<   2008年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

お守り

 もしさつきが引き受けてくれなかったら、私はエアリアルの甘噛みの対象になっていただろう。犠牲となる家具も、もっと多いに違いない。こんな風に・・・↓
b0066826_1285612.jpg


 目が覚めている限り、さつきに戦いを挑むエアリアル。さつきもよく耐えてるな〜と感心する。二頭でガウガウ言っている間は、変な場所にウ○コされる心配はないし、家具も壊れない。その代わり、タオル、バスマット、ベッドカバー、毛布・・・ありとあらゆる布製品が犠牲に(号泣)。

 仲良く破壊活動中↓
b0066826_12155383.jpg


   ・ 
   ・
   ・

 「仲良く」???

 んなわきゃー、ない!



 初めは遠慮がちだったさつきも、最近は容赦ない。おもちゃの取り合いは、本気だ。時々エアリアルがしつこくしすぎると、「ウ〜〜〜、ウ゛ァン!」と怒っている。そういう時は、さすがにさつきの方がまだ強い。

 さつきがお守りをしてくれるお陰で、その間家事ができて助かるのだが、犬同士でばかり遊ばせていると、人と関わるより犬といる方が好きな犬になってしまうそうだ。だから、一日のうちいくらかはそれぞれの犬と一対一で遊ぶ時間を作るようにしている。
 この時間配分が、なかなか難しい。特に、エアリアルが来てからさつきが「要らない子」感を抱かないように、神経を使う。さつきをクレートに入れてエアリアルのの相手をする間、さつきは大体静かに待ってくれる(たまにクレートをバリバリ引っ掻いているけど)。内心、どう感じているかわからないけどね。逆の場合は、エアリアルがキューキュー鳴いてうるさい。

 あー、犬の隔離部屋が欲しい。

by sawa4482 | 2008-11-28 23:05 | スキッパーキー

大物の予感

 すぐ側で掃除機がガーガー言っているのに・・・
b0066826_22423676.jpg

by sawa4482 | 2008-11-26 22:40 | スキッパーキー

両手に犬

 多頭飼いする前、さつきと子犬との関係が一番の心配事だったが、自分とさつきとの関係に変化が表れるかもしれないことが、もう一つの不安材料だった。子犬が可愛すぎて、さつきのことを構わなくなるんじゃないかとか、そのせいでさつきがグレるんじゃないかとか・・・

 しかし、意外にそういうものでもないのね。むしろ、さつきがこんなに色んなことができる子だったのかと驚いている。「ハウス」と言えば、エアリアルとのバトルの最中でもハウスに入るし、トイレは見てなくても百発百中外すことはない。これだけでも、どんなに楽か! さつきならできて当たり前のことが、エアリアルにはできない。五年間の学習の成果は大きい。
 
 「学ぶ」の語源は、「真似ぶ(=真似をする)」だそうだ。
 犬にも、人間同様、他の犬や人がすることを見て学習する能力がある。例えば、さつきは、私が食卓に着いている間は足下でフセをすることになっている。それを見ていたエアリアルは、小さい脳みそで、
「どうしてお姉ちゃんだけご褒美がもらえるの?」
と考えたのだろう。
 見つめてみる→もらえない
 吠えてみる→もらえない
 ひっかいてみる→もらえない
 座ってみた→もらえた

 うちに来て一ヶ月も経たないのに、足下に座って待てるようになった。

 並列
b0066826_21232455.jpg


 直列
b0066826_2123483.jpg


 待ちきれない
b0066826_21241094.jpg


 二頭の間のびみょーな距離が、二頭の関係を物語ってますな(笑)。

 更に一週間も経つと、
b0066826_21252214.jpg

b0066826_21253610.jpg


 大分距離が縮みましたな。
 
 キッチンでも、
b0066826_21262777.jpg


 二頭にまとわりつかれる幸せ! 例え、それがフード目的であろうとも(爆)

 さつきにとっても、悪いことではない。エアリアルはまだ数秒しかじっとしていられないから、度々フードをやるようになる。すると、その間じっとフセをしたままのさつきにご褒美をやらないわけにはいかないから、さつきも度々もらうようになる。
 しかし、これにはとんだ落とし穴があった。
 右手でエアリアル、左手でさつきにフードをやり続けると・・・・

 私がご飯を食べる暇がありません!

by sawa4482 | 2008-11-25 12:33 | スキッパーキー

さつきの変化

 仕事に行かない日は、一日の大半を犬の世話に費やしている気がする。一週間があっという間に経って、最近曜日の感覚がおかしくなってきた(¨;)

 エアリアルは、モリモリ食べて、モリモリ出し、ぐんぐん大きくなっていく。もう、全然ひょろひょろしていない。日に日に子犬らしさが失われてきた。放っておけば、一日中さつきにバトルを挑んでいる。さつきが疲れて相手をしなくなっても、一人で走り回っている。訓練らしいことは、何もしていない。ま、しばらくは、毎日が楽しいと感じてくれるだけでいいと思っている。
 さつきだって、いくら子犬じゃなくて変なイキモノだったとはいえ、この月齢の頃は、走り回ったり遊んだりしたかったろうに。あの頃の私は、仕事とさつきの踏み踏みンコの始末に追われて、さつきと遊んでやるゆとりがなかった。いつも楽しそうなエアリアルを見るにつけ、さつきには可哀想なことをしたと心がうずく。

 さつきはといえば、エアリアルが体格も体力も敏捷性も次第に対等になってくるので、うかうかしていたら女王の座を奪われるかもしれないことに、遅まきながら気付いたようだ。
b0066826_18501883.jpg
b0066826_1850366.jpg
b0066826_18505516.jpg
b0066826_18511422.jpg
b0066826_18513036.jpg


 このおもちゃ、はかなくなった靴下を丸めただけ。以前のさつきだったら、鳴らないand/or壊れないおもちゃには、すぐ興味を失っていた。しかし、エアリアルと取り合いをするうちに、以前はすぐ飽きていたこんな物にも執着するようになってきた。簡単に手に入るものは大切にせず、なくしそうになって初めて惜しくなるのは、人も犬も同じのようだ。

by sawa4482 | 2008-11-18 18:38 | スキッパーキー

ありがたいキャラメル

 北海道から帰ったばかりだというのに、地元のデパートで北海道物産展があった。今話題の花畑牧場の生キャラメルも、一日限定1000個で販売されるという。しかし、ロイズのチョコポテチでさえ、開店と同時に売り切れるくらいだ。生キャラメルに至っては、どれだけ早く行って並ばなければならないことか! 新千歳空港の行列を見ただけで買う気を失ってしまったTanuko。並ぶのは、嫌いなんだよ。

 しか〜し、世の中には勇気ある人もいるものだ。友人の一人が、意を決して生キャラメルゲットのミッションを敢行することになった。10時開店だというのに、9時から整理券を配るという。友達が8時半にデパートに行ってみると、すでにこの有様↓
b0066826_15334129.jpg


 まだ整理券を配ってもいないのに、
「ホワイトは、もうありません」
と、アナウンスが。

 やっと正面入り口が開いても、そこから催事会場に上がるのも行列、キャラメルを入手するのも行列、レジも行列……

 そんなこんなで、彼女がようやく生キャラメルを自分の物にできたのは、到着してから
 3時間後!
だった。

 これが、そのありがた〜〜〜い生キャラメル↓
b0066826_1537930.jpg


と、キャラメルプリン↓
b0066826_1538861.jpg


 苦労の末手に入れてくれた友達には、感謝〜。ホッケの干物とじゃがポックルがお礼では、申し訳なかったかも。確かに美味だった。特に、チョコキャラメルはなめらかな舌触りで。けど、今度は自分が並ぶかというと、
 ゼッタイ、やだ!

by sawa4482 | 2008-11-09 15:25 | 食い物

エアリアル、その後

 最初の一週間は、夜中に二回トイレに起こされたが、8日目に、
「午前3時のトイレには起きない!」
と決めた。6時頃、二回目のトイレコールでハウスから出してみたら、お漏らしはしていなかった。なぁ〜んだ、我慢できるんじゃない。じゃ、明日から夜中には起きないからね!→今に至る。

 最初の日は、すぐ帰るお客さんと思ったか、エアリアルの存在をほとんど無視していたさつき。翌日からは、エアリアルの遊んで攻撃に答えてやってはいたが、何となく遠慮して接していた。おもちゃの取り合いになったら、飽きるのか譲ってやるのか知らないけど、すぐ離していたし、プロレスごっごをしてもすぐにお腹を見せて激しいバトルにはならなかった。
 しかし、何日経っても帰る気配がないので、どうやらコイツは居座るつもりらしいと、次第に気付いてきた模様。手加減しなくなってきた。
 
b0066826_1855024.jpg


 おもちゃは、絶対譲りません。


 もう一つ、絶対譲れないものが。

 「この場所だけは、絶対譲りません!!」
b0066826_2133404.jpg

by sawa4482 | 2008-11-06 17:34 | スキッパーキー

お宅訪問

 前日我が家を訪ねてくれた友人宅を、二頭を引き連れて訪問してきた。

 チャイムを鳴らすと、奥からビーグル特有の吠え声が響く。一歩中に入ると、ドッグゲートの向こうからベリーちゃんが勇ましく吠えていました。
 が、威勢がいいのもそこまで。リビングで三頭一緒に放牧すると、さつきにガムを取られ、
b0066826_1713577.jpg


エアリアルにおもちゃを取られ、
b0066826_17144138.jpg


二頭に追い回されて、
b0066826_17151951.jpg


すっかり困惑顔なのでした。
b0066826_17154480.jpg


 ベリーちゃんとさつきと1対1の時は、ベリーちゃんからしつこく遊びに誘うから、エアリアルとはちょうどいい遊び相手になると期待したんだけどな〜。意外に三頭の絡みは少なく、それぞれマイペースでした。

 しかし、おやつを前にすると・・・
b0066826_17182970.jpg


 揃いも揃って、食欲魔犬な3頭なのでした(笑)。

 さつきとエアリアルに好き放題されたベリーちゃん、
b0066826_17193549.jpg


 ごめんねぇ〜。でも、また来ると思うよ。次回は、更にパワーアップして・・・

by sawa4482 | 2008-11-02 17:09 | スキッパーキー

一週間目

 さて、一夜明けてのエアリアル。動きが、さつきの子供の頃とは全く違う。自由にさせてみると、私の足下にまとわりついてくる。近すぎて、時々つまずきそうになるくらいだ。呼べばやって来る。自分の名前は、二日くらいで覚えた。さつきが子供の頃は、私のことは全く眼中になく、物を破壊することに命を懸けていたのに比べると、何という違いであろうか。
 おもちゃを取りたいのだが、この段差が降りられない。
b0066826_033486.jpg


 クンクン鼻を鳴らして助けを呼ぶ。さつきがこんな鳴き方をするのは、一度も聞いたことがありません! 第一、エアリアルより体が小さくても、これ位の段差、屁でもなかったし。長い足を持て余しているのか、走り方もひょろひょろしているし、大丈夫なのか?>エアリアル。

 でも、これこそが、子犬のあるべき姿だよね〜。

 さつきがハウスから出ていれば、「遊んで」攻撃が始まる。
b0066826_0425331.jpg


 気に入らない犬を徹底的に排除することはあっても、他の犬と「遊ぶ」ということのないさつき、エアリアルのことを受け入れてくれるのか、それとも存在自体がストレスになるのか、心配だったが、少なくとも攻撃することはなかった。それどころか、エアリアルのしつこい「遊んで」攻撃にも、相手をしてやっている。どう見ても、「何とか我慢している」のレベルだが、さつきのこんな姿を見たことがなかったので、感激した。さつきを見直した。

 五日も経てば、この通り。


 この後、さつきがくしゃみをして、エアリアルの勝ち〜。新コン○ック感冒総合のCMのような結末になったのでした(笑)。

 さて、私ですが、エアリアルが来てから一週間。エアリアルの夜泣きに悩まされております。来たその日からクレートで寝かせているので、夜中にトイレに起きるのは仕方ないと覚悟はしていたものの・・・

《第一弾》午前3時頃
 「トイレ〜〜」
    ↓
 トイレに連れて行く
    ↓
 大・小なさる
    ↓
 再び寝る
    
第二弾《午前6時頃》
 「トイレ〜〜」
    ↓
 以下、繰り返し

 仕事のある日は、そのまま起きるけど、ない日は、再び寝る。合計睡眠時間が足りていても、あらぬ時間に起こされると、眠い。私はロングスリーパーなので、一週間連続すると、かなりつらい。子育て経験者は、みんなこの道を通ってきたのね。尊敬するわ。
 さつきの時は、夜泣きは一切なかった。さつきは大型犬用サークルにベッドとトイレを置いて寝かせていた。だから、夜中のトイレは自由。その代わり、ウンチしたのを放置すると踏み踏みして翌朝の後始末がとぉ〜〜〜〜っても大変だから、終いにはなじみの香ばしい香りで目が覚めるようになった。結局、夜中に起きるのは一緒だね。
 夜泣きこそしなかったものの、夜中にふと目覚めると、サークルの中からじ〜〜〜〜〜っとこちらを見ていることがよくあった。暗闇の中から見つめる黒い犬。それはそれで、不気味でございました。

 今日は、友人が一家総出でエアリアルを見に来た。この友人、さつきが来た時にもいち早く見に来て、
「こんなの、子犬じゃない!」
と宣ったお方である。
 が、今にして、よぉ〜〜〜〜〜っく、わかる。Nさんよ、あたなは正しかった。

 エアリアルが子犬なら、さつきは、得体の知れない別のイキモノでした。(爆)

by sawa4482 | 2008-11-01 22:17 | スキッパーキー