<   2008年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

寒いっ!

 昨日の昼過ぎから降り始めた雪が、今朝は隣家の屋根をこんな風に化粧しました。
b0066826_1902388.jpg


 先週に続いて、今年二度目の積雪だ。星さん始め、雪国にお住まいの方から見れば、こんなの積もったうちに入らないだろう。でも、温暖な地域では、冬用タイヤなど雪に対する備えがないので、わずかな積雪でもパニックになってしまうのだ。F市に雪が積もるのは、一冬に一度あるかないかの珍事。当地に越してきて十数年になるが、一ヶ月に二回も積もったのは初めてだ。
 
 雪の中でも、生き物たちは元気です。
 さつきが咲かせた梅の花。
b0066826_1944063.jpg


 ハトたちのゲージュツ作品。
b0066826_195780.jpg


 去年のような超暖冬だと、地球温暖化の影響かと心配になる。冬は冬らしく、寒くなるのが本来だ。しかし、温暖化は、単に気温が上がるだけでなく、全ての気象現象が極端になるそうだ。いつにない寒波が、逆に温暖化の結果だったら、嫌だなぁ。

by sawa4482 | 2008-01-29 19:05

犬のこんぴら参り

 先日お会いした時、るるどさんが、
「犬と一緒にこんぴら参りをするのが夢なんです」
とおっしゃっていた。申し訳ありません、その夢、一足先に私がかなえてしまいましたm(__)m
 その理由は、↓
b0066826_11302962.jpg

 現在、普段非公開の書院の障壁画を見ることができるからだ(1月31日まで)。伊藤若冲の実物を目にする機会は、一生のうちにそう何度もあるものではない。若冲の花丸図も、岸岱の群蝶図も、それは見事であった。しかし、寒かった。この日はそれでなくても気温が低かったのに、一日中日が差すことのない書院の中は、氷室のよう。江戸時代に生まれなくてよかったと、つくづく思った。
 何時間車の中で待たせることになるかわからないので、さつきも連れて行って、書院に入る間は、母と代わり番こにさつきのお守りをした。書院を見学した後、私だけさつきを連れて本宮まで上がった。金刀比羅宮といえば、785段の石段で有名だ。といっても、一気に上がるのではなく、数段上がったら踊り場、数十段上がったらまた踊り場、という造りになっている。書院は、丁度中間点あたり。階段で骨折して以来、さつきには階段上り下りをさせないことにしている。この日も、数段のところは自分で上がってもらい、長い部分は抱っこして上がった。
 自分で上がる時は、やっぱりぐいぐい(__;)
b0066826_11541469.jpg


 どーして、わざわざそんな狭い場所を上がるかね?
b0066826_11551326.jpg


 本宮前にて。
b0066826_11561814.jpg


 下りは、ほとんど抱っこして下りた。抱きやすいようにドッグスリングに入れたのだが、座ってりゃいいものを中で突っ立ってるもんだから、飛び出しそうで歩きにくいったらない。それでも、直に抱っこしているよりは遙かに楽だった。何だか、やたらに注目されているような気がした。さつきと待っている間にも、色んな人に話しかけられた。珍しい犬種だから尚更だろう。ちなみに、他に見かけた犬連れは、マルチーズを抱っこしたおじさん一人だけだった。
 昼食は、せっかく香川に来たんだから讃岐うどん。もちろん、これも交代制。うどんの写真、ありません。撮ろうと思っていたのに、うどんが来たらそんなことはすっかり消し飛んでしまった。ま、いつものことさ(○`ε´○)

 帰り、瀬戸内海の見える鴻ノ池SAのドッグランでさつきを放牧した。さすがのさつきもお疲れだったのか、あまり喜ばず。
b0066826_1210476.jpg


 ところで、江戸時代には、金比羅さんにも、お伊勢参り同様、「犬の代参」というのがあったという。「犬の代参」というのは、自分で参れない人が、代わりに犬を使いに遣ること。道中、行きずりの人が犬の面倒を見てくれたそうだ。これ↓は、それにちなんだ「こんぴら狗」。本宮でしか手に入らない(はず)。
b0066826_1202141.jpg


 犬の代参があったくらいだから、犬を連れてお参りしてもかまわないだろうと思ったのだが、現代の犬のこんぴら参りは、代参どころか、飼い主に抱っこされての過保護なお参りなのであった。

by sawa4482 | 2008-01-26 23:17

OPDESの奇跡


 初参戦です。こちらからは、監督(お師匠様)以下、人6人、出走犬3頭という、普段の半分以下の小チームとなった。JKCには出てても、チームテストを受けていない人がいるから。OPDESの参加者が減っているのは、やっぱりチームテストという関門を設けたからだと思うぞ。

 ドラハ入りすると、2リンクの内、2度・3度が行われる方の周囲は隙間なく場所取りしてあったが、もう一つのリンクの周囲は閑散。ゆったり場所取りできた。JKCだと、場所取りだけで殺気立っていて、その内流血の惨事が起きるんじゃないかと思うくらいなのに。
 受付がすむと、まずは体高審査。それでなくても「タッテマテ」が苦手なのに、知らない人が変なスケールを持って近づいてくるのだから、さつきがじっとできるわけがない。うごうごしているうちに計測が終わり、
「33cmです」
「ええ〜〜っ、CAPより大きいはずない!」

 思わず叫んでしまった。それじゃ、ってんで、計測やり直し。メジャーの目盛りを睨みつけるTanuko。31cmの所からじりじり下がり、ついに30cmの所で止まった。やった! だって、30cmを越えるか越えないかで、ハードルの高さが10cmも違うんだも〜〜ん。目力で体高を決める女、Tanuko σ(^◇^;)

 さつきが出走するJP1は、朝一。前回の反省を踏まえて、検分が終わってからぎりぎりに車から出すことにした。参加者が少ない分静かなせいか、前回とは別犬のように私が持っているチーズに集中している。いい傾向だ。



 結果は、なんと、1位でした。といっても、OPDESは体高によるクラス分けが細かいので、ミニクラスには14頭しかいなかった。しかも、その内半数くらいが失格に。それでも、優勝は優勝です。こんな高いところに上がれるのは、もう一生ないかも。
b0066826_1441580.jpg


b0066826_14432272.jpg


JKCのロゼッタより立派なメダルがもらえる。
b0066826_1240621.jpg


 OPDESは、一種目終了ごとに表彰がある。全部終わるまで待たなくていいので、この方式は有り難い。取りあえず一種目は無事に終わったので、一安心。CAP君は、JP3でいい走りを見せたのだが、惜しくも4位だった。

 続いて、AG1。さつきのチーズへの集中、まだ途切れていません。が、AGなのでシーソー登場。他の犬が走ってガッタンというたび、耳がぴくぴくしている。大丈夫かなぁ〜〜?



 ポイントは、スラの入りと、13番トンネルの入り口から14番ハードルまでがやたら長いこと。しかも、トンネルを出たら退場口が犬の視野に入る。お師匠様が退場口に仁王立ちになり、ハンドラーは必死に呼ぶ作戦で、無事クリアできた。
 結果は、2位。
b0066826_12464767.jpg

 一位とは2秒近いタイム差があったので、仕方ない。それにしても、最初にして最後だろうなあ、こんな奇跡。

 AG1が終わる頃には、雪がちらつき始め、広島方面は積もっているという話だったので、表彰が終わったらそそくさと荷物をまとめて会場を後にした。そのため、この後行われたAG2とAG3のCAP君の走りが見られなかった。競技会場で会うのは、いいようでよくない。出走前はみんな緊張しているのでゆっくり話ができないし、自分の出番と重なったら、他の犬が見られない。日吉ちゃんとは、挨拶しただけで終わった。せっかくだから、3頭そろい踏みで写真を撮りたかったのに。
 
 ところで、ビギナーを見ていたら、スタートの合図と同時にくるっと回れ右して脱走するワイマラナーあり、トンネルを出たとたんリンク中を駆け回るボルゾイあり(どちらもアジに向く犬種とは思えないが)、さつきもここでデビューしていたら、そんなに目立たなかったかも(笑)。
 OPDESは、「楽しもう」という雰囲気が強くて、初参戦でもあまり緊張せず楽しめた。また来たい。けど、3月は同じ頃にJKCがあるから参戦できない。
 ヒペリカムさん、またいつかOPDESでお会いしましょう。

by sawa4482 | 2008-01-20 23:29 | スキッパーキー

犬三昧の週末

 スキッパMLをご覧の方はご存じだろうが、今週末、ゆききさんとキヨハラくんがはるばる東京から四国にいらっしゃった。土曜日は、翌日のOPDESに備えて滋賀入りする予定だが、この機会を逃すと、二度とキヨハラくんに会えないかも。滋賀には、瀬戸中央自動車道→四国→神戸淡路鳴門道の経路で行けばいい。そうすれば、一度も通ったことのない明石海峡大橋が通れるし。
 ということで、急遽ミニミニスキッパオフin徳島が実現した。
 待ち合わせ場所の公園の駐車場に着くと、黒い小狸を連れた人の姿が! ところが、駐車場所を探しているうちに、見失ってしまった。しか〜し、そこはさすがスキッパ。ワンワンキャンキャン吠える声が聞こえて、すぐに居場所がわかった(笑)。この日集まったのは、ゆききさん&キヨハラ君と、るるどさん&フィオ君、それにTanuko&さつき。合流の後、芝生広場に移動。
 フィオ君は、おナベといえども唯一の女子であるさつきが気になって仕方がなく、隙あらば後ろに乗ろうとする。おとなしく乗られる女王様であるわけがなく、その都度フィオ君を一喝。フィオ君、怒られても怒られてもあきらめません。キヨハラ君はそういうフィオ君の態度が気に入らないのか、しきりに吠える。吠えながらクルクル回るあたりは、さすがはレノン君の同胎。クルクルは、血筋だったのね(笑)。
 さつきの基本態度は、「無視」。得意の「見ないフリ」で、二頭と目を合わせようとしない。立ち話をしている私の足下に伏せたまま。「足下にフセをしていたらイイコトがある」という学習がここまで強化されていたとは、飼い主でさえ驚いた。
 飼い主たちは、順番によその犬を抱っこ。どの子も、明らかに迷惑そうなのが、いかにもスキッパで笑えた。キヨハラ君は、すっかりフケフケに。

 ゆききさんに抱っこされるさつき。いかにも迷惑そうな顔(笑)。
b0066826_13185212.jpg


 るるどさんに抱っこされるさつき。決して目を合わせようとしない。なかったことにしたいらしい。
b0066826_1319318.jpg


 この後、キヨハラ君がるるどさんにお勉強を教わる間、ゆききさんはフィオ君を連れて遊びに行ってしまった。
b0066826_13323386.jpg


 ↓奇跡の3ショット。
b0066826_13345249.jpg


 サラちゃんは、るるどさんちのシェパ。もう11才だって。とってもお利口さん。ナデナデしても全然嫌がらなかった。若い頃は後を人が通ってもビックリして飛び退いていた犬とは思えない。るるどさんの愛情の賜物だね。
「サラは放してもどこへも行かないけど、フィオは恐くて放せない」
とおっしゃる。全く同感!
 公園といっても、海に面して何千坪あるのか見当も付かないだだっ広い芝生広場。柵もない。さすがに今ならさつきも「行ったきり帰ってこない」ということはないだろうが、駐車場で交通事故に遭うかも。キヨハラ君は、ゆききさんが時々リードを持っていなくてもゆききさんの側を離れなかったが、さつきは、

 恐ろしくてとても放せません!

 2時間ほど公園にいて、るるどさんの案内で昼食のために移動。海沿いにあるので、新鮮な魚が自慢の店だった。何もかも、量が多い! 刺身も食べたかったが、注文しなくて正解。食べ切れませんでした。
↓地元の人でもめったにお目にかかれないアサヒガニ。私も、食すのは二度目か三度目。身が詰まっていて、たいそう美味です。
b0066826_13492948.jpg


 スキッパ談義に花が咲いて、あっという間に時間が経つ。夕食までに滋賀入りしたかったので、名残惜しかったけど3時過ぎに解散した。ゆききさん、遠路はるばるよく来てくださいました。るるどさん、色々お世話になりました。またお目にかかりたいですね。

 中四国にもスキッパは生息しているが、まばらだもんな〜。やっぱり、黒いワラワラに囲まれてみたいぞ。こうなりゃ、東京遠征しかない!?

おまけ
 ゆききさんにいただいたおもちゃ。一瞬にしてベリーの部分を食いちぎられそうで、もったいなくて与えられない。
b0066826_17192720.jpg

by sawa4482 | 2008-01-19 12:59 | スキッパーキー

ダーシェンカ

 何年も前からリビングにかかっている3枚の絵。
b0066826_13103850.jpg


 伊豆に旅行に行った時、カシニョール美術館で買ったと記憶している。伊豆土産が額ってのも変だが、カシニョール美術館で売っていたというのも謎だ。
 それは置いとくとして、買った時には、「おお、この作者、知ってるぞ。有名人。」と思ったはず。なのに、色こそ違うがやることが絵そっくりの犬に振り回されているうちに、すっかり失念してしまった。
 先日、ある人のblogで偶然同じ絵に遭遇した。そうだ、
 カレル・チャペック
でした。「ロボット」という言葉を創造した人、と言った方が通りがいいかも。

 思い出した勢いで、本を注文した。
b0066826_13165343.jpg

 ところが、この二冊、出版社と訳者が違うだけで、全く同じ内容orz

 犬に対する考え方が現代とは違うことを感じさせる記述が所々に出てくるけど、ユーモアあふれる楽しい本です。チャペックの他の作品も読んでみたくなりました。

by sawa4482 | 2008-01-13 13:20

明けましておめでとうございます

b0066826_10482350.jpg


 松の内も過ぎて、今更ですが・・・ (^_^;)
 旧年中、ここを訪問して下さった皆様、ありがとうございました。今年もよろしくお願いします。

 私が赤倉でのんきにスキーをしていた間に、東京では「大(急な呼びかけ&生息数からすれば、そう言っていいと思う)シッパ集会があったのですね。例え信州に行っていなくても、集会には行けなかったと思うが、それでも残念だ。

 年末年始、さつきは足かけ6日間もお師匠様のところに預けられました。そして、何頭もいる大小の犬たちから、犬同士の付き合い方を厳しく指導してもらったらしい。もっと鍛えてもらって、適度な距離を取ることを学びなさい!

 訓練所の犬たちと。全員おやつ目線ってのが、笑える。
b0066826_10553314.jpg


 暮れに、バディちゃん(右)も遊びに来た。
b0066826_10572296.jpg

 もう、3.5kgもある。顔はさすがにお子ちゃまだけど、体長と体高はさつきとそんなに変わらない。さつきが生後5ヶ月の頃は3.5kgもなかったから、さつきより大きくなるに違いない。飼い主さんは、大きくなることを歓迎しているから、せっせと水やりゴハンやりに精を出していることでしょう。

 今年も、アジ三昧の一年にしたいものだ。しかし、それには健康が一番ということを、去年は嫌というほど味わった。自分もさつきも故障しないように気を付けて、練習頑張ろう!

 初戦は、1月20日のOPDES(初参戦)です。

by sawa4482 | 2008-01-08 10:51