<   2005年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

木曜アジ倶楽部

 と、勝手に命名して、木曜日の午前中に有志でアジ練をやってます。アジがうまくなりたいというのもあるが、第一の目的は、落ち着きのない奴らのパワーをあらかじめ奪って、しつけ教室で大人しくしてもらうことにある。

マテ
b0066826_2356876.jpg

ジャンプ
b0066826_23572363.jpg

ターン
b0066826_2358965.jpg

カム
b0066826_23593148.jpg


 道具は、全て木曜アジ倶楽部会長の手作りです。
 ↓これ、なんだと思います? 「タイヤ」です。本物のように揺れこそしませんが、ちゃんと高さも変えられます。会長の創意工夫には頭が下がります。輪っかの材料は、配線を地中に埋めるときに使うチューブです。私も、輪っかだけもらって、家で「火の輪くぐり〜」とか言って遊んでいます。
b0066826_00231.jpg


 ↓えー、これは、不肖私め作のアジ道具です。会長作に比べると、ずいぶん見劣りしますが、手製アジ道具の条件その1:安い(←コレ、一番大事ね)、その2:組み立てが簡単、その3:持ち運びが簡単は、満たしております。ちなみに、写真のセットでかかった材料費約1600円でした。

b0066826_003074.jpg

 で、さつきがスラロームすると、こうなるのね。
b0066826_01294.jpg

 それにしても、軽量化を重視するあまり、無風状態限定使用になってしまったのが悔やまれる。

by sawa4482 | 2005-01-27 23:36

Nossa! いつの間に?

 朝、ベッドメイクをしようとしたら・・・
b0066826_19351386.jpg


 い、いつの間に??? 鼻を近づけてもかすかにしか臭わないので、かなり日が経っているらしい。

 もうトイレの失敗はしないだろうと安心していたのに。むぅ、油断した。

 それにしても、こっちは頭側だよ。今まで気がつかなかった私って・・・

by sawa4482 | 2005-01-27 19:11

牡蠣食べ放題→ドッグラン

 今日は、しつけ教室のミニオフ会だった。行き先は、犬連れて泊まれる宿としては説明無用の超有名ペンション、ラハイナです。

 着いたら、まず人間の腹ごしらえ。牡蠣食べ放題+鴨鍋。みんな、犬のことは忘れて黙々と牡蠣と格闘します。が、殻付き牡蠣を食べるには、両手が塞がる。犬を置いてきた人が約一名いたが、それが正解かも。
b0066826_20161586.jpg

 でも、みんな静かに足下でフセをして待てました。さすが、上級クラスです。たった一頭吠えていたのが、うちのさつきだった。(ー"ー;

 これだけカロリーを摂取したんだからね、消費しなくちゃ。犬と一緒に走りましょう。

 という訳で、アジ道具を持ち込んで、出張アジ教室の開催です。普段からしつけ教室でアジをやっている子も、まだ不慣れな子もいたけど、みんな楽しそうに走っていました。
b0066826_20244628.jpg
b0066826_23103122.jpg

b0066826_20251155.jpg


 人も犬も楽しんだことと思います。今頃は、犬たちはみんな疲れて寝ているんじゃないかな? さつきも、これを書いている足下で寝ています。
b0066826_2031092.jpg

 
 今日参加してくださった皆さん、ありがとうございました。アジ教室を指導してくださったインストラクターの先生、ありがとうございました。また何か企画しますので、よろしくお願いします。

by sawa4482 | 2005-01-23 20:34

さらば、マザーボール1号

 秋・冬・春と、3シーズンに渡ってお留守番中のさつきを守ってくれたマザーボールに、お別れを言う時が来た。理由は、言うまでもなく「ボロくなったから」。
 ボロくなるには、さつきがずいぶん貢献してくれた。何しろ、私が帰宅すると、このような状況(↓)。
b0066826_0114028.jpg

 パパが帰宅する遥か前から待っているレノン君のような超能力犬もいるというのに、さつきときたら、飼い主がリビングのドアを開けてからおもむろに「あ、帰ったの?」と、のそのそ立ち上がる。でもって、サークルから出してやろうとすると、なぜかマザーボールをカミカミ。留守番させられてすねていることをアピールしているのか? 何を考えているのかわからん。

 とにかく、連日の攻撃の前に、さしものマザーボールも満身創痍。小さな穴がたくさん開き、そこから中身がちょびっとずつ飛び出して行った。その結果、あれほどふかふかだったマザーボールが今ではペタンコに。ついに、前線から退いていただくことにした。

 後継者として、マザーボール2号を選出してもよかったのだが、ハウスとしては外が丸見えよりもクレートの方が落ち着くそうだ。本当は、サークルの中にクレートとして使用しているバリケンを置きたいのだが、そうしたらバリケンを踏み台にしてサークルから脱走することは、子犬のときに証明済み。
 なので、クレートにもなり、しかも踏み台にできないように、広げればハウス、たためばベッドになるソフトなハウスを買ってみた。

 試しに与えてみると・・・
b0066826_027734.jpg

 あの〜、さつきさん、それはカミカミして遊ぶおもちゃじゃないんですけど。
 フードで釣ると、首だけは突っ込むものの・・・
b0066826_0284246.jpg

b0066826_0291770.jpg

 そこでくつろいでどうするんですか? 中でくつろいでくださいよ。

 という訳で、最後まで中に入ってくれませんでした。いずれは、ちゃんとした用途を理解してくれるのでしょうか?

by sawa4482 | 2005-01-22 00:33

フリスビー大会→ドッグラン

 県内でフリスビー大会があった。それにしつけ教室で一緒の人が出るとなれば、これが見に行かずにいられようか。
 ドッグスポーツ素人の私は、会場に着いてびっくり。大会を転戦する人達ってのは、装備からしてすごい。みんなテントを張るのは当たり前、携帯コンロやイス・テーブルを持ち込んで、昼食の仕度もバッチリ。友だちはフリ仲間のテントに入れてもらっていたのだが、私は初対面にもかかわらず、図々しくも豚汁をご馳走になってしまった。
 会場は時折風が吹いて、投げ手にはちょっと苦しいコンディションだった。友だちは私にとっては師匠なんだが、それでもなかなか真っ直ぐ飛ばず、苦労していた。本番ってのは、難しいもんだな〜。
b0066826_23405135.jpg

 それにしても、本気でポイントを取りに行く人達は、気合いが違うね。ナンチャッテフリスビーの私など、到底お呼びでないということがわかった。言ってみれば、たしなみでピアノをバイエルまでやりましたというのと、音大に入って将来プロを目指す人くらいの違いがある。私にはそこまでの根性はないわ〜。第一、他県まで遠征してたら、仕事に差し支えます。ま、これからもナンチャッテフリスビーで行きましょ。

 せっかくここまで来たので、以前から気になっていたドッグランを偵察して帰ることにした。普通に家から行くと、高速代が勿体ない場所にあるので、近くまで来たこの機会に寄ってみた。
 ドッグラン、といっても、畑の真ん中をフェンスで囲っただけのもの。左上に見えるログハウス風のコテージでフードなどのグッズが買え、ドリンクも頂ける。といっても、コーヒーくらいだけどね。
 コテージに入ったとたん、四頭のMダックスに吠えつかれた。一応、さつきも吠えて応戦したものの、さすがに腰が引けてた。いきなり非友好ムードで迎えられたせいか、コーヒーを飲む間、いつになくおとなしく足下でフセをしてじっとしていた。
「おとなしいですね〜」
と他のお客さんに言われたが、ちがうちがう、さっきまで知らない人や犬がいっぱいいるところにいたから、疲れているんだよ。本性は、こんなものじゃありません。
 よその子が、いきなりさつきの後ろから触ったので注意したら、その子のお母さんが「いつも知らない犬を触っちゃいけないと言ってるでしょ。○○ちゃんだって、知らない人から触られたらいやでしょ・・・」と子供をくどくど叱り、子供が泣き出してしまった。泣かせるくらいなら、目を離すなよ。
 変な空気になったので、ドッグランに出てみた。広さはまあまあ。トンネルやシーソーがあって、それなりに工夫されている。さっきの大会に触発されてディスクを投げてみたが、さつき、相変わらず興味なし。匂い嗅ぎの方が忙しい。
b0066826_23412552.jpg

 それにしても、周りを畑で囲まれた木の柵の中にスキッパがいると、ドッグランというよりは、なんつーか、イノシシ牧場だね(笑)。

by sawa4482 | 2005-01-16 23:23

人生最大の危機

というのはちとオーバーだが、人生で二番目に重くなったのは事実。

 生涯で最も重くなったのは、学生時代。イギリスでホームステイをしていた時、ホストファミリーのお母さんが作るデザートがあまりにおいしく、毎日喜んで食べていたら、「食べっぷりがいい」と喜ばれて、いっそうデザート作りに精を出すようになり、それをまた喜んで食べ・・・。おかげで、わずか一ヶ月で10kgも太った。帰国後すぐに乗った体重計の方が壊れていると思ったくらいだ。撮り貯めた写真を現像して驚いた。顔の大きさが時系列で並べられるくらいに変わっていたのだ。人間って、短期間でここまで太れるのね〜〜〜。

 現在、当時に次ぐ重さだ。あの時は、元の食事に戻ったら体重も方もすぐ元に戻ったけど、若い頃の生活習慣を続けるだけ太ってしまう今の年代では、どうなるの?

 さつきが来てからというもの、一瞬たりとも目が離せず、まともな食事も摂れなくてあっという間に4kgも痩せてしまった。それが、しつけの甲斐あって、家でゆっくりワインが飲めるようになり、気付けばさつきが来る前の体重を超えていた。
 去年の夏が終わってから、近所を歩くだけの散歩はしなくなっており、バベシア騒動以降は河川敷にも行っていない。家の中でしつけ教室のおさらいをすることが多かった。でも、さつきは運動不足で太るということはない。何しろ、頼みもしないのに垂直跳びの技を日々極めていますから。
 でも、私はこれじゃマズいよ〜〜〜〜。

 という訳で、近所のお散歩復活。ちょうど、寒波も和らいだことだし。

 正月で増えた体脂肪は、会津の輪っぱ飯と猪苗代の蕎麦でできています。これから、それを燃焼するぞ! そして、次回の輪っぱ飯と蕎麦に備えるのじゃ。

by sawa4482 | 2005-01-14 21:53

IQテスト第3弾

 これも、ずっと以前、どうぶつ奇想天外でやっていた。
「バスタオルを犬にかぶせたら、何秒で払いのけるか」というもの。
 ほっかむりと基本的には同じ傾向と言える。

 バスタオルを持ち出すと、早速、「何、何、何、何、何するの?」と、興味津々で寄ってくる。その上にタオルをバサッとかぶせると、、、

 スルッ。
b0066826_23331868.jpg

 ちょ、ちょっと、写真取る暇なかったじゃん。

 仕切り直し。
 バサッ。
 スルッ。
b0066826_23341665.jpg

 何度やっても、バサッ→スルッ、バサッ→スルッ。

 で、結局こんな写真しか撮れなかった。

 番組では、頭がいいはずの介助犬が、タイムアウトになるまで何もせずにじ〜〜〜〜っとしていた。解説のドッグ・トレーナー曰く、
「介助犬は、人から指示があるのを待っているんじゃないでしょうか」
 う〜む、説得力あるわ。介助犬が人の命令に関係なく勝手に動いちゃ困るもんね。そこが、頼みもしないのに余計なことばかりするさつきとの違いね。

 フードをハンカチで隠す、ほっかむりに続く第3問目であったが、これらのテストは、結局犬の知能テストではなくて、性格テストのような気がするなぁ。

 ちなみに、下の写真は、「頼みもしないのにベッドカバーの下に潜り込む」の図です。
b0066826_2352218.jpg

by sawa4482 | 2005-01-12 23:53

ほっかむりですか?

 「どうぶつ奇想天外」を身損ねたのは返す返すも残念だが、他の人のblogから概要が見えてきた。
 要するに、ほっかむりをさせて、それを取るかどうか試せばいいのね。

 まず、ほっかむりする事自体、大変でした。やっとの思いで手ぬぐいを巻き付けたと思ったら・・・
b0066826_22441848.jpg

 ものの1〜2秒。カメラを構える暇もなかった。

 これって、知能が高いの?

 ちなみに、さつきの場合、服+ジェントルリーダーで彫像が出来上がります。
(↓参考資料)

b0066826_22544510.jpg

by sawa4482 | 2005-01-10 22:56

犬の知能テスト

 確か、Banana Roomだったと記憶しているが、以前、犬の知能を調べる方法が話題になったことがあった。ハンカチの下にフードを隠して、どうやってフードをゲットするかというものだった。もちろん、ハンカチをどけて食べるのが正解。
 暇なのでさつきに試してみた。
 
 迷うことなく、ハンカチとフードを一緒にくわえる。
b0066826_20162413.jpg

 そのままガジガジ。
b0066826_2017022.jpg

 ま、それなりに幸せそうだからいいけどね。
b0066826_20173810.jpg

 で、その結果が、これ。
b0066826_20181139.jpg

 新年早々、さつきの知能指数があまり高くないことがわかってしまった。

 は〜あ、明日のンコは、タオルの繊維混じりだわ(鬱)。

by sawa4482 | 2005-01-05 20:20 | スキッパーキー

遅ればせながら、明けましておめでとうございます

 昨日、裏磐梯から帰ってきた。一昨年の夏さつきがやってきてから、仕事上の出張以外でさつき抜きの旅行は初めてだ。
 正直言って、「犬がいないと、こんなに楽なのか」と思った。
 さつきと一緒だと、調度品を壊すんじゃないか、粗相をするんじゃないか、吠えるんじゃないかと、毎回気が気じゃなくて、緊張の連続なのだ。その点、今回は、何も心配することなく、好きなときに温泉につかって、好きなときに寝られる。家にいても、さつきがお眠になって歯を磨かせてくれるまで寝られない。旅行中は、暇さえあれば寝て、これまでの睡眠不足を思いっきり取り戻した。それでも、昼間「眠い」を連発して、仲間に「寝過ぎ」と非難されてしまった。

 さて、昨日は、空港から直接さつきをお迎えに行った。お預かりのときは、迎えに行くたびに、「元気でしたよ」と言われる。複雑な気分。少しは寂しがってくれよ〜。
 昨日も、「元気でしたよ」と言われながらクレートに入ったさつきを手渡された。家に帰ったら、別に喜んで飛びついてくる訳じゃなし、普段通りのさつきだった。や、別に、いいんですけど。その方が、心置きなく預けられるし。でも、少しくらい再会を喜んでくれてもいいんじゃな〜い? ブツブツ・・・
 今夜は、ずっとケージの中にいた反動で、なかなか寝てくれないだろうなと覚悟していた。ところが、ご飯を食べ終わると、自分のベッドに直行して寝てしまった。普段お眠になる時間より一時間以上早い。寝ているのを無理矢理引っ張りだして、歯磨きをした後、膝犬になってるさつき。このまま、「ナニワ金融道」が終わるまで、膝の上で熟睡していたのでした。
b0066826_13404622.jpg

 いつも平常心(=普通の犬の興奮状態)に見えるさつきだが、五日間も知らない犬や猫に囲まれて過ごすのは、余程ストレスだったのかなー。飼い主はさつきがいなくて楽をしたなんて思って、悪かったかなー(←少しだけ反省)。飛行機に乗せられたり、長時間車に揺られたりしても、連れて行った方がさつきは幸せなんだろうか?

 次回は、幸せでも不幸せでも、一緒に行っていただきます。

by sawa4482 | 2005-01-04 13:43 | スキッパーキー