<   2012年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ザルツブルグ(Sound of Music編)

 17日(木)は、公開練習の日。コバンザメ組は、それを見ることもなく、Sound of Musicのロケ地を巡るバスツーアに出かけた。世界の一流選手が犬とどう接しているかをこの目で見る絶好の機会だというのに、勉強する気「0」。日本語ガイド付きバスツアーが、日本からネットで申し込めます。宣伝する訳じゃないけど、Panorama Tours。たまたまこの日は我々一行しか申し込みがなく、事実上のプライベートツアーだった。何しろ、直前の競技会にノートパソコンを持ち込んでDVDで予習するほど気合いが入っていたのだから、期待も半端ありません。

 ミラベル宮殿から出発。「ドレミの歌」を練習していた階段から庭園を見る。
b0066826_1545647.gif


 8人乗りのミニバスで旧市街に移動。「ドレミの歌」に出てきた馬洗場。
b0066826_1544866.gif

 大司教の馬をこの池で洗ってきれいにしてから、左側に続く厩に入れたのでした。厩は現在元の建物はなく、祝祭劇場になっています。Sound of Musicの終盤音楽会が開かれた岩をくりぬいた劇場はその後ろにあるらしいのですが、残念ながら一般の人は入ることができませんでした。旧市街には車で入れないので、市内はここまで。馬洗場と祝祭劇場の間にあるトンネルを抜けると、ホーエンザルツブルグ城が建つメンヒスベルグの裏に出られます。そこからあまり遠くないところに建つのが、レオポルツクローン城。
b0066826_1543276.gif

 映画の中では、トラップ大佐の家の裏側という設定でしたね。ちなみに、家の表側は、また別の建物で撮影されました。マリアと子供たちがボートから落ちたこの湖は、人工湖です。大司教が、ある日、「そうだ、鴨狩りがしたい」と思い立って、森を切り開いて湖にしてしまったのです。恐るべき権力の濫用です。そもそも、レオポルツクローン城は、大司教の狩りのための館として建てられました。狩りをするのにこんな大邸宅が必要なのか???と思いますが、イギリス映画などで、大勢の貴族が馬に乗り、たくさんの従者や犬を引き連れて狩りに出かける場面を見ます。彼らを全員泊めて歓待するには、これくらいの館が必要だったのでしょう。
 I am Sixteen.を歌うガラスの東屋は、元々この宮殿の庭にあったそうですが、ロケ地を見に来る観光客が後を絶たず、当時レオポルツクローン城を所有していたハーバード大学(だったかな?)が研究の邪魔になるということで、ヘルブルン宮殿に移築されました。お城自体は、現在ホテルになっています。泊まりたい〜。けど、我々は対岸から写真を撮っただけで移動。
 マリアが"I have confidence"を歌いながら走ってきた並木道。
b0066826_15415951.gif

 しかし、マリアがベルを鳴らすトラップ邸の玄関(が撮影された館)は、ここから数キロ先にあります。編集の力です。
 ガラスの東屋のあるヘルブルン宮殿に移動。ヘルブルン宮殿は、たくさんの仕掛け噴水で有名ですが、東屋の前で写真を撮っただけで、また移動。ザルツカンマーグートを目指します。途中にある、ヴォルフガング湖畔のザンクトギルゲンという街です。
b0066826_15431150.gif

 ここは、モーツァルトのお母さんの出身地であり、後にモーツアルトの姉が嫁いだ街でもあります。前の日は雨で何にも見えなかったそうです。本当は前日に申し込みたかったのだけど、日本語ガイドが手配できず、この日になったのですが、かえってラッキーでした。
 さて、いよいよ、マリアとトラップ大佐の結婚式が撮影されたモントゼーの教会です。
b0066826_15413757.gif

 
b0066826_15422885.gif

 小さいけれど、装飾がきれいなかわいい教会でした。修道女たちがマリアを見つめる鉄柵は、ここではなくノンベルク修道院で撮影されました。やはり編集力のおかげです。
 モントゼーの街は、隣り合った家同士は必ず違う色に塗られています。法律で規制されている訳ではなく、慣習だそうです。
 
b0066826_15425619.gif


ここにあるカフェのアップルパイが、何年か前のお菓子博覧会で1等賞になり、一気に有名になりました。残り時間わずかでも、逃しません。ヨーロッパは、何でも量が多い! アイスクリーム付きを頼んだら、アイスが2個も!
b0066826_15424239.gif


 パイを食べ終えたら、後は帰るだけです。が、帰路もガイドさんが沈黙することはありませんでした。ロケ地を回る間は、映画の説明、撮影の裏話、トラップ一家に関する実話と、立て板に水のトーク。それが終わると、オーストリア事情、ガイド事情、家族の話…行きも帰りも、バスの中が静寂に包まれる時間は、一瞬たりともなかったのでした。すごい人でした、Tさん。
 "Sound of Music"は、公開から40年以上経つというのに、世界中から観光客を引き付け、毎日数本のロケ地巡りツアーが出ています。映画が人気であり続ける理由の一つは、ザルツブルグの名所を上手に映像に取り入れているところでしょう。かくいう私たち一行の中にも、公開当時リアルタイムで観た人は一人もいません。ロケ地は点在しているので、効率よく回りたかったらバスツアーはお勧めです。期待を裏切らない内容でした。

by sawa4482 | 2012-06-17 16:10

さつき、9歳

 5月21日、さつきが9歳になりました。もう、バリバリのシニアです。9年間が長かったような、短かったような・・・

 誕生日当日は、不在だったため、何もなし。帰ってからも何かと忙しく、放置していましたが、このままでは何の記念もないまま来年を迎えてしまいそうなので、やっと恒例の写真撮影だけ済ませました。
b0066826_1272647.gif


 朝8時だというのに、太陽光線が熱い! さつきがまぶしそうにするので、なかなかうまく撮れませんでした。

 手術から2年半、相変わらず息づかいは荒く、苦しいんじゃないかと思うのですが、散歩はぐいぐい引っ張るし、フリスビーは上手だし、本人は以前と変わった意識はないようです。
 このままずっと元気でいてくれと、祈る毎日です。

b0066826_1271263.gif


 本人は、暑い中写真撮影をされるより、ケーキの方が嬉しいでしょう。ごめん〜〜、もう少し待って〜〜。

by sawa4482 | 2012-06-10 12:04 | スキッパーキー