<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

キ・セ・キ

 ザルツブルグ報告が途中ですが、先にupします。

 12日香川、翌日関空に移動、23日帰国、26日滋賀に移動、27日アジ。あまりにタイトな日程なので、最初は参加するつもりはなかったのだけど、諸事情により27のみ走ることに。当然この間全く練習できてない上に、生まれて初めて10日間も預けられたエアリアルの精神状態も心配。不安な出走となったのでした。

 JP2。

 43.96秒(標準43秒)、旋回スピード3.28。

 ゴールした瞬間、タイム減点がついたことが分かった。しかし、クリーンランが少なそうだったので、もしかしたら表彰かもと、若干期待した。いつものように、表彰のすぐ下のあたり(笑)から席次を探したけど、エアリアルの名前がない! まさかの失格??? 下から上まで探したら、、、な、なんと、

 一番上! 
  一席!


b0066826_1234132.gif


 1度の時でさえ一度もなかったのに! 未来永劫ないと思っていたのに! しかも、3頭しかいなかったオビディエンスビギナーと違って、26頭中でしたから、それなりに価値があるかなと(完走率38.46%)。今後二度とないでしょう。

 肝心のAGのほうは、

 51.45秒(標準47秒)、旋回スピード3.11。8位。
 
 ノーミスだったものの、タイム減点が4.45秒もついた。それでなくても遅いのに無駄な走行ラインでさらに旋回スピードを遅くしている。ハンドラーのせいですね。今シーズンでAG.Chに上げたかったけど、果たせなかったのは、残念です。まあ、久しぶりに生き生きと走ってくれたから、次に繋がると前向きに考えることにしよう。1度の時より旋回スピード上がっているし。けど、2度でタイムの心配をしているようじゃ、3度は走れません。エアちゃんは、永遠に2度を走りなさい!

by sawa4482 | 2012-05-27 10:13 | アジリティ

ザルツブルク観光市内編

 到着翌日、選手団と先生たちが会場の下見と練習に出かけたというのに、我々コバンザメ組は、早速観光に出かけました。ホテルからのポストバスが、ちょうどミラベル宮殿の前に停まるので、そこから開始です。バス停の前の駐車場で、朝市をやっていました。
b0066826_15275616.gif

 野菜、果物はもちろん、チーズの屋台もあって、おいしそうだった。けど、もちろん買うわけにはいきません。

 
b0066826_15284921.gif

 ミラベル庭園。この日は、一日中、時折土砂降りを交えて、雨。最高気温10度。寒い!! ダウンを持って行っててよかった!! 前回来た時はベゴニアが植えてあった花壇も、土がむき出しで寒々しい。
 マリアと子供たちがドレミの歌を歌いながら通り抜けた、ツタのトンネル。
b0066826_1534491.gif

 宮殿の正面側は、一応花が植えられていてきれいです。
b0066826_1531848.gif

 この宮殿、元々はザルツブルグを治めた大司教の愛人と子供たちのために建てられました。なぜ「愛人」かというと、建前上カトリックの聖職者は妻帯できないため。最初の建築は火事で焼失し、現在の建物は18世紀に再建されたものです。
 そして、今日、ここは市庁舎として現役です。結婚登録所もあるため、「世界一美しい結婚登録所」として有名で、他の都市で結婚式を挙げてもわざわざ登録だけに来るカップルがいるそうです。日本からも、週1組くらい来るそうですよ〜。

 オーストリアといえば、ザッハトルテでしょう。というわけで、ホテルザッハで、ザッハトルテ。
b0066826_1535887.gif

 お味はというと、うーーむ、正直言って、日本のちゃんとしたパティスリーのザッハトルテのほうが口に合う(^^;と、私は思った。チョコレートコーティングが、日本のものの方が滑らかな口当たりです。やはり観光客がほとんどなのか、ウェイトレスのお姉さん、おつりの2€硬貨をジャラジャラ持っていました。

 この橋を渡ると、旧市街です。
b0066826_15384646.gif


 ザルツブルグは小さい町なので、ミラベル宮殿を別にすると、ほとんどの観光名所は旧市街にあり、すべて徒歩で回れます。というか、旧市街内には車は乗り入れられません。だって、こんなに狭いんだもん。
b0066826_15404431.gif

 鉄製看板で有名なゲトライデガッセ。昔の庶民は文字が読めない人が多かったため、一目で何の店か分かるように、店のシンボルをぶら下げたのです。「魔女の宅急便」のキキの看板みたいに。

 大聖堂の内部。
b0066826_15455963.gif
b0066826_15471689.gif

 ここは、モーツァルトの両親が結婚式を挙げ、モーツァルト自身も洗礼を受けた教会です。その当時の洗礼盤が、今も残っています。
 大聖堂の隣は、聖ペーター教会。そこに、マリアたちがナチに追われて隠れた(という想定になっている)墓地があります。実際には、ここで撮影は行われていないのですが。この墓地、いまでも現役です。さすがに写真を撮るのは気が引けました。
 実は、私、ザルツブルグは2回目です。1回目は、一人でフラ〜とやって来てSound of Musicのロケ地などをふらふら回ったのです。前回時間切れで入れなかったカタコンベを見ようとしたら、今回もタイムアウト! 約20年来の念願かなわず。
 他にも、モーツァルトの住んだ家と、生まれた家にも行きました。モーツァルトの家は、演奏旅行ばかりしていたため、実質数ヶ月しか住まなかったそうだ。生家の一階がSPAR(コンビニの)になっていたのには驚いた。前は、何だったっけ?? 
 と、見るべき場所は一応押さえたものの、女ばかりのご一行、岩塩専門店を見つけて入り、ロクシタンの専門店でお買い物をし、dmという地元のチェーン店らしきコンビニで買い食いをし、全く前に進まないのでした(苦笑)。

  夕暮れの旧市街。
b0066826_15494587.gif

 
 こうしてみると、ほとんど写真撮ってないね〜。一行の中にデジイチを持っていてたくさん撮った人がいたので、それを当てにしてしまいました。

 今回はお仲間がいるので、一人では入れなかったちゃんとしたレストランに行くのも期待していました。この日の夕食は、創業803年、中欧最古と言われるシュティフツケラー・ザンクトペーターで。
b0066826_15492828.gif

 外観に反して結構ハイソなお店で、普段着の我々は多少場違い? しかし、一流の店は、内心はどうあれ、どんな客に対してもサービスが一流なのだ。ここで、ほぼ毎夜、モーツァルトディナーコンサートやってます。出演者は、モーツァルト時代の衣装。見たかったなぁ。
                                                               (続く)

by sawa4482 | 2012-05-26 15:22 |

International Championship in Obedience移動編

 ザルツブルクで行われたWorld Dog Showと、併催されたInternatinal Championship in Obedienceから、23日に帰国しました。うちの犬たちが連れて行ってくれるのを待っていたら、永遠にその機会が訪れないから、訓練所の先生にくっついて行ってきました。

 フランクフルトまで約10時間のフライト、フランクフルトでザルツブルク行きの飛行機に乗り換える。小さい飛行機とは聞いていたが、こんなちっちゃなプロペラ機!
b0066826_1404427.gif

・・・ではなく、小さいながらもジェット機でした。ちょっと残念。

 ここが日本選手団が泊まったホテル。
b0066826_1445092.gif

 選手団のお部屋は、こちらの別館。
b0066826_145116.gif

 元馬車小屋? マロニエの樹が花盛りでした。内部もとってもかわいかったけど、残念ながら、いい写真がない。いいお写真は、こちらから↓
http://www.schlosswirt-anif.at/

 のどかな郊外にあり、すぐ近くにはAnif城というすてきなお城もあって、とてもいい環境なんだけど、何しろ、会場から遠い! ザルツブルク中心部を中点にして線対称の位置にある。滞在中、バス代が何千円もかかった。
 
 到着当日は、ホテルで夕食。私がチョイスしたメインディッシュは、Char(マスの一種)のアスパラリゾット添え。
b0066826_1451236.gif

 美味しかったです。ザルツブルクには、淡水魚料理が豊富でした。加えて、ちょうどアスパラガスの季節。滞在中、グリーンアスパラもホワイトアスパラも、何度も食べられました。日本ではホワイトアスパラのほうがかなり高価ですが、こちらはほぼ同じ値段でした。

 翌日から、多忙な日々が続く。

by sawa4482 | 2012-05-25 14:13 |