士の経験をお持ちの方もいらっしゃいます。どうしたら、勝手に離れていかないように教えられるでしょうか? どうか、よきアドバイスをお願いしますm(__)m

by sawa4482 | 2006-10-01 18:56 | スキッパーキー