<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ほろ苦デビュー

 今週から、5週連続、遠征しま〜す。

 第一弾は、OPDES。エアリアルが本格的に1度デビューです。

 一日目。雨上がりで、地面はぬかるみ状態。スタッフが一生懸命水抜きをしてくれたものの、検分は長靴で行う羽目に。

 JP1(ピントが合ってないけど)


 スラで失敗。それでも、1席。実は、4頭しかいなかったのさ。
b0066826_12201966.jpg


 AG1は、画像がありません。が、シーソーを真ん中から飛び下り、スラの入り口をミスって、しかもタイム減点がついて、7頭中5席。

 二日目。前日とは一転、暑いくらいの晴れ。

 JP1


 またも、スラの入り口をミスって、拒絶1がつき、2頭中2席。1席の子も同じ拒絶をしたのに、タイム差わずか0.02秒 ・・・・・・orz

 AG1
 拒絶3で、失格です。


 今回、初めて気付いた。

 エアちゃん、シーソーできなかったのね〜 


 2週間後の泉大津、すでに1度で申し込んであるってのに、どーすんだよ!

 間抜けな話 orz

by sawa4482 | 2010-02-28 22:59 | アジリティ

さつきはすっかり全快(のつもり)

 あまりに更新がないので、一部でさつきの状態を心配して下さっていたようです。ありがとうございまあす。さつきは、元気です。

 退院後、一度も咳をするのを聞いていません。しかし、鼻呼吸の時はいいのですが、興奮したり運動したりして口呼吸をすると、まるで首を絞められたかのような、「しゅーしゅー」とか「ひゅーひゅー」とかいう音が聞こえます。(画像ではなく、音声の方に注目して下さい)


 術後に気管が破れた箇所が狭窄しているのかと思い、かかりつけの動物病院を受診しました。

↓術前
b0066826_11212863.jpg


↓術後
b0066826_11214812.jpg


 レントゲンで比べると、術前に狭かった部分(矢印)が広がって、ほぼ正常になっているのがわかります。退院直前は、気管壁が不整で、一部狭窄している箇所がありましたが、それも改善しています。手術の威力は、大したものです。 
 が、こうなると、逆に呼吸音の原因がわかりません。手術前も、してたっけ? 咳ばかり気にして、聞き漏らしていたのか? 退院時にさつきを受け取る時、ものすごく興奮していたせいもあって、呼吸音に「あれっ?」とは思ったのですが、獣医さんも何も言わず、私も早く連れ帰ることに気を取られて、深く考えませんでした。音の感じからすると、気管というより声帯から口蓋の間に狭窄があるような気がします。そうはいっても、ヒトと違って、内視鏡をするのも容易ではありません。結局、原因はわからず、獣医さんからは、
「興奮させないように」
と言われましたが、そもそも運動しても興奮しても大丈夫なようにと思って手術を受けたのに、「興奮させない」では、何のための手術かわかりません。興奮すればするほど音が大きくなるので、あまりひどくない程度に散歩もフリスビーもしています。

 元気なので、友達のスヌーピーズと一緒に、ドッグカフェ併設のドッグランに行きました。


 こうしていると、すっかり全快に見えます。少なくとも、本人はすっかり全快のつもり。(最後の「ぶつかった」は、エアリアルがよそ見をしていて水道栓に激突した)
 昨年6月、すでにかなり暑くなっていた頃に、やはりスヌーピーズと一緒にここへ来たことがあったが、その時、いつまでも走り回るエアリアルを傍目に、さつきはすぐばてて日陰で休むばかりしていました。その時は、黒いためと歳のせいと考えていたが、今から思えば、あの頃すでに気管虚脱の症状が出ていたのかもしれません。

 たっぷり走った後、人間たちはランチ。天気がよくて季節はずれのぽかぽか陽気で、テラス席でも却って気持ちがいいくらいです。
b0066826_21295666.jpg


 一ヶ月近く入院した後でも、おねだりする時のいいお顔は忘れていませんでした(笑)。
b0066826_2131644.jpg

by sawa4482 | 2010-02-21 19:12 | スキッパーキー

再会

 再会するにあたって、さつきがどういう態度で迎えてくれるかが、心配だった。

予想その1.「寂しかったよ〜〜〜」と、飛びついてくる。
予想その2.「あ、迎えに来たの。じゃ、帰ろ。」と、スタスタ。
予想その3.「よくも一ヶ月もほったらかしにしたわね!」と、怒って無視。

 ま、「その1」は、ないなと思ったけど、現実は限りなく「その2」に近かった。

 院長先生から一通り説明を受け、支払いも済ませると、いよいよさつきが連れて来られた。診察室のドアのガラス越しに、ハーネスを着けられるさつきが見えた。向こうもこちらを見たようだったが、反応なし orz
 いよいよ、ご対面。駆け寄ってくるでもなく、普通に歩いてきた。
「エアリアルだったら狂喜する場面なのに、やっぱりさつきはあんまり喜んでくれないわ」
と思いつつ、ナデナデすると、ゴローンと転がってお腹を見せた。抱き上げると、顔をペロペロ。日頃から素っ気ないさつきなりに、再会を喜んでくれた(と、思うことにしよう)。

 抱き上げたら、ずいぶん軽く感じた。エアリアルの重さに慣れたためかと思ったが、触ってみると、背骨がごつごつ触れるほど痩せていた。特に、脚の筋肉がすっかり落ちていたのには衝撃を受けた。4週間に渡ってケージの中にいたのだから、無理もない。帰ったら、少しずつ運動して、体力を取り戻そうね。

 いよいよお別れという時になって、院長夫人(やはり獣医さん)が、
「さつきちゃん、元気でね」
と撫でようとする手を、

   かぷっっ

 歯は当たらなかったものの、確かにカチッと空咬みの音がした。

 恩を仇で返す犬、さつき


 エアリアルとの対面も、心配のタネだった。ほぼ4週間、飼い主を独占し、ベタベタしてきた所にさつきが帰ってきたら、侵入者と見なして攻撃するんじゃないか?
 それを防ぐために、お迎えにはエアリアルも連れて行った。一緒に帰ってきて、家に入るのはさつきが先。そこまで気を遣ってやったのに、帰宅して一番にしたことは、エアリアルにマウントorz。黙って乗っかられるエアではないので、成功しなかったけど、
「あたしがいない間に、大きな顔をしてたんじゃないでしょうね? 誰が女王様か、はっきりさせてやるわ。」
と、アピールしてました(笑)。
 帰宅早々、テーブルの上の物を物色するし、中身はちっとも変わっていませんでした。

↓ツキノワグマ
b0066826_22594427.jpg

by sawa4482 | 2010-02-12 22:23 | スキッパーキー

やっと決まりました

 さつきの退院日、12日(金)に決まりました。一昨日動物病院に電話したら、
「バッチリです!」
と、今すぐにでも退院できそうな気配。ですが、すぐに東京に飛んで行くわけにはいきません。諸事情により、金曜日に決定しました。やっと、電話が鳴るたびに、
「病院からか?? さつきに何か?」
とドキッとする日々から解放されました。

 今回は、日程の都合で、ドッグテイルに寄ることができません。もしかしたら、これがドッグテイルに集まれる最後の機会だったかもしれませんが、一刻も早くさつきを家に連れ帰りたい気持ちもあり、東京には宿泊しないことにしました。心配して下さった皆さんにお会いできないのは残念ですが、またお目にかかる機会はあるものと信じています。

by sawa4482 | 2010-02-10 22:13 | スキッパーキー

一日千秋

 2週間前の今頃、さつきは手術を受けていた。終わって会いに行った時の、薄目を開けてグッタリしていた姿が、忘れられない。耳を触ったら、冷たかったっけ。

 本来なら、そろそろ退院のはずなのに。
 電話が鳴るたびに、動物病院からかと、ドキッとする。

 靴を脱ぐたびに・・・
 靴下をはくたびに・・・
 料理をするたびに・・・
 洗濯物を干すたびに・・・
 テーブルから立ち上がるたびに・・・

 思うのは、

「さつきがいたら、すぐ片付けないとかじられるのに」
  とか、
「さつきがいたら、スリッパを脱いだ瞬間に持って行かれるのに」
  とか、
「さつきだったら、調理台の上の物を取ろうと垂直跳びするのに」
  とか、
「さつきがいたら、もっと高い場所に干さないと、引きずり下ろされるのに」
  とか、
「さつきがいたら、すぐイスを戻さないと上がられるのに」
  とか、


 こうしてみると、さつきって、ロクなことしてないね(爆)


さつき、早く帰ってこないと、女王様の座をエアリアルに奪われるよ!


↓さつきの定位置に陣取るエアリアル。
b0066826_1331486.jpg

by sawa4482 | 2010-02-01 13:25 | スキッパーキー