<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

内弁慶

 6ヶ月を過ぎた頃から、エアリアルもアジと服従の訓練を始めた。
 しかし、訓練所に行くと、
「一体どちらのお嬢様?」
というくらいお行儀がよくなってしまうのだ。むしろ、トレーニング中の方が、
「ちゃんとやったんだから、もっとおやつ頂戴!」
くらいの意欲が欲しいところなんだが。

 そこで、預かってもらっている間に、お師匠様が「ハトの豆まき(一度にたくさんの犬を放して、近くに寄ってきた犬におやつをあげる)」をやってみた。
 エアリアル、犬たちの輪に全く入れなかったそうだ。わざわざ口元まで持っていってやっても、
「いえ、あたくしは結構ですから」
だってぇ〜〜???

 家では、さつきの頚に食らいついて、振り回してるくせに!
猫をかぶるな、猫を!


 かねがね、外面がいい内弁慶とは知っていたが、ここまでとは!

 ちなみに、さつきのほうは、ちゃっかりおやつをもらっていたそうだ。訓練所で遠慮していたら出遅れてしまうことを、ヤツはちゃんと学習している。だてに年は取っていない。そんなさつきだって、初めてお師匠様のところに預けた時は、一頭だけ他の犬から離れて、塀際をテケテケ歩いていたものだ。エアリアルも、何度か経験するうちに、本性を現すことでしょう。
b0066826_1458122.jpg

by sawa4482 | 2009-05-30 11:26 |

誕生日

 5月21日は、さつきの6回目の誕生日でした。
 当日は、例年の如くスタジオで写真撮影。
b0066826_22163081.jpg

 白髪が目立つようになりました。

 夜は、手作りケーキもどきで、ささやかにお祝いの気持ち。
b0066826_12244044.jpg

b0066826_1220382.jpg


 今年のテーマは、「イチゴのショートケーキ」です。「スポンジ」はいつもの生食、「クリーム」は豆腐とヨーグルトを混ぜたものです。ローソクの代わりに6本のキューリのスティックを立てました。イチゴは、屋上で採れたワイルドストロベリーです。栽培種より甘みが少なくて酸っぱいので、フルーツが余り好きでないさつきは残すかと思ったのですが、クリームと一緒にペロリでした。
 エアリアルには、いつものドライフードにクリームだけトッピングしてあげました。

 「6才」と聞くと、一気に年を取った気分です。エアリアルが来る前から、用事がない時は寝るようになっていたのですが、最近一層その傾向が強くなりました。ハウスに入れておけば、いつまででも寝ています。朝、エアリアルを先に出してトイレをさせる間も、寝たままです。このまま老け込んでしまうのかと不安になることも。ロクでもないイタズラをすると、却ってほっとするくらいです。いつまで競技を続けることができるんでしょう? 余りにもヒドイ出来なんで、二言目には「引退!」を叫びますが、本音ではもう少し頑張ってもらいたいところです。

 次の土曜日、岡山市内の某ドッグカフェにて誕生祝い。
b0066826_12255089.jpg


 トイマンチェスターテリアのさくらちゃんとは、生年月日が全く同じなのです。

 写真撮影の後は、お店の人に切り分けてもらって、
b0066826_12385599.jpg


「ヨシ」・・・・あれーーーー!

b0066826_12405891.jpg

 ガバッとくわえてよそへ持っていって食べる様子は、菓子パンを盗み食いした時の姿そのものです。
 お皿に残った自分の名前のビスケットも、もちろんガツガツ。
b0066826_12431621.jpg

 あ〜あ〜、くずを一面にばらまいて。せっかく銘々お皿に載せてもらったのに、意味なし!

 この日は、エアリアルにもお裾分け。
b0066826_12443044.jpg

 がっつきぶりが激しすぎて、ろくな写真が撮れませんでした。

 完食してお皿を下げた後も、ケーキくずのこぼれていたあたりを、いつまでもペロペロ。
b0066826_1246463.jpg

 まるで何も食べさせてもらってないみたいじゃありませんか、みっともない! 

 二頭とも、お行儀が全くなってないことがばれて、ママは、大変恥をかきました(▼▼メ)

 犬には、誕生日ってことはわからないんだから、祝うのは飼い主の自己満足、まして、ケーキなんてばかばかしいと、ずっと思っていました。前のしつけ教室では、ドッグフード以外の物を与えるのを禁じられていたので、誕生祝いをするような飼い主の仲間に入らないように自分を律していたというほうが正しいかもしれません。でも、「うちに来てくれてありがとう」という気持ちがあれば、誕生日を祝いたくなるのは、自然な感情だよね。一年に一度くらい違うものを食べたからといって、病気になるわけじゃなし。
 最近、「あれしちゃだめ、これしちゃだめ」という呪縛から解放されて、犬と接するのが楽になりました。

 さてー、次はエアリアルの誕生日。多頭飼いしてると、イベントが多くて楽しみも多いです。

by sawa4482 | 2009-05-23 12:18 | スキッパーキー

発作

 久々にけいれん発作が起きた。今回は、散歩中。ンコしようと丸めた背中が、少しずつ弓なりになり、続いて四肢がぶるぶる震え始めた。二分くらいで収まり、後は何事もなかったかのよう。でも、心配なのでしばらく抱っこして家に向かった。
 獣医は受診しなかった。5ヶ月に一度では、薬も検査も必要ないと言われるだろうから。しかし、今回は前回より震えが大きかった。発作の度にけいれんがひどくなったらやだなぁ。

 それにしても、周りに人がいなくてよかった。「どうしました?」とか「大丈夫ですか?」とか言われても、却ってうっとうしいだけだもんね。

by sawa4482 | 2009-05-19 12:02 | スキッパーキー

徳島

 気付けば一ヶ月もほったらかし(__;) 17日は、今シーズン最後の競技会だった。たった2週間前のことなのに、ずいぶん昔のことのような気がする。

 この日は、朝からものすごい強風で、あちこちでテントがバタバタ音を立てる。その上、鳥追いの発砲音が一日中鳴り響く。さつきにとって最悪の状態だった。案じた通り、リンクに近づくにつれて、
「帰るぅぅぅぅo(><)o」
 走る前から結果が見えるようだった。

JP


 ハードル2本の向こう側に視界が広く開けた、さつきに「さあ、お逃げなさい」と言っているようなコースだ。そして、その通りに。なんとか立て直したものの、タイム減点11.84秒で57頭中23位。

 午後からのAG。この後4ヶ月間競技会がないので、何とかポイントを稼いでおきたいところだ・・・・・

 が!


 失格でございました。トホホ・・・orz(恥ずかしくて動画はお見せできません)

 出だし、ハードル3基がほぼ直線上に並ぶ配置だったのに、さつきの奴、何を思ったか3番ハードルを迂回してハンドラーの方へ。やり直して続けたものの、5番スラの後90度曲げてハードルに行くはずが、そのままふらふらトンネルに向かって歩き出した。どうにか呼び戻して6番ハードルへ・・・行くはずが、呼び戻している間に検分の時の立ち位置よりかなり前に行ってしまったため、違うロングジャンプを跳んでしまった。標準タイム54秒という、2度ではあり得ない仏の設定だったのに、ここで取らなくていつ取るの?
 実は、3番をミスった時に拒絶の手が挙がったと思い(実際は、挙がってなかった)、これでCRがなくなったと一気にやる気がなくなったのだ。でも、もっと丁寧にハンドリングしていれば、タイム減点は仕方ないとしても、完走していたかもしれないのに。さつきはまだ集中を完全に欠いてはいなかったのに自分のやる気がなくなったことに、非常に悔いの残る結果となった。

 これで、西日本の競技シーズンは終わりました。2度に上がってから一年半、10走してポイントカード一枚。効率の悪いことったら。しかも、うち5走は失格。脱走に悩まされた1度より更に悪い内容です。
 途中でやる気を失ったままシーズン終了とは、不完全燃焼です。禁断の「箱根越え」、しようかな・・・

by sawa4482 | 2009-05-17 14:30 | スキッパーキー