札幌で海の幸三昧

 翌日、札幌に移動。その前に、人気のラーメン屋で、今話題の旭川ラーメンを食べたのに、例によって写真がありません。食べ物を前にすると理性が吹っ飛ぶのは、さつきと同じです(x_x)。
 夕方、遅れて来た友達と合流し、札幌市内をウインドウショッピングして回りました。さすがは160万都市。広島県某市とは大違いです。つい、靴を買ってしまった(__;)。
旅に出ると、どうして財布の紐が緩むんだ!

 黄昏のテレビ塔。
b0066826_19339.jpg


 夜、やっと北海道の海の幸にありついた。旭川では、食事付き宿だったんだけど、ホタテの刺身が内地ではあり得ないくらい大きくて肉厚ですごくおいしかった以外は、粗末だったのよ。ま、払った金額に見合ったものしか手に入らないって訳で。

 刺身の盛り合わせ。サンマ、ボタンエビ、ウニ、ホッキ貝。  
b0066826_1932670.jpg

 他にも、焼きタラバとかあったんだけど、二人とも理性が飛んでしまって、写真なし(笑)。

 仕上げは、塩ラーメン。
b0066826_1934234.jpg

 いつもなら、「仕上げの○○」はしないのだが、旅に出るとどうして胃袋が緩むんだ!

 翌日、帰りの飛行機に乗る前に、場外市場で昼ご飯。これが北海道で飲む最後の酒だ。「男山」(旭川の酒)。
b0066826_193568.jpg

 五品のせちらし。
b0066826_1941185.jpg

 厚岸産殻付き牡蠣。広島のより平たくて、からの表面がゴツゴツしていない。磯の香りが強いのに全然生臭くなく、大変美味。
b0066826_1942550.jpg

 肉球型の携帯ストラップにも注目して下さい。札幌で買っちゃった。見るだけのはずだったのに・・・
 またもやボタンエビ。
b0066826_1944693.jpg


 内地ではなかなか手に入らないオスのししゃも(身はこちらの方がおいしいと言われている)とイクラの醤油漬けをお持ち帰りした。最後の二日間で、ようやく北海道に来た実感が湧いたのであった。

 さつきをお迎えに行くと、一応飛びついて歓迎してくれた。よかった。「先生のとこの子になります」と言われたらどうしようかと思った(笑)。

 帰宅後、体脂肪計付き体重計に乗ったら、実質二日半の滞在で、一ヶ月以上に及ぶ入隊の成果が完全に水の泡。ま、予想していたことではあったけどね(__;)。それより、固くなりかけていた腹筋が元のふにゃふにゃに戻ったのには驚いた。堕落するのは、あっという間だね。

 札幌もよかったけど、旭川は風景がとても綺麗だった。緑が多くて、お散歩する場所に困らない感じ。次は、さつきを連れて行きたいな。

by sawa4482 | 2007-09-25 19:04