<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

関西オフ会

 3週間も前のことだってのに、今頃になってup。

 やっと、参加することができました、念願のスキッパオフ! これまでにもチョコチョコあったようなのですが、いつも他の予定と重なって、参加できませんでした。MRIの翌日ですが、不治の病をご報告する羽目にならなくて、よかったわ。

 2回も前を通り過ぎた後に、ようやく会場のドッグカフェ「ゼロワン」に到着。む、皆さんまともな格好でいらしてる。近所を散歩するのと同じだらしない服装なのは、私だけだわ。次回は、考えよう。
 日暮れが近いので、挨拶もそこそこにドッグランに放牧しました。黒いわらわらを写真に収めようとしたのですが、全然まとまってくれないので、まともなのが一枚も撮れませんでした(^◇^;) 少しでも雰囲気が伝わるかな〜?
b0066826_1643796.jpg


 過去の経験から、スキッパが2頭だろうが3頭だろうが、てんでに動いて、お互いにスルーってのは知っていたが、11頭も集まっても、やっぱりお互いにスルーだった(笑)。薄暮の中では、体格が似た子に混じると、どれが自分の子かわからない。いくら真っ黒の団体とはいえ、自分の子はわかるだろうと思っていたが、甘かった! でも、さつきだけは見つけやすかった。いつ見ても、他の子から一頭だけポツンと離れた場所で匂い嗅ぎをしてるんだもん(爆)
b0066826_1691561.jpg

 マイペースなスキッパの中でさえ、さつきは別格だということがわかった。これだから、アジでもオビでも、飼い主無視なのも納得(__;)

 真っ暗になる前に、集合写真。
b0066826_1695735.jpg


 次いで、お食事タイム。定員以上に詰め込んでもらったため、お隣の人と肘がぶつかりそうなくらい接近していたが、案外いがみ合いは少なかった。たまに、「ギャワワン!」と聞こえたけど(笑)。ハル君ルナちゃんの直系が3頭もいました。恐るべし、ハル・ルナの浸透力!

 食事が終わってからもう一度ドッグランに行ったのだが、生憎近隣の花火大会が始まった。打ち上げ花火が見えるくらい近かったため、音もかなり大きく、案じていた通りさつきはパニックになってウロウロ。こうなると、捕獲も難しい。「帰る〜〜〜〜」と出口をガリガリするさつきをどうにか捕獲して、ハウスに入れた。やっぱりね・・・・。残念な終わり方でした。

 最後にもう一度カフェに戻り、犬だけの集合写真と撮ろうという、無謀な試み(笑)
b0066826_16133252.jpg


 当然、と言うべきか、全員が静止している写真は一枚もなし。そんな中、他の子たちがゴソゴソしていてもさつきがずっとオスワリできたのには、飼い主も驚いた。
b0066826_161446100.jpg


 いつまで経っても進歩のないヤツと思いがちだが、見直した。

 この日は、スキッパーキーだけで11頭(総勢14頭)、人間が16人。これだけいると、全員とお話しするのは無理だった。もっと色んな方と苦労自慢(?)をしたかったのに、残念。でも、これから何回もお会いすれば、お話しする機会もあるでしょう。

 ギャオス君連れだったのに幹事の労を執って下さったあねごさん、ありがとうございました。またお願いします。参加なさったみなさん、次回はもっと色々お話ししたいです。

by sawa4482 | 2009-08-22 15:57 | スキッパーキー

結果

 今年に入って3回、けいれんが起きた。いずれも5分くらいで治まり、初めの2回は、直後に何事もなかったかのように元に戻っていた。ところが、直近(8月7日)のは、けいれんが止まってから10分くらい歩くことができずにうずくまったままだった。その後歩き始めたものの、後ろ足に力が入らないようでよろよろしていた。そのようなことは初めてだったので、翌日獣医を受診したところ、MRIを勧められた。

 MRI…

 ああっ、確かヒペリカムさんがチャラ君を検査してもらった時、13万とかおっしゃってたような・・・でも、この際お金のことを言ってる場合じゃない。最近お仕事が増えて、ちょっと余裕があるしね(全てあなた達のために消えて、ママのためには一円も使えませんけど)。

 というわけで、片道1時間半かけて行ってきました、神経専門の動物病院。住宅街にあるなんの変哲もない病院で、こんな所にMRIがあるの???といぶかしく思えるのだが、待合室に、ヘルニアの術後の犬が二頭。さすがは、神経専門。

 これまで経験したことのない詳細な問診の後、1月の発作を収めた動画を見てもらう。眼底も含めた診察で、けいれんの他にも、左右の瞳孔不同、四肢の姿勢反射のわずかな低下など、気になる所見があるそうで、予定通りMRIを撮ることに。

 結果

 異常なし

 けいれんは、焦点性発作。脚が立たなくなったのは、ヒトにもある「てんかん後麻痺」というやつだったんだろう。

 やっぱり、てんかん。

 脳腫瘍など重大な病気でなかったのはよかったが、「てんかん」ということがはっきりして、それはそれでがっかりした。3ヶ月に2回以上発作か起きるようになったら、治療が必要だそうだ。発作の間隔が次第に短くなっているが、一生治療しなくてすむよう祈るのみ。
 鎮静をかけたついでに、股関節のレントゲンも撮ってもらった。これも、異常なし。
 「じゃあ、アジリティを続けてもいいですね?」
と念を押すと、
「アジリティを続けるなら、少し体重を落とした方がいいですね。」
と言われてしまった。

 それって、飼い主のことですか?(爆)

 さつき、本日の体重、5.5kg。また太ってしまったorz
 夏は、どうしても運動不足になりがちだからね。
 先生のお墨付きももらったことだし、アジ練再開よ! 指示が聞けないのは、脳のせいではなく、性格のためだということがはっきりしたわね(▼▼メ)

 8時に家を出て、帰ったのは7時過ぎ。本日の支払、麻酔、血液検査全て込みで¥65.000ナリ。予想よりはずいぶん安かった。とはいえ、高い安心料だったことに変わりはない。

by sawa4482 | 2009-08-21 21:50 | スキッパーキー

二人きり

 今日から3晩、さつきと二人きりです。エアリアルが来て以来初めてだから、10ヶ月ぶり。

 どうしてかというと、今年に入ってさつきが3回けいれんを起こし、2週間前の最後の発作では、けいれんが収まった後20分くらい後ろ脚が立たなくなったので、念のため、明日MRIを撮りに行くことになったからだ。人間にも「てんかん後麻痺」というのがあるから、多分それだったんだと思いたいんだが。全身麻酔だから当日は絶飲絶食。その横でエアリアルだけゴハンをもらっていたら、さつきが可哀想すぎる。翌22日はスキッパオフ。2頭の面倒は見きれないから、エアリアルはお留守番。なので、続けて預かってもらうことにしたのだ。

 さて、二人きりの夜1日目は・・・






           静か








 エアリアルが来る前って、こんなだったんだぁ。ドタドタガウガウ、なし。シーツが破れる音、なし。ひとりだと、さつきも足下でまったり落ち着いている。

b0066826_10341145.jpg


 やっぱりさつきは大人だったんだと、再認識したのでした。
 ちなみに、「エアリアルはどこ?」という素振りは、全く見せません。いなくなってほっとしてたりして(笑)。

 

by sawa4482 | 2009-08-20 23:21 | スキッパーキー

1才になりました

 8月1日は、エアリアルの誕生日でした。うにちゃん、ひまわりちゃん、ポルカちゃん、リーフちゃん、みんな、おめでとう!

 飼い主多忙に付き、ケーキもプレゼントもなし。それどころか、誕生日当日、エアリアルはこんなことをしてました。
b0066826_22344032.jpg


 翌2日の記念撮影が、唯一誕生日らしいことでした。
b0066826_2235966.jpg


 ケーキもプレゼントもないからといって、決してエアリアルを愛してない訳じゃないのよ。
 それどころか、エアリアルが来てくれて本当によかったと思ってる。
 エアリアルのおかげで、「子犬を飼うってこんなに楽しいんだ」と、初めて思えました。
 病気も怪我もせず、無事に1才を迎えられたことに、感謝です。

 うちに来てくれて、ありがとう。これからも、ヨロシクね。

by sawa4482 | 2009-08-01 17:45 |