<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

もうすぐ1年

 1年前の何月何日に何をしていたか、即座に答えられることは、滅多にないだろう。

 私は、10月24日のことを、ありありと思い出すことができる。

 その日は、朝から一日仕事だった。エアリアルをオフィスに連れて行き、奥の休憩室に寝かせておいた。手が空いたときは、ずっと付き添った。点滴も、そこでした。
 午前の仕事が終わる直前、ほとんど身動きのできないエアリアルが、急に上半身を起こした。「トイレ」のサイン。幸い1枚だけ持っていたトイレシートの上に寝かせると、かなり大量の排尿をした。汚れた脚を拭いてやりながら、太腿の筋肉がほとんどそげ落ちているのに衝撃を受けた。それまでは、どんな姿になっても側にいてほしいと願っていたが、これ以上生きることを望むのは、飼い主のエゴだと悟った。

 28日、日曜日。みんながトレーニングしている広場に連れて行った。大好きだったTさんが頭をなでてくれても、目も開けなかった。友達が会いに来てくれると言ったのに、突然空が黒くなり、ゲリラ豪雨。面会は断って、急いで連れて帰った。

 29日、月曜日。最後の通院。皮下点滴をしてもらい、おそらく翌日は通院できる状態ではないだろうと、点滴セットをもらって帰った。
 抜けるような青空。車の中が暑くなる程のポカポカ陽気。帰り道、珍しくエアリアルがカートの縁に頭を乗せて、こちらをじっと見ていた。「さようなら」を言っていたんだと思う。運転中であまり相手をしてやれなかったのが、心残りだ。家に着いたら、もう頭が引っ込んでいた。

 30日、火曜日。前日とは打って変わって、どんより曇って肌寒い風が吹いていた。いつものように広場に連れて行っても、身動き一つせず、「もういいよ、早く帰ろう」と言っているようだった。
 夜、久しぶりに頭が上がっていた。試しに水の入ったボウルを口に近づけると、ぴちゃぴちゃなめた。もちろん、1滴も喉には入っていなかっただろうけど。文字通り、末期の水。

 その7時間後、エアリアルは死んだ。

 思い出すと、今でも心が痛む。涙が溢れる。毎日、時間単位の変化に翻弄され、死を覚悟してからは身の置き所がない程辛い毎日だった。
 けれども、あの1ヶ月は、日々弱っていく姿を見せて、往生際の悪い飼い主が心の準備をするために、エアリアルが与えてくれた時間だったのだと思う。付ききりで看病する時間は、エアリアルが私にくれた最後の贈り物だったのだと。

 エアリアルが病と死をもって教えてくれたことを、エアリアルに返すことは、永遠にできない。それが残念でならない。残された2頭のためにに生かすことが、私に残された使命なのだろう。

by sawa4482 | 2013-10-27 19:40 |

技の伝承

 最近、アルファが、若い頃のさつきに似てきた。

 テーブルの上の食べ物を盗み食いする、スリッパをくわえて逃げる、飛びついて服を破る、おやつをもらう時指まで一緒にガッツリ・・・

 うちに来た頃は、ドライフードを1粒ずつ上品に食べ、人の指に葉を当てることもなかったのに・・・

 「氏より育ち」とは、このことか。

 仲良さそうに頭を付き合わせて何かを語り合っていると思えば、こんなことを伝えていたとは!
b0066826_1304214.gif

by sawa4482 | 2013-10-26 12:52 |

万物は流転す

 9月のことになりますが・・・

 20年来、毎年のようにスキーシーズンには訪れていた信州のペンションが、オーナーの高齢化を理由に、9月末でクローズすることになりました。最後に、旅行仲間と訪れました。さつきは、4回目だけど、アルファはもちろん初めて。ただし、犬は車中泊ね。

 駐車場で、正体不明の野生動物のウンチがお出迎え(笑)。
b0066826_19122248.jpg


 季節外れの暑さに当てが外れたけど、朝夕はさすがに涼しい。木漏れ日の中のお散歩は、気持ちがよかった。いつも、木の葉が落ちてからしか来たことがなかったから、新鮮な景色。
b0066826_1764686.gif


 戸隠奥社へ。鳥居の前に、「ペット禁止」の立て札が! 何年か前、さつきと来たときはこんな物なくて、雪の中、終点まで一緒に歩いて行ったのに。今回は、記念撮影のみ。
b0066826_16492054.gif

 プレハブ同然だった茶店が、立派な蕎麦屋になっていたのに驚いた。

 黒姫高原は、コスモス祭りの最中。
b0066826_21233558.jpg
b0066826_21222023.jpg
b0066826_2121589.jpg


 コスモスと、なぜかダリアも、満開。臨時にリフトも動いています。連休でもないのに、意外に人出があった。

 黒姫高原と隣接する前山スキー場にはだれもいないので、2頭を放牧。
b0066826_21182743.jpg

b0066826_21195084.jpg

b0066826_21185155.jpg


 雪のないスキー場は、夕暮れになると、「強者どもが夢の後」という言葉がぴったりの寂しさです。
b0066826_2118164.jpg


 何10回も信濃町を訪れたのに、今回初めて「ナウマン象博物館」に行きました。だって、冬期閉鎖ですから(笑)。これで、見残した所はないかも?

 ペンションのオーナーが私より年上だから、いつかこんな日が来るだろうと思ってはいたけど、いざ現実になってみると、「この世に変化しないものは一つもないのだ」と、改めて思い知らされました。これで、黒姫高原を訪れるのも最後かもしれません。

 うちで一番の変化といえば、もちろん、エアリアルがいないこと。

 そして、10月。今月は、やたらにエアリアルのことを思い出します。

 オマケ。信濃町のマンホールの蓋は、「ナウマン象」
b0066826_21234957.jpg

by sawa4482 | 2013-10-25 17:12

OPDES加古川続き

NV1。Mark40さんからいただきました。
b0066826_1955838.jpg

 ハンドラーの必死さが伝わる1枚(笑)。

NV2
b0066826_1963030.gif

b0066826_1964315.gif


NV2表彰。
b0066826_973086.gif

b0066826_9251970.jpg

by sawa4482 | 2013-10-24 09:11 | アジリティ

OPDES加古川

 アルファ君、公式戦デビューです。

1日目。
 NV1。リアクロスからトンネルに入れられず、拒絶1(NVでは減点になりません、タイムロスのみ)。3席。
 NV2。無理にフロントクロスに入ろうとして失敗。5席。

2日目。夜から降り続く雨。アルファ君が気にしない子でよかった。幸い、出走の頃には小降りに。
 NV1

 CR。1席。旋回スピード5.31m/s。

 NV2

 CR。1席の子と0.6秒差で2席。旋回スピード6.02m/s。5m/s台後半を目標にしていたので、ひとまず満足。


 2日ともアホアホな走りにならなかったので、安心した。特に2日目は、NV1ではまだ準備ができていないのに走ろうとして、「待ってください」と止められ、NV2ではンコしている間に出走順が来てコールされ、どちらもハンドラーの不手際があったにもかかわらず、全く影響がなかった。アルファ君に助けられました。

 

by sawa4482 | 2013-10-20 20:09 | アジリティ

チームテスト

 10月だというのに真夏日のこの日、終に、チームテスト本番(^o^;A 
 先週ホームグラウンドで実施されたのに、当日不在にて、仕方なくアウェイで受けることになりました。

 当然ながら、周りは知らない犬ばかり。一番の不安は、休止中、もしくは称呼中、ペアになった犬にご挨拶に行ってしまわないかでした。

 いくら真夏日でも、さすがに夏とは違って、日陰は涼しい。そこから炎天下のグラウンドに出た瞬間、アルファ君のテンション、ダダ下がり。

 脚側:模擬よりはよくできました。

 座って待つ:振り返ると、立っていた))@o@((。練習でも、伏せたことはあっても、立ったことはなかったのに!!! すぐにもでこちらに来そうな気配。「来るな〜〜」と祈りながら戻ったら、なんとかその場を動かずにいられた。大幅に減点。

 フセからの称呼:フセはコマンドだけでできて勢いよく走って来たまではよかったが、ハンドラーを大幅に通り越した上に、ハンドラーの周りを一周してから脚側に。大幅減点。

 休止:右を見たり、左を見たり、腰を動かしたり、終始落ち着きなく、でも、どうにか動かずにすんだ。

 結果、模擬では満点だった座って待つと休止で減点されて、合計点は模擬より悪かったけど、41点で合格。これで、やっと重荷から解放された。脚側が上手になっていたのは、収穫でした。さつきやエアリアルだったら、絶対にアウェイで受験しようとは思いません。何とかまとまったのは、アルファならではでした。

 次は、ホームで受けたいものです。

by sawa4482 | 2013-10-06 20:52 |