<   2012年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

4週間

 昨夜は、疲れてすぐ寝付けたので、エアリアルが来てくれても来てくれなくても、わからなかった。

 昨日は、一日中前夜の不思議な出来事を反芻していた。
 まず、錯覚かと思った。しかし、あまりに感覚が生々しく、錯覚でないとすると、何かが来た!。エアリアルが生前私の服をくわえて引っ張ることがなかったので、初めは、エアリアルではない何者かだと思った。後から考えると、私のことを見ていても私に気付いてもらえないから、ここにいるよと知らせてくれたのだろう。初めての経験だったから、半信半疑だった。エアちゃんだと確信が持てていたら、もっとお話ししたのに。

 昨夜は、時計を見ながら「あの夜エアちゃんはこうだった」と思い返すことはなかった。前の晩(日付は昨日になっていた時刻だが)、会いに来てくれて、慰めになったから。少し前までは、闘病中のエアちゃんの姿が勝手に脳裏に蘇って、消そうとしても次から次へと悲しいことばかりが思い出されて泣くことが多かった。その頃は、元気だった頃の姿は思い出せず、写真を見るのも耐えられなかった。最近は、できるだけ病気になる前の姿を思い出そうとしている。そして、10月に入ってからの悲しい姿を、意識的に頭から追い出すようにしている。

 こんなに早く、エアリアルを思って悲しむ時間が少なくなって、いいのかなー? 罪悪感を感じる。次第に悲しむことが減って、楽しい気持ちで懐かしむようになるのが、自然の流れなの? 罪悪感を抱く必要は、ないの?

 でも、昨日、犬友から連名でお悔やみの品を渡されたときは、涙がぶわーっと溢れた。犬が表紙になった可愛いアルバムと、おやつ。おやつのうち1つは、エアリアルが最後までトリーツにできたボーロだった。ボーロをエアリアルに供えながら、骨壺を抱いてまた泣いてしまった。
 ドラハでコイケルを見かけたと聞くと、エアちゃんもその中にいるはずだったのにと、いたたまれない気持ちになる。

 やっぱり、立ち直っているわけではないんだ。コイケルを見たり、コイケルの話を聞いたりしても平気でいられるようになるには、まだまだ時間がかかりそうだ。

 それにしても、エアちゃんの死が、こんなにも大きな衝撃だとは。

 想像を遥かに超えるものだ。



 

by sawa4482 | 2012-11-28 07:53 |

不思議な体験

 昨夜は、薬を飲んだにもかかわらず、全然眠気が訪れなかった。エアコンを入れた部屋が暖かく、両手を布団から出して横になっていた。

 突然、左手のトレーナーの袖口を引っ張られる感覚がした。続いて、左の二の腕にかすかに触られる感覚が。
 
 さつきか? でも、さつきは足元で丸くなって寝ていた。

 私には初めての経験だったので、正直、少し怖かった。恐る恐る目を開けて、
「エアちゃん、エアちゃんなの?」
と呼びかけてみた。何も見えなかった。けど、見られていると強く感じた。

 何だったんだろう? 左側は、いつもエアちゃんが寝ていた側。エアちゃんが会いに来てくれたのだったら、嬉しい。毎晩でも来てほしい。

by sawa4482 | 2012-11-27 18:43 |

キャンセル

 12月に北九州で開催されるFCIインターのために予約してあったホテルを、キャンセルした。JKCのHPにスケジュールがupされてすぐの予約だったから、ずいぶん前。インターまでには治ればいいな、せめてビギナーでも走れるくらいまで回復してくれれば、と思って予約してたのに。まさか、いなくなるとは。

 これで、エアリアルと行く予定だった宿のキャンセルが、全て完了。

 エアリアルとの時代が終わった。



 胸が一杯です。

by sawa4482 | 2012-11-26 14:11 |

見える人

 私の友達の娘さんは、いわゆる「見える」人だ。葬式に行くために自分の車に乗ろうとしたら、弔われる当の本人が車に乗っていた、などという経験をするそうだ。

 一方、私は、霊感のカケラもない。死んだ人なんか見たくないから、見えない人でよかったと思っていた。


 これまでは。



 今は、「見える」人がうらやましい。だって、見えたら、エアリアルが側に来たのがわかるから。せめて、足音だけでも聞きたい。何となく家にいる気配はあるのだが、元々が鈍い人なので、確信が持てない。

 いなくなってから、夢でさえまだ2回しか出てきてくれない。
 1回目は、闘病中の姿そのままで、夢の中で「あちらに行ってまで、どうして病気のままなの?」と思った。
 2回目は、健康な姿になっていて、トイレまで私の後を追ってきた。「食べられないのに生きていられるって、奇跡だね」と思った次の瞬間、「ああ、エアリアルは死んでたんだ」と、夢の中で思った。


 あー、見えたらなー。

by sawa4482 | 2012-11-26 09:30 |

少しずつ日常に

 昨日、車の後部の棚をやり替えた。本来は、アルファが大きくなってペットボイジャーが窮屈になってきたから、200のバリケンが3個乗せられるようにレイアウトを変えるつもりだった。材料が届いたのが、エアリアルが悪性リンパ腫と診断されたまさにその日。結局、バリケンが3個必要になることはなく、そのまま放置しておいた。元の通り2個乗ればいいので、棚板を一枚追加しただけのプチ改造で終わった。

 車の中を片付けていたら、エアリアルが使っていた金属と木のダンベル、それに名前を刺繍した首輪が出てきた。持ち主のいない道具を見る程空しいことはない。エアリアルが車の中で使っていたバリケンは、エアちゃんの念が籠っているようで、まだ片付けられない。家の中で寝ていたハウスは、空っぽなのを見るのが耐えられなくて、すぐ片付けた。アルファには、新しいのを買った。

 今日、山本央子先生のしつけ教室に参加してきた。テーマは、パピーの問題行動。アルファは、子犬らしいいたずらはするけど、問題行動と言える程のことはまだしない。他の犬が好きすぎることと、リーダーウォークが全然できないことくらい。人に対しても、臆病でも喜び過ぎもしない。バランスの取れたいい性格だと思う。犬に行ったのを呼び戻すやり方と、リーダーウォークの教え方を習った。
 大切なのは、「叱らない」ことと「嫌悪刺激は百害あって一利無し」。好ましくない行動は、無視していれば消える。飼い主が騒ぐと、その行動は強化される。
 講義を聴きながら、エアちゃんのことがしきりに思い出された。あんなにいい子を、私は叱ってしまった。エアちゃんは、ママと一緒にいたかっただけなのに、私は競技のために余計なプレッシャーをかけ続けた。子犬の頃は、いつも天真爛漫な笑顔全開だった。成長するに従って、その笑顔が曇っていったのは、私のせい。
 エアちゃんに申し訳ないのと、切ない程恋しくてたまらないのとで、講義の間中涙があふれ続けた。スライドショーで部屋が暗くてよかった。
 でも、Nさんは気付いていた。そして、どうして私が泣いているかも。

 今でも、エアリアルの待っていない家に帰るのは苦手だ。その反面、エアリアルはまだ家に留まっているような気がする。
 いくら嘆いても、エアちゃんは蘇らない。なのに、1ヶ月近く経った今も、エアちゃんを思って泣いている。

 アルファには楽しく長生きしてもらうことが、エアリアルの犠牲に報いる一番の恩返しだね。

by sawa4482 | 2012-11-24 23:30 |

アルファ@キンデルパーク

 お茶会仲間と、キンデルパークに行ってきました。いつものお仲間のうち1人の都合が付かなかったのに半ば強引にお誘いしたのは、一人で家にいたくないからです。お付き合いくださって、ありがとうございました。

 今日は、風もなく、気持ちのいい小春日和。エアは競技会でよく雨にたたられたけど、10月に具合が悪くなって以降は、なぜか天気に関しては運がいい。エアリアルが守っていてくれるような気がする。歩けなくても、生きてさえいれば、カートに乗せて連れて来ることができたのに。

 初めてのキンデルパーク。アルファ君、予想通り、はじけた。みんな楽しそうだったけど、一番元気に走り回っていた。さつきが易々上がったり下りたりする急斜面を、自分も下りられると勘違いしているらしく・・・目が離せない。


トレーニングエリアを見下ろして、何思う。
b0066826_13234139.gif


 さつきは、ナントカの高上がり。テーブルを見ると、上がらずにはいられない。
b0066826_13243626.gif


 みんな十分走った後、ドッグカフェに移動。さつきが、入ってから帰るまで、ずっと伏せしていられたので、感心を通り越して、心配になった。途中、吠え立てる小型犬が入ってきたのに、全く反応せず。しんどいのかなあ? 来月予定している心臓の検査、早めるべき?
b0066826_132508.gif

 アルファは、ウロウロしたものの、おとなしく、5ヶ月のドッグカフェデビューにしては、上出来と言っていいでしょう。
b0066826_13251658.gif


犬用ケーキの端っこを、サービスしてもらった。
b0066826_13253342.gif

 「Alpha」のスペルが違うけど(笑)。さつきは、気配がなさ過ぎて存在に気付いてもらえず、ケーキがもらえなかった。もちろん、半分こしたけど。

 今日は朝からうきうき気分だったが、キンデルで以前撮ってくれていたエアちゃんの写真を見たとたん、平常心を失った。
b0066826_834116.jpg

 エアちゃんがいなくなってからの2週間は、時間の流れが別次元で、まだたった3週間とは信じられないくらい長い長い時間が経ったような気がし、ともすれば、エアリアルが側にいたこと自体、夢まぼろしだったのではないかとさえ感じることがあるくらいだ。それが、その写真を見たとたん、確かにエアリアルがこの世にいて、この場所にいたことが実感され、突然悲しみがこみ上げてきた。その後、ドッグカフェにいても、最後にエアリアルと来た時(多分去年のこと、コイケルのアルティちゃんママにお会いしたときだったはず)のことを思って、沈んでいた。帰り道も、隣に友達がいるのに、泣きながらエアリアルの思い出をくどくど語ってしまった。ごめんなさい。

 4年は、短すぎました。エアちゃん、もっと一緒にいたかった。

 楽しい一日になるはずだったのに、悲しみに沈んで終わってしまった。

by sawa4482 | 2012-11-22 19:11 |

3週間

 昨夜は、落ち着きなく何度も時計を見てしまった。

 今朝は、4時半に目が覚めた。エアちゃんが旅立った時刻。

 まだたった3週間。嘘みたい。もっとずっとずっと長かったような気がする。エアちゃんがいたのが、ずいぶん前のことだったような気がする。特に、ミルトスセミナーから帰ってから徳島に行くまでの1週間は、どうやって過ごしたのか、ほとんど記憶がない。時間の流れが違う別の世界に行っていたような感じだ。

 車に乗ると、まだエアリアルが助手席にいるような気がする。最後に病院から帰るとき、じっと私を見ていた姿が浮かぶ。あの時、エアリアルはさようならを言っていたんだね。日が経つにつれて、ますますその思いが強くなっていく。

 昨日、アルファのフィラリアとノミダニ予防の薬をもらいに、病院に行った。毎日のように通った病院。夜、エアリアルが点滴を終えるのを迎えに行った病院。待合室に座っていると、扉を開けたら以前のようにエアちゃんが診察台の上で待っているような気がして、涙をこらえるのに苦労した。

 エアちゃんが元気だった姿は、写真に残った静止画でしか思い出せない。記憶の中のエアちゃんは、朝起きて夢を思い出すように、思い出そうとすると頼りなく消えて、つかもうとする手からするりと抜けてしまう幻のようだ。
 むしろ、聴覚や触覚に残っている。
 エアちゃんがソファに上がるドタドタいう足音。夜、ベッドに上がって来て私の横で2回クルクル回ってからどさっと横たわる音、私の背中に押し付けられたエアちゃんの背中の感覚。

 最近、平常心で普通に生活している自分がいる。アルファに夢中になったり、バラエティ番組を見て笑っている自分がいる。もう立ち直ったのか。私って、愛情の薄い人間だったのね。
 と思っていたら、わずかなきっかけで涙があふれて止まらなくなる。エアちゃんの名前を呼びながら、号泣することがある。

 夜、ご飯も食べず、風呂にも入らず、エアちゃんと過ごしたソファに座ってぼーっとDVDを見ていると、本物の鬱病じゃないか、薬を飲んだ方がいいかも、と我ながら心配になることがある。アルファがいなかったら、間違いなく本物の鬱病になっていただろう。アルファの貴重な成長期を大切にしなければという気持ちで、どうにか動いている。
 アルファは、楽しい子だ。いつもしっぽが左右に揺れて、何を見ても楽しくて仕方ないと言っているような子だ。アルファを見ていると、いつの間にか笑顔になる。その間だけは、エアリアルのことを忘れている。
 
 しかし、次の瞬間、我に返る。

 まだ3週間しか経っていないのに、エアリアルのことを忘れて笑っていていいの?
 エアちゃんの苦しみを思うと、私が笑うことは、一生許されないのでは?

 とさえ、思えてくる。それが間違った考え方とわかっていても。

 一人でぼーっとする時間を作りたくなくて、仕事のない日は、できるだけ予定を入れるようにしている。夜あまり眠れないのに身体を酷使して、そのうちポッキリ折れるんじゃないか?

 

 

by sawa4482 | 2012-11-21 19:58 |

山歩き

 日曜日は、前日の雨と打って変わって晴れ。初めてアルファを山歩きに連れて行った。市内にあって、家族連れから本格山登りの練習まで、休日は結構人気スポット。今年遅れ気味の紅葉が、見頃だった。
 最後に来たのは、まだエアちゃんがいない頃だったから、4年以上前? そんなに来てなかったっけ?

 アルファは、初めての場所でも関係なし。タッタカタッタカ前を歩く。
b0066826_19595642.gif

 大きな声では言えないが、実験とトレーニングの両方の意味で、人がいなくなったらリードを離した。大体先に立って歩くが、絶対に見えない場所には行かない。気になる物があって遅れても、視界から消える前に走って追いつく。呼べば必ず戻ってくる。
 人が来たらリードを付けるのだが、「わんちゃん、カワイイ〜♪」と言って寄ってくる幼児に触られても動じなかった。さつきは論外、エアリアルも喜び過ぎて親戚の子を怖がらせたことがあった。アルファ、特にしつけもしてないのに、上出来です。
 往復40分くらい、行きが下りで帰りが上り。5ヶ月の子犬にしてはよく頑張って歩いたが、帰りは「もう上れません」というので、最後の数百メートル、抱っこして歩くはめに。運動不足の身体にはこたえた。

 入れ替わりにさつき。こちらは、ノーリードなど全く論外。すれ違う人に吠えないよう神経を使うだけでも疲れるわ。
b0066826_2002047.gif


 さつきと歩いていたら、
「さっきと犬が違いますね」
と声をかけられた。よく見てるなー。犬が好きな人なんだろうか?

 人間だけだったら、挨拶を交わすだけだろうに、犬といると何度も話しかけられた。犬力、すごい。
 そうそう、何年かぶりに、
「それ、何ですか?」
と聞かれた。ものすごく驚いた顔だった(笑)。

 合計1時間15分位の行程。ずっとエアちゃんが後ろを付いて来ているような気がして、何度も振り返らずにいられなかった。

 午後、修理に出していたさつきのケータイストラップを受け取るために、アジ練している広場に行った。ついでに、断尾も完了!
b0066826_2005546.gif


 そして、嬉しいサプライズが!
b0066826_2011262.gif

b0066826_2012667.gif

 マズルのソバカス、ちょっとデコなところ、黒い耳のフリンジ、身体の模様、全部そっくり。こんなに小さいのに、よくここまで忠実に再現できましたねー。
「何かしたくて」
と言ってくれました。ものすごく嬉しかった。本当にありがとう。

 エアちゃん、これでいつも一緒だね。

by sawa4482 | 2012-11-19 17:43 |

いつになっても・・・

 毎日、エアリアルのことを考える。

 3週間前の今日は、エアリアルが最後に病院に行った日だ。
 帰り道、前日までは、ずっとコットに横たわったままでいるか、陽光を楽しむようにお空に鼻先を向けていたのに、その日に限って、コットの縁に顎を乗せて、ずっと私のことを見ていた。

 エアリアルがコットの縁に顎を乗せて外を見たのは、それが最後だった。

 その日の夕方から、外に連れて出ても、コットから外を見ることはなくなった。

 あの時、エアリアルはお別れが近いことを知っていて、ママにさようならを言っていたんだね。ママも、何となくそんな気がしてた。

 そして、翌々日、朝が来るのを待たずに旅立った。

 あれから、まだ、たった3週間。

 毎日毎日、こんなことばかり考える。エアリアルを思って泣かない日は、一日もない。

by sawa4482 | 2012-11-19 08:07 |

物事の順番と意味

 この1週間は、毎日予定が入っていて、過ぎるのが早かった。
 その前の2週間は、とても長かった。3週間前は、エアリアルが隣にいた。

 まだ、たった18日。

 今日は、ミルトスのしつけ教室に行ってきた。あいにく朝から雨で、デッキでの教室となった。今日の課題は、「飼い主に注目する」だった。アルファは、5ヶ月にしてはよく集中が持ったと思う。五月雨式におやつをもらい続けて、1時間近く、ほぼ、じっとしていたれた。さつきが5ヶ月の頃は、1秒もじっとしていられず、さつきといるのは苦痛だった。エアリアルでさえ、もう少し落ち着きがなかったような気がする。マグカップを持った右腕に飛びついて、コーヒーがこぼれたこともあった。
 しつけ教室が終わる頃、一時的に雨がやみ、教室に来た犬たち一同をドッグランに放した。5ヶ月のノーリッチテリア、1歳11ヶ月のコーギー、2歳のゴールデン。誰も争うことなく、みんな楽しそうに走り回った。同じ年頃の方が気が合うのか、アルファはテリアが一番お気に入りだったようだ。
 雨が上がっていたのは、ドッグランにいた短い間だけだった。ミルトスが大好きだったエアリアルからの贈り物のように思えた。
 しつけ教室の間、アルファに集中して、エアリアルのことを思い出さなかった。ドッグランにいる間、どの犬もとても楽しそうで、私もとても楽しい気持ちだった。さすがに、しつけ教室の後で行ったうどん屋さんでエアリアルのことを口にした時だけは、やっぱり涙が出た。家に帰ってからも、今日はエアリアルを思って泣くことはなかった。

 エアリアルの命の灯が消えていく時の手の感触は、今でも生々しく思い出すことができる。何かの拍子に闘病中の姿が頭に浮かぶと、次から次へと悲しい思い出ばかりが思い出されて涙が止まらなくなる。この文章を書いている最中も、やはり涙が出てくる。
 でも、今日は、「今の」のエアリアルを思い浮かべるようにした。元のきれいな姿に戻って、自由に走り回っている姿を。そうすると、穏やかな気持ちになれて、涙が止まる。無理してるのかなあ? それとも、悲しみから抜け出す段階が一歩進んでいるのか? 自分でもわからない。

 アルファは、絶妙のタイミングでやってきた。今アルファがいるおかげで、することもお出かけするチャンスもある。正直、さつきだけだったら、もっと引きこもって泣いてばかりいたと思う。エアリアルは、私に多くの愛をもたらしてくれた。そのエアリアルが来たのは、さつきがいたから。
 さつきのことは、「飼わなきゃよかった」と何度思ったことか。あまりに手を焼いたから、しつけ教室には熱心に通った。そのおかげで、今回助けてくれた仲間と親しくなれた。もし、最初の犬で苦労していなかったら、アジもしなかっただろうし、アジを通して知り合った人たちとも知り合うこともなく、エアリアルも来ず、エアリアルを通して知り合った人たちとも巡り会えなかっただろう。
 そう考えると、全ての順番にもタイミングにも、意味があるのだなぁと思う。

 ローレンは、エアリアルと私は前世で5.6回一緒にいて、直近の1回以外は、どちらかがもう一方のために犠牲になる関係だったと言った。今回は、「私が」犠牲になったと。エアリアルが「命は与えられ、また取り上げられるもの」ということを学ぶために、私が病気の犬を飼い、悲しい思いをすることになったと。
 でも、ローレンが何と言おうと、私は、犠牲になったのはエアリアルだと思う。私に何かを伝えるために、若くして病気に苦しみ、死んでいったのだと。
 エアリアルが、年老いて亡くなったのだったら、もっと早くエアリアルの死に納得できただろう。
 でも、まださつきもアルファも元気で、私が老年に差し掛かる前に伝えることに、意味があったのだと思う。

 ローレンは、また、今世でエアリアルと再会することはないとも言った。けど、エアリアルと全く同じ姿・心を持った犬と出会うことはなくても、もう一度エアリアルのような運命の子と出会うことはあるような気がする。今日のしつけ教室の先生も、同じことを言った。エアリアルとは会えなくても、エアリアルが次の出会いを調整すると。

 私がエアリアルのために泣かなくなった時に、エアリアルは安心して虹の橋を渡るだろう。

 でも、エアちゃん、ママがもう少し強くなるまで、側にいてほしい。

by sawa4482 | 2012-11-17 22:41 |