<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

お散歩

 夢は、
「ハフマンの多頭引き用リードで二頭一緒にお散歩すること」
なのだが、現時点では文字通り、夢のまた夢。二頭一緒では、まっすぐ歩くことさえ困難だ。家から駐車場までのわずかな距離を歩くだけで、どっと疲れる。
 なので、毎日のお散歩は一頭ずつ別々。
 さつきは、ダイエットのため、訓練に連れて行かない日は、雨が降らない限り一時間のウォーキング。早足なら5kmは歩けるはずだが、匂い嗅ぎをしながらだから、せいぜい3kmくらいのものだろう。時間と気力があれば、オビ練とフリスビーもする。 

 これに対して、エアリアルの散歩は、運動というより世間を見せる意味合いが強い。
 初めて見る白鳥に、大興奮。
b0066826_15595597.jpg


 できるだけ毎回違う道を歩くようにしているのだが、外の世界が恐くて飼い主にピッタリくっついていたのは、昔の話。今じゃ、匂い嗅ぎが忙しくて、

  臭い>>>>>飼い主 (号泣)

 気になる臭いが漂ってきたら、ジェットエンジン点火!
 一旦嗅ぎ始めたら、てこでも動きません。
b0066826_15541410.jpg

 ひどい時は、腹這いになってまで嗅ごうとする。
 
 こんな奴とリーダーウォークをするのは、とっても疲れる。帰宅したら、グッタリ。足を拭いたりする時間も入れると、二頭の散歩に二時間はかかる。
 こんなに運動しているのだから、さつきより先に飼い主の方が痩せてもよさそうなものだが、それが、一向に。だって、お腹がすいて、消費カロリー以上に摂取してしまうんだもん(爆)。

 目下の悩みは、飼い主が痩せないことよりも、家に残された方が騒ぐこと。エアリアルはキューキュー、さつきはバリケンをバリバリ。おやつを入れておいても、効果なし。

by sawa4482 | 2009-01-27 15:46 | スキッパーキー

困ったちゃん

 エアリアル、推定体重8kg超、推定体高35cm超。

 体格の差が開くに連れて、さつきはエアリアルの相手をしなくなってきた。エンドレスにプロレスをすることはなくなり、バスマットやタオルや私のパジャマ(!)を引っ張り合ってビリビリにすることもなくなった。以前なら血を見るかと思われたおもちゃの取り合いではあっさりエアリアルに奪われるし、プロレスでは一方的にやられっぱなし↓



 犬同士のことには介入しない主義でも、見るに見かねてさつきを救出せずにはいられなくなることがある。

 どうしたんだ?さつき。
 女王様の威厳を見せておやり!


 と言いたくなるんだが、よく見ればさつきがエアリアルの顔にがっぷり食いついている時もあるし、あまりにしつこいとエアリアルがさつきにキャンと言わされることもあるから、さつきが手加減してやっているのかなぁ? ま、血を見ないからいいか、と、極力傍観者でいるのだが・・・

 さつきがエアリアルのことを嫌がる理由は、それだけではない。うちのトイレは、エアリアルのトイレトレーニングのためにサークルで囲ってあるのだが、さつきがトイレに入ると、必ずエアリアルも一緒に入る。目的は、さつきのンコ!

 そう、エアリアルはさつきのンコが好きなのです!

 せっかく体勢を取ったのにトイレから飛び出すさつき。
 背中を丸めたままちょこちょこ逃げ回るさつきを追いかけるエアリアル。
 そのエアリアルを追いかけるTanuko。

 こんな「トムとジェリー」みたいな光景が、毎日のように繰り広げられているのだ。

 今朝は、ついに、まださつきの尻からぶら下がっているブツをパクッとする場面を目撃してしまった。エアリアルのことは決して叱らずのびのび育てようと思っていても、さすがに絶叫せずにはいられなかった。

 二頭一緒にする時は、さつきの排泄のタイミングも見計らわなければならない。基本、二頭対一人で遊ぶことは不可能なので、遊ぶ時は一頭ずつ。さつきは、さぞストレスを溜めてるだろうなー。さつきが妙に私にまとわりつくようになったのは、嬉しい副産物だけど。

by sawa4482 | 2009-01-26 23:09 | スキッパーキー

エアちゃん、天下無敵

さつきがペットボトルで遊んでいたら、
b0066826_17281443.jpg


b0066826_17282638.jpg


一個ずつ与えたのに、
b0066826_17315537.jpg


それでいいのか?さつき。
b0066826_17322915.jpg

by sawa4482 | 2009-01-10 17:28 | スキッパーキー

踏んだり蹴ったりのスタート

 今更ながら、

 明けましておめでとうございます

 年末年始、スキッパオフに参加された皆様、私も参加したかったです。けど、年末年始は恒例により、犬を預けて雪山に籠もってきました。そこで、何かの呪いか?と思えるくらい次から次へと不幸な出来事が・・・

1.シーズン滑り初めの一本目で、モモンガのように宙を飛び、顔面から着地、ゴーグルが壊れた。
 
2.「これから帰るぞ」という朝になって、凍結した駐車場でつるんと滑り、腰を強打。これが二十年後だったら、腰椎の圧迫骨折になっていたのは間違いない。

3.帰りの車の中でガムを食べていたら、奥歯が欠けた。正月早々、歯医者通い。

4.帰宅の翌日から、のどの痛みと発熱。まだ治らない。

 こういう時、他に犬の面倒を見てくれるヒトがいないのは困る。さつきだけだったら、一日や二日なら一緒にゴロゴロしてくれるのだが、何しろ、暴れ盛りのエアリアルがいますから・・・。ますますパワーアップして、さつきもタジタジ、さつきだけにお守りを任せるわけにはいかない。薬で熱をごまかして、散歩にアジ練。

 とどめは、さつきのけいれん発作。預けていた訓練所から連れて帰った日の夜、晩ご飯を食べさせた直後にさつきの様子が変になった。足が小刻みに震えて、立っていられない。うずくまった状態で、全身を震わせる。典型的な強直性けいれんではなく、失禁もなかった。五分くらいで収まり、後はいつもと変わらない様子だった。念のために、発作の状態を納めた動画を持参して獣医を受診した。
「一度だけでは、脳に異常があるかどうかはわからない。度々起こらなければ、薬を飲ませる必要はない」
と、予想通りの結果だった。かなり前にも一度、同じようなことがあった。たまにしか起こらなければ、精密検査も投薬も勧められないだろうと、その時は受診しなかった。どうするかは、今後の経過次第です。

 こんな状態ですが、今年も、さつき・エアリアル共々、Tanukoをよろしくお願いします。

by sawa4482 | 2009-01-09 20:43