飼い主、反省

 治療食を始めて2週間。治療開始後初めての尿検査をした。結果。沈査(結晶や細菌など)なし。pH5.5。pH下がり過ぎだけど、それだけ早く結晶が溶けて、まあいいでしょうということだった。
 結局、結石ができやすいのは生まれつきの体質だが、直接の原因は、食餌にあると言われた。つまり、飼い主の責任。フードは良質のものを与えていたのでいいとして、余計なおやつが悪いと。赤面。
 犬は、別に色々な物が食べたいとは思っていないもんね。さつきだって、食事制限をしても心配したようにトレーニングへのモチベーションが落ちることもない。おやつは、飼い主の自己満足なのだから。そんなことのためにさつきを苦しめて、ごめんねー。

 と、反省しつつしつけ教室へ。今日は、別のクラスの子が3頭、飛び入り参加した。初めて見る犬がいたため、さつきの集中力は最低の部類。課題の途中なのに、勝手に新顔のところへ行ってしまう。それでも、やっとの思いで集中を取り戻して、どうにか課題をこなしていった。
 問題は、飛び入りの3頭。最初から最後まで、吠え続けている。クレートに入れても、まだ吠えている。飼い主さんの心の広さにも驚く。私だったら、とっくの昔にぶち切れてるわ。てか、黙らせろよなー。ハードル一つ飛ぶのにも苦労しているのを見ると、さつきがいかにできるようになっているか、改めて思い知らされた。「木曜日のクラスが、一番進んでるんです」というインストラクターの言葉は、まんざらお世辞ではなかったようだ。クラスが終わって運動会の準備をする間、クレートに入れていたら、存在を忘れてしまうくらい静かに待っていられた。

 できるようになったら、できるのが当たり前になって、できなかった頃の苦労を忘れていた。さつきも、最初は一本のハードルを、おやつで誘導して飛ばせるところから始めたんだよなー。スラロームも、一本一本おやつで誘導してたっけ。さつきがどれだけ進歩したかを忘れて、集中がないことばかり怒って悪かった。かあちゃん、ちょっぴり反省したよ。
 大会に出るような人から見ると、全然大したことないとはわかっているけど、さつきが進歩したことは認めてやらなくては。

 以上、2点、今日は飼い主が反省する日でした。
 
 しかし、新しい犬が3頭いただけであんなに興奮していたのでは、運動会当日は一体どうなるんだろう? 知らない犬がもっとたくさんいるのに。本当に無事に終わるのか、一層不安が増大したのであった。

b0066826_204949.jpg

 写真は、内容には関係なく、ベッドカバーの下から私のパジャマを引っ張り出すさつき。こういういたずらは、今ても止みません。

by sawa4482 | 2004-11-25 20:37 | スキッパーキー