<   2009年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

わたしのさくひん byエアリアル

 さいきん、おねえちゃんのわだいばかりですが、わたしだってがんばってます。

b0066826_1215557.jpg

b0066826_1221043.jpg

b0066826_1231393.jpg

b0066826_1222916.jpg


 いっしょうけんめいやってるのに、ママはぜんぜんほめてくれません。
 なんでかなー?

by sawa4482 | 2009-04-26 12:04 |

大阪 2 days

 備前では期待以上の走りを見せてくれたさつきだが、ちょっとした物音や周りの犬たちに反応してすぐパニックを起こす奴だからなー。やっぱり心配。今回の目標は、「スタートでパニックにならない」ことだ。

 一日目、AG。
 4番ハードルを越えたところで、漂流を始める。ハンドラー、絶叫。何とか我に返る。 
 7番ハードルを越えたところで、再び漂流の気配。ハンドラー、またも絶叫。しかし、ハンドラーの立っていた場所は、7番ハードルの手前。我に返ったさつきは、当然ハードルを逆跳び。失格。
 「日本一、犬を信用していないハンドラー」
の烙印を押される。否定できないけど。
 恥ずかしくて、動画はお見せできません。

 気を取り直して、JP。


 ノーミス完走。しかし、遅い、遅すぎるぞ。
 鈍足のハンドラーより遙か後方を走ってどうする。お陰で、フロントスイッチはやり易かったけど。タイム減点7.38秒は、95頭中34位だった。

 二日目、AG。
 審査員長マルコ・モーエンのコースは難しいと言われるが、さつきは一昨年の大阪でノーミス完走している。縁起がいいかも。


 ノーミス完走。しかし、またもやタイム減点3.69秒 orz
 3番トンネル出てくるの、遅すぎ。反対側から出てくるかと思ったよ。15・16・17番のハードルシークエンス、失格を恐れて中抜きをせずに外を回したが、相当タイムロスになっている。CRできると思ってなかったのでタイムより正確さを取ったが、このような結果になると、悔いが残る。99頭中23位。

 日頃の練習でも、旋回の箇所で漂流しやすいのはわかっていたが、一日目のAGの失敗で、呼び戻しは無理とわかった。サイドチェンジとフロントスイッチを多用して、常にさつきの進行方向にいるほうが、成功の確率が高い。が、あんまりクルクル回っていると、途中で自分の立ち位置がわからなくなる恐れがあるのだ。
 それがもろに出たのが、JP。ついにやってしまった、痛恨のコースミス!(動画はありません)
 13番スラから直角に曲がって14番ハードルに行こうとしたら、我々の進路上に大庭さん(審査員)が立っている。
「何でこんなところに大庭さんが?」

 そのまま進行。
   ↓
 大庭さん、どけない。
   ↓
 どんどん近づく。
   ↓
 やっぱり大庭さん、どけない。

 ここに到って、ようやく、気付く。
「もしかして、私、間違ってる?」
 次に跳ぶつもりのハードルを確認すると、番号札がない!

 あ゛〜、間違えた〜〜

 ハンドリングが乱れたせいか、珍しくバーを落とし、失敗1、寄り道の代償はタイム減点16.09というトホホな結果に。48位。

 「スタートでパニックにならない」という目標は十分すぎるくらい達成できた。惜しいところでポイントカードを逃したのが悔やまれるが、それは贅沢というもの。むしろ、暑いとやる気がないことを露骨に態度に表すさつきが、最高気温28度の中、最後まで集中を切らさなかったことを褒めてやるべきだろう。

 今回の競技会では、他の収穫もあった。
 日吉ちゃんママと色々お話しできた。二日目、スキッパーキーのまぐろちゃんに遭遇。見学に来られてました。ヒペリカムさんも、3頭連れてお仲間の応援に来られていました。出走前で、ゆっくりお話しできなくてすみませんでした。走り終わって帰ってみたら、もうお姿がなかった。
 一方、コイケさんでは、うにちゃんのお友達のパールちゃんにお会いしました。8ヶ月のエアリアルより一回り小さい。というより、これまで成犬でもエアリアルより大きいコイケさんに会ったことがないんだけど(^^ゞ 匂いを嗅がれるのを嫌がって、尻尾をお尻の下に敷いてオスワリしているのに、しつこく嗅いじゃって、ごめんなさい。でも、困った顔をしているだけで、全然ガウって言わない大人しいイイコでした。日吉ちゃんママのお知り合いのところに来た3ヶ月のコイケパピーとは、エアリアルが心ゆくまで遊んでもらいました。
 その他、webで偶然見つけて気になっていたワンコのオーナーさんともお話しすることができ、待ち時間も楽しい競技会だった。

 そして、泉大津といえば、りんくうプレミアムアウトレットモール。競技の進行が早かったのをいいことに、二日連続で行った。トリ○プの¥2100というユ○クロ顔負けのナイトウェアに感激し、ずっと買わなきゃと思っていたスニーカーを買い、競技以上に共々、充実した二日間でした。

by sawa4482 | 2009-04-19 23:32 | スキッパーキー

は〜、やれやれ、やっと終わった

 この日は、チームテスト2永久の試験だった。前日までの練習でも、相変わらず休止はできない、常歩行進中の作業は不確実、何とも不安な出来上がりだ。

 「お願い、35点でいいです! 合格させて!」

 と、ひたすら祈る。

 脚側行進
b0066826_19132722.jpg


 指示なし停座
b0066826_19135758.jpg


 常歩行進中の停座
b0066826_19142129.jpg


 招呼
b0066826_19145471.jpg


 いい場面だけ載せたけど、けっこうボロボロでして・・・
 休止の時、二十歩離れて振り返ったら、もう立っていた。その時は遠隔の指示で伏せたが、もう一方のペアが行進中の伏臥および招呼を行う頃になると、完全に立ち上がってこちらに向かってじりじり前進。その都度、「マテ、フセ」。三回くらい言った(怒)。終了後の講評でも、審査の先生に、
「休止では、ヒヤヒヤしました」
と言われる始末(▼▼メ) ま、立ち上がっても漂流せずに飼い主の方に来ただけ、一年前よりマシと思うことにしよう。休止中もずっと飼い主を注視してたし。

 他にも、
※ 脚側行進の出だしが、必ず遅れる。
※ 行進中の作業が遅い。
※ 行進中の伏臥は、二声符になった。

 で、39点。前回よりも更に低い点数だけど、いーの、いーの、合格したから。

 これで、服従訓練の義務が全て終わった! さつきも、服従訓練から解放よ!

 と、言いたいところだが、アジリティの競技に参加するなら、服従訓練はやったほうがいい。それも、家庭犬としてのしつけではなく、競技のための訓練を。犬の性格にも拠るだろうが、さつきのように競技会場に行くと魂が抜けてしまうタイプは、「競技会場が嫌でも、飼い主の指示を聞く」という意識付けをすることが必要だと、しみじみ思う。競技をやり出して三年も経ってから今更、だが。

 というわけで、さつきの服従訓練、まだまだ続く。

by sawa4482 | 2009-04-12 19:10 | スキッパーキー

花見

 アジリティの練習場は、二辺を桜並木が取り巻いています。例年になく早く開花したのに、その後の花冷えで、思いがけず桜が長持ちしました。今が満開です。練習場に隣接する広場では、毎日のように誰かが花見をします。練習の最中にバーベキューの匂いが漂ってくることもあります。
 せっかく満開の桜に晴天、前回の練習中、誰ともなく、花見をしようと声が上がりました。花見はいいけど、バーベキューとなると、準備が大変。というわけで、肉とタレだけ用意してもらい、その他の食材や飲み物は、各自が自分の分だけ持参することにしました。いつも通りに練習した後、いよいよバーベキューです。
b0066826_1856552.jpg


 えーと、例によって食べるのに忙しく、写真はこの一枚きりです。肉が余ったので、さつきとエアリアルも一切れずつお裾分けしてもらいました。帰らなくてはならないのでビールこそなかったものの、お腹一杯食べて、アジ仲間と語らい、充分楽しめました。
 来年もよろしくお願いします、幹事さん!d(^-^)

by sawa4482 | 2009-04-06 18:47

DV犬

弁護士(以下、「弁」):今日は、どのようなご相談ですか?
Tanuko(以下、T):次女のエアリアルが、私に暴力を振るうんです(涙)。
弁:ほう。例えば?
T:歯磨きをしていたら、顔に頭突きを食らわされて、口から血が出ました。同時に、メガネが吹っ飛びました。
弁:他には?
T:ソファでくつろいでいたら、飛び乗ってきて、脚で思いっきり腹を蹴られました。
弁:それだけですか?
T:抱っこしていたら、暴れて爪で顔を引っ掻かれました。みみず腫れになりました。それだけじゃありません。こんなことも、あんなことも・・・・クドクド・・・・
弁:なるほど、深刻ですね。ですが、相談する相手を間違ってます。あなたに必要なのは、人間の弁護士ではなく、犬のトレーナーです。いい訓練所を紹介してあげましょう。
 ところで、その服、袖に穴が開いてますよ。
T:これは、うちにベランダがないので室内干しをしていたら、長女のさつきが引きずり下ろして、エアリアルと引っ張りっこをして・・・・クドクド・・・・私の普段着は一枚残らず・・・・クドクド・・・・
弁:(服のことなんか言うんじゃなかった)ため息。

by sawa4482 | 2009-04-06 10:37 |