<   2010年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

京都CおよびFCI西日本インター

 ドラハ1日目。
 AG2
 エアリアルの苦手なレンガもタイヤもシーソーもない! これを見たとたん、もしかしたら初CRが出るかもしれないと思った。コースも、最近の2度にしては素直。今日CRしなかったら、永遠にCRはない!

 ああ、それなのに、それなのに。

 


 ハンドラー、コースを間違えました。




 3番トンネル、逆から入れてしまった。検分の時には、しっかり頭に入れていたのに。おまけに、周囲がうるさくて、審査員に言われるまで失格の笛に気付かず。そのまま走り続けたドッグウォークのタッチを飛んでしまったので、どうせCRはなかったのだけど。

 JP2(全長139m、標準タイム38秒、旋回スピード3.66)


タイム49.98秒、拒絶1、旋回スピード2.84。後半いい走りだったのに、タイヤの拒絶が勿体ない(;>_<;)

 2日目。
 AG2。直前まで楽しくボール遊びに集中していたのに、リンクインした瞬間からテンション↓↓ 2番ハードルを拒絶。4番スラに入らず、ここで拒絶3の失格031.gif 初めてエアリアルに対して殺意が湧いた。

 JP2。


 遅すぎて、却ってハンドリングしにくいわっっっっ!(怒)

 これで、今年のJKCの競技が全て終了した。いくら、年内のCRをあきらめているとは言っても、1歩前進2歩後退の状況に、がっかりする。

 これを機に、過去のblogを読み直してみると、香川の競技会で「速度が課題」と、すでに書いてある。でも、あの頃はタイヤもレンガも拒絶の気配がない。トンネルだって、必ず入ると信頼できた。そういう意味では、むしろ後退している。
 さつきと走っていた頃の、勝手に一直線に走られて置いて行かれたトラウマから抜け出せず、エアリアルは最初からスピードより、ゆっくり丁寧にハンドリングすることを重視していた。どこかで、「速く走ってはいけない」という誤ったメッセージを伝えてしまったのだろうか? 

 未来永劫クリーンランできない気がしてきた。

by sawa4482 | 2010-11-28 15:47 | アジリティ

徳島北C

 あるインストラクター曰く、
「競技会に1回出ると、3回分の貯金を使い果たす」
そうだ。つまり、競技会に1回出るためには、最低3回練習をしなければならないという意味なのだが、前回のドラハ以来、正式な練習は一度だけ。
 「貯金」どころか、大赤字。
 ホネがついていないのに、骨粗鬆症。

 けど、この日のエアちゃん、2度に上がってから最速の走りでした。

 タイム55.55秒、旋回スピード3.03(全長168.5m、標準タイム49秒、旋回スピード3.44)

 6.55秒のタイム減点!
 初めて10秒を切った!
 この調子で、競技会ごとに1秒ずつタイムを縮めていけば、来年中にはCRだ!




 何たる低レベルな目標(__;)








 JPは、タイム54.66秒、拒絶1、旋回スピード2.93(全長160m、標準タイム45秒、旋回スピード3.56)


 拒絶は、またタイヤ022.gif
 

 「あの」浅田真央選手でさえ、今シーズン、不調に苦しんでいる。ジャンプを1からやり直している最中だからだ。つい、エアリアルと重ねて見てしまう。





 
      真央ちゃんと比べる時点で、すでに間違っているが。

by sawa4482 | 2010-11-14 23:52 | アジリティ

ドラハ2days

 先週の九州に引き続いて、ドラハに来てしまいました。

 リハビリ中だというのに、ドラハ。ドラハといえば、大暴走のあげくの失格に、ンコ失格orzと、どうも相性が悪い。結果は期待していません。人も犬も、場慣れのためということで。

 2回続けて大雨だったというのに、この日は台風直撃\(◎o◎)/!の予報orz
 ドラハ独特の音響にエアリアルがビビらないか心配だけど、台風と音響とどちらを取るかといわれたら、やっぱり音響を取ります(^^ゞ
 当日、何と、台風は余所へ逸れて行きました。小雨が降った程度。風もなし。とはいえ、いくらインドアでも、やはり降らないに越したことはありません。

 1日目。お見せする価値があるような走りではありませんが。
 AG2(コース全長173m、標準タイム52秒、旋回スピード3.33)


 JP2(コース全長153m、標準タイム40秒、旋回スピード3.83)


 結果。
AG:拒絶1、タイム減点13.44、旋回スピード2.64。11席。失格の上の上でした(^_^;
JP:拒絶1、タイム減点11、旋回スピード3.00。8席ですが、完走したのが21頭中8頭だけでした(^◇^;)


 2日目。
 JP2

 やってもうた。ドボン orz。ドボンは、初めてかも。ロングジャンプをやり直す時サイドが変わってしまったのが、失敗の元。
 最近、タイヤとかレンガとかの変わりダネを拒絶する傾向にあって、困っている。

 AG2

 遅いのも遅いのだが、ライン取りにも失敗。2→3は、素直に中抜きしておけばよかった。後で見ると、隣のハードルとの間隔、結構広いじゃないの。遅い犬の脚を更に引っ張るハンドラー。審査員が退屈そうに見ているのが、何とも言えません。結果、ノーミスながらタイム減点18秒くらい。席次は、忘れた。

 Upする価値もない結果で、見て頂いた方には、時間の無駄でした。今回は、1番ハードルを拒絶する心配だけはしていなかった。進歩だ!(?) ドラハの音響は、ほとんど気にしていなかった。だったら、天気の心配もテントを立てる手間もいらないドラハは、ありがたいよな〜。
 

 会場で、巨大スキッパーキーを発見!!
b0066826_1434549.jpg




なわけはなく、クロアチアンシープドッグのクロちゃんです。本当にスキッパを拡大コピーしたような犬。クロちゃんには立派なしっぽがありましたが、断尾されることが多く、そうすると一層スキッパーキーに似ている。
 高速で走っていました。本国では、ハーディングとして、ガードドッグとして、また、ドッグスポーツでも幅広く活躍している。外見はスキッパーキーだけど中身はボーダーコリーと同等と考えてよいらしい。スキッパ飼いとしては、一度飼ってみたい犬種です。

by sawa4482 | 2010-11-01 14:20 | アジリティ