<   2015年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

さつき急変

 気管虚脱の手術を受けてから、まもなく丸5年。

 年末までは、フリスビーができるくらい元気だった。

 年末年始は、訓練所にお預かり。
 3日帰宅した後、たまに軽い空咳をしていた。
 4日、ちょっと咳が増えたかな? 昨年春のレントゲンで、気管虚脱が進行していることは分かっていたので、いよいよ少しずつ症状が悪化して来ているのかと、軽く考えていた。
 5日、朝から咳き込むことが増えた。時間が経つにつれて、ますます増える。このままなら、明日にでも病院行きか? と思っていたら、午後になっていよいよひどく咳き込み始めた。これは、明日まで待っていられない。その日のうちに受診することにしたが、午後の診察開始まで時間があったため、広場でアルファの自主練。その間わずか1時間程の間に、絶え間なく咳き込む程ひどくなった。

 病院で、レントゲン、血液検査。
「ただのケンネルコフであってくれ」
という祈りも空しく、気管虚脱の悪化だとorz
 鎮静剤と中枢性鎮咳剤(オピオイド、ヒト用にはスタゾールという商品名で鎮痛目的の注射剤として販売されている)を注射し、眠りに落ちて一応、咳は治まった。抗生剤と、咳止めシロップを処方してもらって帰宅。

 鎮静剤の効果は30分くらいで切れると聞いていたのに、帰宅後、足元がフラフラ、痴呆の犬のようにうろうろ徘徊、障害物にぶつかっては身動き取れない、という状態が、6時間以上続いた。

 どうやら、飼い主のことも認識できていないようだった。
 
 治まっていた咳は、帰宅後1時間も経たないうちに再発。横になると咳が出るので、ずっと立っている。立ったまま寝て、ガクッとなる。

 疲れているだろうに、横になって寝ることもできない。咳止めシロップは、2回は注射器で飲ませることができたが、鎮静剤の効果が切れてからは、逃げ回って捕獲できず、飲ませられない。いつもなら目の色を変える好物を出しても、見向きもしない。飲ませるのを断念。明け方4時頃になって少し咳が治まり、ようやく寝ることができた。

 6日朝は、いつもと同じ量の朝ゴハンを食べた。前日よりは、咳も少ないようだ。病院でも、調子が良いようだと言われ、帰宅。雨を幸い、散歩もせず自宅安静。相変わらず横になると咳き込むため、立ったままたたずんでいることが多かった。
b0066826_23524371.jpg


 ところが、夜になって咳が増え、前夜よりひどい。全く横になることができない。半分普通に息をして、半分咳をしている状態。全然寝られなかったに違いない。
 翌朝、ゴハンに全く口をつけない。これは、完全に緊急事態。すぐさま受診。一日預からせてくれと。この

 治まっていた咳は、帰宅後1時間も経たないうちに再発。横になると咳が出るので、ずっと立っている。立ったまま寝て、ガクッとなる。

 疲れているだろうに、横になって寝ることもできない。咳止めシロップは、2回は注射器で飲ませることができたが、鎮静剤の効果が切れてからは、逃げ回って捕獲できず、飲ませられない。いつもなら目の色を変える好物を出しても、見向きもしない。飲ませるのを断念。明け方4時頃になって少し咳が治まり、ようやく寝ることができた。

 6日朝は、いつもと同じ量の朝ゴハンを食べた。前日よりは、咳も少ないようだ。病院でも、調子が良いようだと言われ、帰宅。雨を幸い、散歩もせず自宅安静。相変わらず横になると咳き込むため、立ったままたたずんでいることが多かった。
b0066826_23524371.jpg


 ところが、夜になって咳が増え、前夜よりひどい。全く横になることができない。半分普通に息をして、半分咳をしている状態。全然寝られなかったに違いない。
 翌朝、ゴハンに全く口をつけない。これは、完全に緊急事態。すぐさま受診。一日預からせてくれと。この日は仕事で1日中留守にしなければならなかったので、入院させてもらって助かった。夕方、電話してみたら、今は寝ていると。寝られたんだ。よかった。
 夜になってお迎えに行ったら、病院では缶詰を食べ、薬も飲めたと。咳をしながら出て来たけど、朝よりはずっとマシな感じ。ステイロイドと気管支拡張剤の内服が追加になり、吸入薬ももらって、帰宅。
 帰宅後、ゴハンも食べられた。夜は、自分から私のベッドに上がって来て、横になって寝ていた。何度か咳き込んでいたものの、起こされたのは、「ほんの10回」くらいで済んだ。
 翌朝からは、咳もぐんと減り、食欲もほぼ戻った。1日3回吸入、内服4種類。それでも、咳を差し引くと、普段の5分の1程度の元気さを取り戻した。近所を少しお散歩することもできた。
 
 9日現在、動くと咳が出るけど、咳き込んで寝ることもできないという状態はなくなった。陰を潜めていた無駄吠えがやや復活の兆し。よい兆候と言えるだろう。食べ物を受け付けなくなった時は、これでもう終わりかと思ったがもう少し、さつきとの時間が過ごせるかな。

by sawa4482 | 2015-01-09 23:25 | スキッパーキー

再・合同誕生日会(写真入り)

(写真が表示されなかったので、写真を入れて編集し直しました)

今年も後2日! ヘルシンキ紀行も途中のまま、年を越しそうです(>_<)

この1年は、とにかくアジリティに必死でしたが、アジだけしていたわけではありません。

10月16日、10年来の犬友達と、犬たちの合同誕生会をしました。子犬の頃からのお付き合いですが、犬たちもシニアになり、いつまでみんなで集まれるかわからないからと、企画しました。
ところが、その予言通り、誕生会を前に、1頭が虹の橋を渡ってしまいました。
リーナちゃん。
b0066826_10155192.jpg


何年も前から病気と戦いながらも、夏前のお茶会ではそんなことを感じさせない位元気だったのに。体調を崩してからは、あっという間だったそうです。長い間苦しまなかったのが、せめてもの救いです。リーナちゃんがいなくても、飼い主さんはお茶会に来てくださいました。

犬たちの誕生日ですから、ワンコ用ケーキ。人間のアレルギー対応のケーキ屋さんで特別に焼いていただいた物です。
b0066826_22264417.jpg



一頭ずつの似顔絵クッキーも。あまりにそっくりすぎて、食べられません(笑)
b0066826_22275232.jpg



エアちゃんの席も設けてくれました。
b0066826_22301177.jpg



飼い主たちは、地元で人気のお店のお弁当です。ワンコたちはお庭を走り回り、飼い主たちは心ゆくまでおしゃべり。奇跡(笑)の集合写真を改めて見ると、初代犬たちが年をとったなあと、しみじみ。後何回こうやって集まれるかわかりませんが、できるだけ長く続きますように。
b0066826_22494119.jpg


さて、今年も後わずか。ご縁のあった方々、たくさんの楽しい時間をありがとうございました。来年はもっとよい1年でありますように。よいお年をお迎えください。

by sawa4482 | 2015-01-06 18:23 |