<   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

退院延期

 22日(金)までは、いつ電話しても、返ってくる返事は、
「順調です。イイコにしています。」
だった。
 24日の夕刻、ATOM動物病院から電話。23日(土曜休診日)、激しく吠え、気管の縫合部が裂けて空気が漏れたと。皮下に溜まって「皮下気腫」という状態になった。
 最も恐れていた事態だ。
 皮下気腫そのものは、見かけはすごいが、命に別状はない。放置していればその内吸収されて元に戻る。が、空気が胸腔内に漏れると、肺や心臓を圧迫して命に関わる。皮下のみであっても、自然に閉じないようなら、再手術が必要になる。
 今は皮下だけですんでいるけど、胸腔内に広がらないという保証はない。手術が無事に終わったことで、最大の関門を通過したと安心していたのに。さつきのためによかれと思って受けた手術で命を失う結果になったら、どうしよう。まだ若いのに子供の頃から病気続きで、これで元気になれると思った矢先に、東京で独りぼっちで死ぬようなことになったらと思うと、かわいそうでかわいそうで、泣けて仕方なかった。
 いてもたってもいられない一夜が明け、翌朝一番に電話したところ、どうにか落ち着いていると。

 このことをお師匠様に話すと、
「それだけ元気になったということじゃないの?」
と。大体、犬が手術の後、縫合糸を自分で噛み切ったりしてトラブルを起こすのは、治りかけだそうだ。言われてみれば、さつきは元々、自分のハウスの半径1m以内に他人が入ったら、ハウスが移動するほど激しく吠える犬だ。全く初めての場所に置き去りにされて怖かったから、結果的にイイコでいられたに過ぎなかった。吠えるというのは、慣れた証拠とも言えるだろう。ATOMで皮下気腫が起きたのは、200例以上ある症例中、さつきが3例目だそうだ。何たる不名誉 orz

b0066826_14342746.jpg


 ↑これは、25日の写真。一見普通だが、毛を剃られているのに、体の輪郭が毛があった時と同じ。ということは、毛の厚み分、皮下に空気が溜まって膨らんでいるということだ。こんなんでも、快食快便だと。
 28日の時点では、かなりしぼんできており、ひとまず再手術せずに様子を見たいという話だった。現在、一日2回鎮静の注射を打っているが、効果が切れる頃になるとかなり吠えるらしい。
「また裂けるんじゃないかと思うくらい」
と、先生でさえ心配するくらいだ。

 どうか、このまま治ってくれますように。どんな形でもいいから、生きて帰ってきてほしいです。

 というわけで、退院日、まだ未定。
 

by sawa4482 | 2010-01-31 14:48 | スキッパーキー

さつきのいない生活

・・・は、


   平和

   静か
  


 ゴミ箱を漁ることもないし。
 外の物音にいちいち吠えないし。
 洗濯物を室内干しにしていてもなくならないし。
 靴を脱ぎっぱなしにしておいてもかじられないし。
 テーブルの上からテレビのリモコンをたたき落とすこともないし。
 調理台の上の物を漁ろうと垂直跳びを繰り返す「ドターン、ドターン」という音も聞こえないし。

 私は、ずっと、犬というものは、ゴミ箱を漁り、洗濯物を引っ張り、スリッパをかじる生き物だと思っていた。どうやら、みんながそうするという訳ではないらしい。

 ↓唯一の悪事。
b0066826_11111974.jpg


 ↓結果。
b0066826_11114048.jpg

by sawa4482 | 2010-01-23 11:01 |

Aerial in Tokyo

 さつきを動物病院に預けたら、まだ3時前だった。そこへ、ゆききさんがわざわざドッグカフェやドッグランを紹介した本を持ってきて下さった。二人とも昼食を済ませてなかったので、一番近いドッグカフェへGo!
 東京に来てから、エアリアルは不幸です。というのも、駅のすぐ近くに住んでいながら、エアリアルは電車の音が大の苦手。なのに、ドッグテイルさんはJRのすぐ側にあって、外でトイレをさせようにも、「電車の音が気になって、出るものも出ません」。そんなエアリアルなのに、この日行ったドッグカフェは、高架の真下。地方都市のJRとは違って、ひっきりなしに行き交う電車の音に、気もそぞろです。
b0066826_10384473.jpg

 エアリアル、

 何事も、修行よ!

 ゆききさん、キヨハラ君、お付き合い下さって、本当にありがとうございました。

 夜、再びドッグテイルさんを訪ねると、そこにはディアちゃんと、kimiさんちのハル君、ルナちゃん、バズ君が勢揃い。遅れてミーグちゃんパパも合流。いつ行っても犬仲間に会えて、しかもちゃんとした食事も取れて飲める店があるなんて、東京のスキッパ(の飼い主)たちは、なんて幸せなんだ! もし私が大森界隈に住んでいたら、皆勤賞間違いなし(笑)。
 ディアちゃん、おとなしい。引き出しの中でずっとじっとしていました。これがさつきだったら、あっという間にテーブルによじ登るに違いない。対照的に、ルナちゃんは、動きがさつきそっくりなので笑えた。

 翌日、さつきの手術は1時に始まるから、3時半頃来てくれと言われた。それまで、ヒマ〜。なので、ちょっと足を延ばして昭和記念公園のドッグランへ。ゆききさんが下さった本が、役に立ちました。
 前日までの寒さが嘘のように、快晴のぽかぽか陽気。エアリアル、大はしゃぎです。
b0066826_10393083.jpg

b0066826_10394190.jpg

b0066826_10395228.jpg


 さつきが一人で心細い思いをしているというのに、飼い主とエアリアルだけがこんなに楽しんでいいんだろうか?

by sawa4482 | 2010-01-22 23:05 |

東京その他もろもろ

 さつきの治療のためとはいえ、せっかく東京に行くからには、ただでは起きないぞーーーっo(^-^)o

 一番の目的は、ドッグテイルさん。歩いて行けるというだけの理由で、大森駅近くのホテルを取った。だってぇ、せっかく行くのに飲めないのはつまらないし、かといって二匹を連れて電車やタクシーには乗れないし。
 ドッグテイルさんに着くと、マリン君パパとママがすでに到着しておられました。続いてやってきたのは、ハル君の息子、ココ君←に向かって激しく吠えたのは、いつもの黒いヤツ・・・・ではなく、エアリアルorz たった数分先に着いたからといって、大きな顔をするんじゃない!
 その後、次々とスキッパが現れ、最終的に集まって下さったのは、アッシュ君、キヨハラ君、クアトロちゃん、ココ君、ディアちゃん、バズ君、オーナーさんだけの参加が、マリン君、ミーグちゃん。それにさつきとエアリアルで、2階の部屋からあふれそうだった。
 さつきが吠えてもチョロチョロしても、皆さんスキッパーオーナーだから、温かい目で見て下さると期待したけど、興奮するのはさつきの病気にとってよくない。なので、ここは、取って置きのアイテム登場=洋服っっっ! ところが〜、普段なら着せたとたんに石になるのに、この日は効果なし。エアリアルをトイレに連れて行った隙に、イスに飛び乗るし〜(▼▼メ)
 周りの刺激>>>>洋服効果
だった模様。
 というか、エアリアルの方がさつきよりうるさかったし。普段は困ったちゃんのさつきだが、小さい時からドッグカフェに連れて行っていたから、こういう場面では、世間慣れしていないエアリアルより落ち着いていられる。
 ここでも、食べて飲んでしゃべるのに忙しく、写真がない orz
 5時起床で競技に出、そのまま滋賀から運転してきたんだから疲れて早く寝るはずが、楽しい時間って、あっという間だね。日付が変わりそうになって、ようやく腰を上げた。この頃には、さつきは静かに気配を消していた。疲れたのだろう。その証拠に、帰ってみたら、粉ふきいもになっていた。たくさんの知らない人と犬に囲まれたのが、相当ストレスだったようだ。
b0066826_11584517.jpg

 
 みんなで記念撮影。
b0066826_1159396.jpg


 ドッグテイルさん手作りの激励メッセージボード。感激しました。
b0066826_12094.jpg


 皆さん、ありがとうございました。お陰様で、さつきは無事に手術を終えることができました。

 翌日は、2時に診察の予約をしていたので、午前中、暇。前夜ドッグテイルで、近くにあるドッグランの情報収集をしたところ、大森からほど近い大井埠頭あたりには、いくつかドッグランがあるらしい。行き当たりばったりに行った所が、たまたまキヨハラ君のblogで名前だけ目にしていた「しおさいドッグラン」だった。
b0066826_1275124.jpg


 さつきは、なぜかオスのフレンチブルに気に入られ、お陰で、手術の前だというのにヨダレだらけに〜(笑)。

 疲れないように、程々に切り上げ、さて、ここから板橋まで、私の運転だと1時間くらいかかると見当を付けて出発。日曜日だから一般道も余り混雑していないだろうと、首都高を避けたのが失敗の元だった。ナビ様の言う通りに行くと・・右手に見えるのは、かの有名な和光じゃありませんか? ここは、銀座。続いて丸の内。

都心の運転は嫌だと言ったのに、何でこんな目に〜〜〜(泣)

 帰りは、首都高で帰ったから早かった。しかし、暗くなってからの運転は苦手なのに(目が悪いから)、周りの車と同じように飛ばしたら、それはそれでどっと疲れた。

                     ◇◇ 続く ◇◇

by sawa4482 | 2010-01-21 10:57 |

楽しかったヒペリカム邸とOPDES

 16日にドギーズパークで行われたOPDESには、さつきの手術が決まる前から申し込んであった。こちらから行くのが一人だけだったので、ヒペリカムさんに泣きついた。図々しいお願いにもかかわらず、ここよく宿を提供して下さったのでした(^人^)
 恐怖の阪神高速と環状線を通過して、やっとの思いでヒペリカム邸到着(p_q)エーン
 玄関を開けると、早速チャラ君がビーグル吠えでお出迎えしてくれた。大型犬一頭、中型犬二頭、小型犬二頭が一緒になると、もうわやわやで(笑)。そんな中、さつきは一人こっそりキッチンでゴミ漁りを始めるし(__;)。ついにさつきを別室に隔離して、ようやく平和が訪れた。ってことは、さつきがガン?
 周りが落ち着くと、CAP君はお父さんの膝の上でまったり。
 憧れの膝乗りスキッパ
 う、うらやますぃ。
 
 夕食は、豪華なお刺身と鍋でした。が・・・・・

 ハイ、例によって写真はありません。ヒペリカムさんも撮っていません。みんな、食べて飲んでしゃべるのに忙しすぎ(笑)。犬たちがワサワサしている場面も撮りたかったけど、ワサワサ過ぎてフレームに収まらず。ヒペリカム邸の写真は、一枚もありません。

 翌日が競技会でなければ、もっとおしゃべりしていたかったところだが、朝早く出発しなければならないので、日付が変わる前に就寝。

 競技会当日は、心配した雪は降らなかった。ところが、途中から高速を下りて一般道に入ったら、日陰に雪が残っていた。アップダウンのある道だったから、ノーマルタイヤで行ったヒペリカムさんは、生きた心地がしなかったことだろう。交換して以来ずっとアスファルトばかり走らされてきた私のスタッドレスタイヤは、ようやく延べ十数分間、雪を踏むことができた(笑)。

 雪こそ降らないものの、さすがは山間部、寒いぞ! 最初からタープを立てるつもりのない我々を、ヒペリカムさんのお友達、麦ちゃんのパパママがご自分たちのタープに招き入れて下さった。パパママもとても感じのいい方たちだったが、麦ちゃんも、柴とは思えぬ人なつこいワンコだった。感謝です〜〜。

 今回は、ノービス2とJP1にエントリー。まだタッチ障害に不安があるので、AGには出なかった。
 今回の課題は、「1度を走るに当たっての課題を見つけること}

 ノービス2


 エアリアルは気持ちよく走っていたのに、バックスイッチしようとしたら、押してしまった。失格orz あんなハードルとハードルの間隔が狭い箇所でスイッチせんでも、次のハードルの後か、もしくはずっと右側を走ってもよかった。ハンドラーのミス。

 JP1でも、スイッチの所ではないが、押してしまう場面があった。でも、なぜか1席。

 
b0066826_17453610.jpg


 「1度を走るに当たっての課題」は、犬ではなく、飼い主の方にあるようだ。

 この後、日が暮れる前に東京に着きたかったので、ヒペリカムさんを残してそそくさと退散。

 ヒペリカム邸、楽しかったぁ! また酒盛りしましょー(←図々しい)

by sawa4482 | 2010-01-20 17:11 |

経過

 15日午後にこちらを出発して、帰ったのは19日夕方。長い旅だった。さつきは以前度々一緒に旅行したことがあるが、エアリアルはこんな長旅は初めて。けど、終始元気だった。飼い主は、心痛と慣れない都内の運転で、ぐったり。

 17日午後2時、ATOM動物病院に到着。さつきの奴、ここが動物病院とも知らず、いそいそと中へ。待っている間に、匂いか、スタッフの服装か、何でばれたのか知らないが、病院だということに気付き、とたんにぶるぶる震えだした(笑)。
 すでにかかりつけの病院からレントゲンが送られてきていたが、改めて詳しいレントゲンを撮る。気管の断面が見える角度で撮ってみると、私が考えていた以上に重症であることがわかった。気管の断面はまん丸であるべきなのに、さつきの気管は三日月。1〜4の四段階の内、重症から二番目の、Grade3だった。「軽症の内に手術を受けた」つもりだったが、実は十分手術すべき時期であったようだ。素早く決断してよかった。
 次いで、先生から、過去の症例を見ながら、手術方法について説明を受けた。さつきの場合は、どうにか病変が頸部に止まっており、胸部の手術は必要ないだろうという話しだった。胸部まで手術しようとすると、開胸術になる。さつきの細くて小さな胸骨を切り開くと考えるだけでかわいそうだが、今回は免れることができた。
 さつきはそのままお預かりとなり、一旦病院を辞した。

 手術前夜、亡くなった父がさつきを散歩させている夢を見た。恐ろしくて目が覚めた。
「お父さん、さつきをあの世に連れて行かないで下さい」

 手術当日。
 手術は1時から始まり、1時間半くらいで終了するから、3時半頃話を聞きに来るようにとのことだった。早めに着いたら、手術は終了したばかり。待つことしばし、ようやく麻酔から覚めたさつきが、若い獣医さんに抱かれて連れて来られた。焼き海苔の半分くらいの面積毛を剃られ、顎の下から10cmばかり切開されていた。
 薄目を開けてグッタリしているさつきを見たら、涙が出そうになった。剃毛や傷を見てビビる私ではない。こんな小さな体で5回目の麻酔に耐え、今回のような大きな手術を頑張ってくれたことに、感動せずにはいられなかった。
 さつきが別室に連れて行かれた後、院長先生から手術の状況を聞いた。術前の内視鏡の写真を見て、衝撃を受けた。正常ならまん丸なはずの気管の天井が、Uの字に垂れ下がり、内腔は元の4分の1位の広さしかなかった。気管をピンセットでつまんでいる写真では、気管がぺっちゃんこになっていた。本来、気管の軟骨は、軽くつまんだくらいで変形するものではない。これほど重症だったとは。
 いつ発症したかなんて今更わかるわけないが、少なくとも、短期間でこれほど進行することはない、かなりの年月がかかるはずという話しだった。昨年夏から秋にかけて疲れやすくなったなぁと感じた頃には、すでにかなり進行していたのだろう。暑い中アジリティの練習をさせて、かわいそうなことをした。手遅れになる前に手術できたのが、せめてもの慰めだ。これで、元気に走り回れるようになったら、どんなにいいだろう。しかし、何はともあれ、麻酔から無事に覚めたことで、ひとまず大きな山を乗り越えた気持ちだった。後は、突発事項なく退院の日を迎えられることを祈りつつ、病院のスタッフを信頼してお任せするしかない。

 19日夕方病院に電話したら、経過は順調で、お利口さんにしているとのこと。気管を切っていないとはいえ、縫っているのだから、手術の直後に激しく吠えたり暴れたりしたら、空気が漏れることがある。それが心配だったが、今のところ大丈夫そうだ。

 激励して下さった皆さんに、感謝の気持ちで一杯です。

 ドギーズパークの競技の結果並びに東京滞在中のことは、また後日。

by sawa4482 | 2010-01-19 09:41 | スキッパーキー

終わりました

さつきの手術、無事終わりました。

手術の部位が部位だけに、数日間は安心できませんが、ひとまず麻酔から生還したので、ほっとしました。
ドッグテイルに来て下さった皆さん、遠くから念を送って下さった皆さん、ありがとうございました。詳しい経過は、帰ってからupします。
取り急ぎ、ご報告まで。

by sawa4482 | 2010-01-18 21:07 |

急展開(途中飛ばしてもいいから、最後だけは読んでね)

 さつきの状態が、連休前から思わしくありません。

 昨年10月に、気管虚脱と診断され、その時は頂いた薬を飲ませて一週間も経たないうちに、ほとんど咳がなくなりました。走るとすぐ息が上がる症状は続いており、普通ではないのはわかっていましたが、咳は滅多にしませんでした。
 それなのに、連休中不在になるため、7日(金曜日)からお師匠様の所に預けに行った時のことです。訓練所で車から出したら、久し振りに激しい咳。空気が冷たいせいかと思いましたが、家の中に連れて行かれるまでずっと咳いていました。その日の夜と翌日の朝、やはりかなり咳き込んで、「あの」さつきがフードの食いつきが悪くなったので、訓練所の人が病院に連れて行ってくれました。薬をもらって、多少軽くなったものの、日曜日に連れて帰ってからも、特に寝起きと興奮した時に咳き込みます。前回は、すぐ咳が治まったのに、です。さつき自身は全く病識がなく、ゲホーッ、ゲホーッと言いながらいつもと同じように動き回ります。それどころか、前回もそうでしたが、薬の副作用なのか一層ハイパーです。見ているこちらは、気が気ではありません。

 連休明けの火曜日、レントゲンの結果を聞きに動物病院を受診しました。その時には、私の心は決まっていました。

 体力のある間に、手術を受けさせる


 気管虚脱は、悪くなることはあっても治ることは決してありません。最悪の場合、息を吸うことも吐くこともできなくなります。そこまでひどくならなくても、慢性の呼吸困難が続けば、心臓も悪くなります。徐々に弱っていって、最後は歩くことさえ困難になるかもしれません。
 現在、ハウスの中で安静にしていれば咳は出ません。散歩も控えめに近所だけ、ボール投げもフリスビーも御法度。家の中でも、跳んだり走ったりしないように、いつもハラハラしています。思いっきり走ることもできず、一日の大半をハウスの中で過ごし、30分ほど近所を歩くだけの犬生で、さつきが幸せと言えるでしょうか?
 病変が気管だけにとどまっている間は、手術も可能ですが、進行して気管支にまで病変が及べば手の施しようがありません。気管の手術をしたからといって、進行を食い止めることができるわけではありません。それでも、悪化するまでの時間がたとえ一年しかなくても、せめてその間は、楽に、生き生きと暮らして欲しい! 思いっきり走って、吠えてこそ、さつきです。
 そう考えて、手術を決意しました。

 気管虚脱に対する手術は、あまり一般的ではありません(理由は別項で解説します)。国内で唯一、気管虚脱に対する手術で好成績を収めているのが、東京のアトム動物病院です。アトム動物病院のことは、気管虚脱の治療について検索しているうちに、そこで手術を受けた犬の飼い主さんのblogで知りました。先生に「手術をしたい」と言うと、勧められたのが、まさしくその「アトム動物病院」でした。Blogで見た子は、普通に呼吸をするだけでも、ガーガー音がするほど重症でした。そんな状態が4年も続いた子なのに、しかも、さつきより小さい子なのに、すっかり元気になったのだから、さつきならきっとよくなるに違いないと信じています。

 今朝アトム動物病院に電話したら、早速17日に入院、18日に手術という慌ただしい運びになりました。そういうわけで、16日に上京します。せっかく東京に行くのだから、かねてから行きたかったDog Tailさんに行きます! 16日(土曜日)、DogTailにさつきがいます。お時間のある方、是非いらしてください。

 でも、都内の運転、怖いよ〜〜〜。
 首都高、通りたくないよ〜〜〜。

 ある意味、そっちのほうが心配だったりして(爆)。

by sawa4482 | 2010-01-13 12:47 | スキッパーキー

走り初め

 世間が日常に戻ったように、昨日から練習開始です。

 課題てんこ盛りのエアリアルですが、
b0066826_18114483.jpg


 課題が多すぎて、何から手を付けたらよいかわからない状態ですが、
b0066826_18121479.jpg


 目標を持って、練習、練習。




 と言いつつ、強風に負けて、今日はサボってしまった orz

by sawa4482 | 2010-01-05 18:15 | アジリティ

今年もよろしくお願いします

 皆様、どんな新年を迎えられましたか? 私は、十数年ぶりに、雪山ではなく下界でお正月を過ごしました。大晦日と元旦は、犬を預けて実家に戻り、2日からは自宅で、撮りためた"Lord of the Ring"を見ながらダラダラ過ごしました。明日から日常に戻ると思うと、まだ三が日なのにすでにお正月気分は薄らいでいます。

 と言いつつ、今日、「初詣」なるものに行ってきました。十数年に渡って、正月は山ごもりをしていたため、初詣をほとんどしたことがありません。エアリアルの散歩を兼ねて、市内では一二を争う初詣のメッカまで歩いて行ってみました。片道40分もかけて歩いて行ったのに、境内に入るまでにこの行列!(O.O;) 
b0066826_20265772.jpg

 
 寒風吹きすさぶ中で待つほど信心深くなく、そのままUターンしてきました(^^ゞ

 行ったからには、帰らなくてはなりません。疲れて一休み。
b0066826_20273437.jpg


 ならばと、今度はさつきを連れて近所の神社に。こちらも、市内では五本の指に入る有名な所です。普段の散歩コースにあるのですが、犬を連れて入るのは何となく憚られ、境内に入るのは初めてです。
b0066826_2039089.jpg


 行列はさほどでもなく、並んでもよかったのですが、間の悪いことに丁度祈祷が始まり、太鼓が鳴ってさつきがパニックに。そのまますごすご帰ってきました。

 昨年は、家族の一人とお別れしました。今年は、みんな元気で過ごせたらいいな。さつきは今のところ落ち着いており、エアリアルは病気知らずです。
 新年の取りあえずの目標は、エアリアルの1度デビュー並びにノーミス完走です。年末年始、すっかりトレーニングをサボってしまいましたが、明日が走り初めです。

 今年も、拙blogをよろしくお願いします。

b0066826_2037627.jpg

by sawa4482 | 2010-01-03 20:22