<   2008年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

妹分

 全国の、そして遠くはアメリカ在住のスキッパーキー飼いのみなさん、


 ゴメンナサイっっ!




 ワタクシ、とうとう寝返ってしまいました。



       さつきの妹分は・・・



    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓





b0066826_23263945.jpg


 コーイケルホンディエのエアリアルと言います。仮トイレから、失礼します。

 この家には、恐〜いお姉ちゃんがいるという話なので、気をつけなくちゃです。
b0066826_2329499.jpg



 本格的に競技を始めて約2年。ず〜〜〜〜っとさつきの脱走癖に悩まされながらも、いつかは立派なアジ犬になってくれるに違いない、技術はいい物を持っているんだから、と信じて、ずいぶん努力してきました。しかし、今年になってからの目を覆うばかりの悲惨な結果。競技会に出る度に、
「競技を続けるんだったら、他の犬にした方がいいんじゃないか」
という思いがどんどん膨らんでいきました。例えさつきが優秀な犬であっても、5才という年齢を考えれば、そろそろ次の犬を育成し始めなければならない時期です。
「次犬を飼おうか」
「いやいや、今でも犬貧乏なのに、これ以上は無理」
という考えが交互に浮かびます。
 次犬を飼うとしても、どの犬種にするかは大変悩みました。ただの家庭犬なら、スキッパーキーがいい。でも、競技となると、またスキッパーキーで煮え湯を飲まされたら、今度は立ち直れない。自分の精神安定のためには、飼いやすそうな犬種にして、小休止したい気持ちも否定できない。

 一番大きな問題は、さつきの気持ちでした。ここ一年くらい、せっかく落ち着いてイイコになったのに・・・やっと、「テレビを見たり読書したりする私の傍らで犬がくつろぐ」という理想型が出来上がったところなのに・・・家庭犬としては何の不満もないのに・・・。なわばり意識が強くて社交性に乏しいさつきには、他の犬との同居はストレスになるんじゃないか?

 毎日心が揺れました。

 エアリアルの存在を知ったのは、全くの偶然でした。
 OPDESの競技会前の最後の練習でまた脱走し、これまで堪えに堪えていた堪忍袋の緒がついに切れた私は、帰宅するやいなや、PCの前に陣取り、ブリーダー探しを始めました。その時点ではまだ犬種を決定していなかったのですが、前々から気になっていたコーイケルホンディエ。しかし、スキッパーキーほどではないとはいえ珍しい犬種故、どこにブリーダーがあるのか見当もつきません。そこで、以前参加したJKCのアジ競技会のプログラムを引っ張り出して、2度3度を走っているコーイケルを探し出し、ある犬舎が目に留まりました。さっそくHPを見ると、何と、8月1日生まれの、丁度もらい頃の子犬がいる!しかも、福岡県!わざわざ子犬を見るためだけに行くのは躊躇する距離だけど、折りも折り、競技会で福岡に行くではありませんか!
 これはもう、運命に違いない。 
 さっそく電話したら、快く見学を受け入れてくださいました。

 原鶴の競技会を終えて、ブリーダーの所に向かいました。同胎5頭のうち、メス2頭が残っていました。二頭とも、尻尾をブンブン振って、初対面の人にも全く物怖じしません。体のやや大きい方が、より活発に見えます。呼べば、大きい方は何のためらいもなく寄ってきました。盲導犬の候補を選ぶ時には、呼んですぐ駆け寄ってくるような子より、一瞬考えてから来るような子が望ましいそうです。だが、私は盲導犬を選んでいるのではない!!!どこへ行っても動じない、大胆な犬が欲しいのだ!さつきで懲りたから、音響シャイな犬もお断り。ブリーダーさんが席を外した隙に、手を叩いて大きな音を出したら、大きな方は、尻尾が一瞬下がったもののすぐ元に戻り、小さい方はしばらく近寄ってきませんでした。活発なのは大きい方だけど、二頭の様子を見ていると、大きい方は小さい方にマウントしたりして、将来手を焼きそうだなぁ。家庭犬なら、小さい方が扱いやすいかも。
 などと、見れば見るほどどちらにするか散々迷った末、一応、大きい方をもらうことで仮予約して、辞去しました。

 その後、北海道に行っていたのは、前述の通り。しかし、この時点ではまだ迷っていました。さつきの様子とらずこさんの意見次第で、最終的に決めようと思っていたのも、前述の通り。そして、らずこさんの、
「Tanukoさん、二頭目飼った方がいいと思うよ」
の一言で、「多頭飼い」という未知の世界に飛び込んでいくことになったのでした。

 北海道から帰って中二日おいただけで、福岡に迎えに行きました。さすがに日帰りできる距離ではないので、翌25日に連れて帰りました。
 
 5時間以上の道中、車酔いもせず、全く吠えることもなく、お利口に連れてこられました。初めて来たよその家。バリケンの扉を開けると、一瞬ためらってから、おずおずと出てきました。鉄砲玉のように飛び出したさつきとは、大違いです。

 しばらくすると、


 鏡に映る自分の姿を、残してきた姉妹と思っているのでしょうか? 初めてつけられた首輪も、気になって仕方ありません。

 一方、さつきはというと、

 初めて見るイキモノに、どう接したらいいのか困っている様子(笑)

 しばらくしたら、お互い初対面で疲れたのでしょう、それぞれのハウスで仲良くお休み。
b0066826_0281467.jpg


 昨日までの、静かで平和な暮らしにおさらばです。さつきのこんなお姿も、もう見られないでしょう。
b0066826_029524.jpg

by sawa4482 | 2008-10-25 23:20 | スキッパーキー

さらば、北海道

 5泊6日の長逗留も、いよいよ終わりです。

 北海道を離れる日の朝、N○Kがらずこさんのやっている「ダイエット合宿」の取材に訪れた。
b0066826_22494018.jpg

b0066826_22495100.jpg


 「他の犬は楽しそうに走り回るのに、メタボ犬はすぐ疲れてしまう」
という構図が撮りたかったらしいが、なかなか思ったような絵が撮れず、結局、らずこさんが私を空港まで送る往復の時間を除いて、朝から夕方までいたそうだ。獣医や、ダイエットに成功した犬の飼い主へのインタビューも含めて10分ほどのコーナーなのに、大変だねぇ。

 足かけ6日間もいたのに、ムジカちゃんとさつきの絡みは、ほとんどなかった。お別れ前に、二頭を一緒にしてみた。

 ムジカちゃん、さすがは広島系、見事な垂直跳びです。
b0066826_20321124.jpg


 しかし、ムジカちゃんの移動速度がさつきの倍くらい速いものだから、さつきの上に着地したりして、
b0066826_20331370.jpg


 やっぱり、こんなことに。
b0066826_20334454.jpg

 
 二人とも、顔、恐いよ。

 遠近法の関係で、ムジカちゃんの方が大きく見えますが、
b0066826_20342883.jpg


 真上から見ると、一目瞭然。さつきの方がでかい。
b0066826_20351060.jpg

 この時、ムジカちゃんは3kg切っていたから、さつきの半分ちょっとしかない。

 空港まで送ってもらう車の中で、らずこさんが言った。

「Tanukoさん、二頭目飼った方がいいと思うよ」

 もう一頭いれば、さつきちゃんから気が逸れるから、さつきちゃんの行動がいちいち気にならなくなるかもしれない。 
 さつきちゃんにかかるプレッシャーも、少なくなるだろうし。
 さつきちゃんのいいところを、再発見できるかも。「こんなにできる子だったんだ」って。


 同じようなことを、お師匠さまからも言われていた。実は、半分その気になって、原鶴の帰りにあるブリーダーの所に寄って、どの犬にするか仮予約まで入れていた。最終的には、北海道に来てから、らずこさんの意見と、さつきの様子を見て決めようと思っていたのだ。清水の舞台の欄干の上に立っていた私の背中を、らずこさんが、ポンっと押してくれた。
 

by sawa4482 | 2008-10-21 12:10 | スキッパーキー

北海道の愉悦

 20日は、コンペの翌日とあって、ドッグスクールはお休み。らずこさんが、名物漁りに連れて行ってくださった。目的地は、登別温泉街にある「温泉市場」。何年か前、登別温泉に泊まったことがあるけど、ここは知らなかったなぁ。
 本州ではまずお目にかかれない、氷魚(こまい)、オスのシシャモ、それに特大サイズのホタテにすっかり舞い上がるTanuko。あきれ顔を隠しきれないらずこさんを尻目に、どうせ同じ送料がかかるならと、ひたすら買いまくる。発送手続きを待つ間に、生け簀から上がったばかりの殻付き牡蠣を焼いてもらった(いつものごとく、食べるのに夢中で画像なし)。広島県は、牡蠣の養殖量日本一を誇るが、味は厚岸産の勝ち〜。ビールも飲んだというのに、らずこさんの、「うまいよ〜」の一言にあっさり誘惑され、「生ちちソフトクリーム(←ネーミングが生々しすぎw)」まで食してしまった。
 その後、蝦夷鹿バーガーを求めて移動するも、北海道はすでに観光シーズン終了と言うことで、店が閉まっていた。またも温泉市場に舞い戻り、海鮮丼で昼食。
b0066826_22423312.jpg


 身も心も、すっかり満たされたのでした。

 結局、食い物ネタかよ!

 再び、「何しに来たんだっけ?」

 時間の許す限り特訓かと思いきや、結果的には、日常ではあり得ないのんびりした時間を過ごさせてもらった。さつきは、のびのびと幸せでいられたはず。らずこさんには、いくら感謝しても足りません。

by sawa4482 | 2008-10-20 20:22 | スキッパーキー

アジQ

 19日は、アジQでした。よく知らないけど、U人さんを中心として、札幌付近のアジ教室が集まる内輪のコンペみたいなものらしい。参加者のほとんどが顔見知りのようだった。せっかく来ているのだからと、さつきも出走してみた。「アジQの2度はJKCの3度並に難しい」そうなので、ビギナー2とAG1に出ることにした。何しろ、さつきも私も、心のリハビリ中。気持ちよくノーミス完走して帰りたいじゃないの。ビギナーだったら、いくら何でもノーミス完走できるだろう。しかも、らずこさんの計らいで、特別に紐付きにしてもらったんだから(脱走常習者ってことで)。

 と・こ・ろ・がっっっっ!!!

 カーブの所でハンドラーが構想と違う立ち位置に行ってしまい、違うバーを跳んだと思ったら、場外脱走。なんせ、ネットじゃなくてロープで囲ってあるだけだから、どこからでも逃げ放題〜(号泣)。
 アジQの有り難いところは、出走料さえ払えば、再チャレンジできること。野口英世さん一枚持って、もう一度スタートラインに。今度は、どうにか完走。

 ビギナーとJPが終わったら、午前の部終了。アジQの「Q」は、BBQのQなんだけど、この日は、BBQではなくて、北海道名物石狩鍋だった。
b0066826_1843391.jpg


 それと、北海道まで来てなぜかお好み焼き。
b0066826_184571.jpg


 お腹も一杯になったところで、いよいよAGです。今度こそは、今度こそは・・・・・・・




バーを一本も跳ぶことなく、退場。





  orz






 駐車場を逃げ回るさつきを必死に追いかける。最後は、らずこさんがクレートに捕獲してくれた。こんな場面、何度経験したことだろう。

 高い旅費を払って、わざわざ恥をかきに来たのか!?

らずこさんがいなかったら、今頃さつきの頭と胴体は離れ離れになっていたはず。頭から溶岩を吹き出しながら、英世さん一枚持って、受付に走る。



 できるのなら、なぜ最初からやらない! 

 どっと疲れるアジQだった。こちらに来てからずっと、北海道とは思えない暖かい日が続いていたのに、この日は冷たい風が吹いた。私の心にも、冷たい風がぴゅーぴゅー吹き付けましたとさ。

 ムジカちゃんは、難しい2度をノーミス完走しました。扱いにくい犬種とはいえ、やはり飼い主の素質がものを言うのであろうか?
b0066826_18545123.jpg

by sawa4482 | 2008-10-19 18:34 | スキッパーキー

アジリティ虎の穴

 原鶴から帰って中一日置いただけで、翌々日には北海道に移動。目的は、ムジカちゃんを優秀なアジリティスキッパに育て上げたらずこさんにさつきを見てもらうこと。その結果で、さつきを引退させるかどうか、二頭目を飼うかどうか、飼うならスキッパーキーにするか別犬種にするかを決める、大切な旅だったのだ。

 らずこさんとこのアジフィールドは、こんな感じ。紅葉まっさかり。
b0066826_19115424.jpg


 さすがは北海道、何もかも本州とは規格が違う。
 例えば、一番近い家まで400m離れていたりとか、ペットが道産子だったりとか(本当)、
b0066826_19123244.jpg


乗馬クラブの木立にこんなでっかいシイタケが自生していたりとか、
b0066826_19134194.jpg

(大きさの比較のために置いたのは、登別の地ビール缶)

らずこさんの敷地の隅にも食べられるキノコが群生していて、
b0066826_19143139.jpgb0066826_19144481.jpg







それがサケやホタテとともに晩ごはんになったりとか、
b0066826_1921019.jpg


自然が一杯でのびのびしていて、いるだけで気分が晴れる環境だった。
 
 着いた翌日だったかな、
「じゃ、ちょっと簡単なシークエンス走ってみましょうか」
と言われて、リードを離したとたん、
出たーーーーっっっ
ハードル一基跳んで、そのまま放浪の旅に。車道からかなり引っ込んでいるからいいようなものの、柵も何もない広い敷地内を、とっとことっとこどこまでも〜。ああ・・・・orz

 「こういう子は、障害を跳ばすより、アジフィールドの中で服従をした方がよい」
というアドバイスで、服従、それも、脚側なんかどうでもよいから、ひたすら呼び戻しに力を入れる。戻ってきたら、褒めておやつ。障害の前でマテをさせたり、歩いている最中にいきなりコマンドで跳ばせたり、を繰り返す。これを、一日のうち、ほんの短い時間だけする。後は、こんなことをして遊んでばっかり。
b0066826_19252263.jpg


 でもって、飼い主は一日の大半を漫画を読んで過ごす。

 えーと、何しに来たんだっけ? あ、アジだった。「虎の穴」というより「家猫の穴」だね。 いや〜、本当にのんびりできて、癒されました。「こんなに一生懸命やってるのに、ちっとも直らない。本当にさつきって、ダメな子。」と煮詰まっていた心がほぐれたのが、一番の収穫だった。

 アジリティらしいことも、一日だけやった。アジQの様子は、続きで。

by sawa4482 | 2008-10-18 12:23 | スキッパーキー

10月の行動

 2週間の間に家にいたのは3日間。総移動距離約4500km。どうしてこんなことになったのかは、追々upするとして、まずは12・13両日、福岡県原鶴で行われたOPDES競技会の報告から。

 一日目はAG1・JP1・AG2に出走。AG1とAG2は、長い放浪の末、どうにか制限時間内にゴールした。JP1に至っては、バーを一本も跳ぶことなく、失格に。余りのことに、完走したAGすら、順位を確認しておりません。(▼▼メ)

 二日目。最初のJP2は、久し振りによいテンションで、2位にぶっちぎりの大差を付けて優勝でした(^^)v
 しか〜し! AG2は、またまたバーを一本も跳ぶことなく失格でした。そもそも、出走前から、暑いせいかやる気は急降下。公式練習用ハードルを跳ばせて、せっかくどうにかいい感じに持っていったのに・・・
 何とも不運なことに、リンク入り直前にすぐ側でハンドマイクの放送をされ、びっくりして、耳は完全にぺったんこ。リンク入りすら嫌がるのを無理矢理引きずり出しても、まともに走れるわけないよね(__;)。散々リンク内を放浪したあげく、やっとの思いで退場させたら、今度は捕まりゃしない。一緒に行った仲間とウェンディちゃんママも協力してくれて、十数分後に捕獲した。
 完全にハンドラーの判断ミスです。ハンドマイクを持った人がいることに気付いていたのに、そして、一瞬、「ここで放送されたら、さつきがパニックになるかも」という思いが頭をよぎったにもかかわらず、離れた場所に移動しなかったミス。そして、犬の状態を見て、「棄権します」と言えなかったミス。
 確かに、そうなんだけど、毎回毎回犬の機嫌を取ってやる気を引き出さないと走ってくれないなんて、あああ、何てやっかいな犬なんだ。

 この日は、CAP君も、集中を欠いて迷走する場面があった。
「やっぱり、スキッパーキーはあかんなぁ」
と、慰め合うヒペリカムさんとTanuko。
 とはいえ、CAP君はさつきに比べたら遙かに出来がいいんだけどね。

 競技を続けるつもりなら、二頭目を飼った方がいいのかなぁ。毎回、「今日は逃げないかしら」とハラハラしながら走るのには、もううんざりです。表彰台に上がりたいとは言わん、私は、楽しく走りたいだけなのに。さつきが楽しく走ってくれて、走れなくなったら一緒に年を取っていくのが、一番の望みなんだけど、いい加減見切りを付けるべきか。それに、たとえさつきが優秀な犬でも、年齢を考えるとそろそろ次の犬を育成しないといけない時期だよな〜。

 と、ますます「二頭目」と言う文字が頭の中で膨らんだ大会でした。

 唯一まともに走れたJP2をご覧下さい。

by sawa4482 | 2008-10-13 11:49 | スキッパーキー

デストロイヤーさつき

一日中あめだったから、えねるぎーがあまってるの。
b0066826_13475732.jpg


ウガ〜〜〜〜
b0066826_13484038.jpg








      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




アーメン
b0066826_1351064.jpg

by sawa4482 | 2008-10-05 20:46 | スキッパーキー