<   2005年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

人と犬との共存はムズカシイ・・・のか?

「てくてく探検隊」、それは、知らない街ですてきなお散歩コースを発見し、その街にあるドッグカフェでランチまたはお茶することを目的に結成された。ただ今、隊員はTanukoとさつきの一人と一頭である。
 あは、つまり、自分たちのことを勝手にこう呼んでいるのさ。

 先週に引き続き、今日は岡山まで遠征した。岡山と言えば、金沢の兼六園、水戸の偕楽園と並ぶ、日本三大名園の一つ、後楽園がある。名園の名に恥じない立派な庭園だが、当然と言うべきか、ペットは立ち入り禁止。ものは試しと、半田山植物園にも電話して訊いてみたが、やっぱりペット不可。総合運動公園も、犬は入れない。岡山の風は、犬に対して冷たいのぉ。デリにさえ犬を連れて行けるNYとは何という違いであろうか。
 でも、仕方ないとも思う。お恥ずかしい話だが、私が住む街では、一歩家を出れば至る所に犬の落とし物。土の上はさらにひどい。誰も拾ってないんじゃないかと思うくらいだ。「土の上なら自然に帰る」と言い訳してるんだろうが、自然に帰せるのは野生動物の分だけ。人の手によってどんどん繁殖する犬の分までは勘定に入れてないと思うぞ、自然界は。
 パリのフン害は悪名高いが、パリではウンコ拾いは市の仕事だと聞いた。つまり、犬のウンコを拾って歩くために雇われている人がいるわけだ。そうと決まれば、権利意識の高いフランス人が自分で拾うわけないわな。
 私の住む市の市議会に、「ウンコ拾いのために、新たに市の職員20人雇います。つきましては、この人たちの人件費年間6000万円を予算に計上致したく・・」なんて議案を提出しようものなら、即刻否決でしょうな。

 でも、後楽園の外周は、一周1700mのウォーキング道が整備されている。気を取り直して、外周をお散歩する。フェンス越しに園内が見えてお得な気分。地元の人の間でも手頃なお散歩コースになっているらしく、たくさんのワンコ連れとすれ違った。散歩道に沿って桜並木が植わっている。花の季節はさぞ見事なことだろう。途中で旭川の河川敷に下りることもできる。
↓向かって左手が後楽園、右手は岡山城。
b0066826_21273063.jpg

↓橋を渡ると、岡山城だ。真っ黒な外壁が異様だが、このため別名「烏城(うじょう・トリではない、カラス)」と呼ばれている。さつきとは、真っ黒仲間?
b0066826_2128628.jpg


 さすがに建物の中には入れないが、城内を散策することはできる。後楽園と合わせて、一時間程度の適度なお散歩になる。

 今日のドッグカフェは、nick's Wan。カフェの他、ワンコグッズや子犬も販売している。グッズの品揃えを見てもそうだけど、小型犬をターゲットにしているらしい。客もほとんどがフリフリのお洋服を着たチワワとかパピヨンとか。さつきが大きく見えた。店内があまり広くない、というより結構手狭なので、大型犬には窮屈と思われる。
b0066826_21283710.jpg

↓さつきはおやつに夢中。顔、恐いぞ。
b0066826_21323323.jpg

b0066826_21383194.jpg

 日曜日だからたまたまかもしれないけど、このカフェ、大人気。昼過ぎにも関わらず、満席だった。みんな、ちゃんとしたお出かけの服装をしている。山歩きするような格好は、私だけだ。
 おやつなどを取り出すのに便利なように、デイパックをテーブルの下に置いていたら、空いているイスの上に置いてもいいと言われた。断ると、「他のわんちゃんにおしっこかけられてもいけませんから」って、それって、違うんじゃないの? 他の客の持ち物にマーキングするような子は、自由にうろうろさせずにリードで自分の側につけておくのが本当だろう。
 こんな意識がまかり通るようじゃあ、犬が自由に出入りできる範囲は広がらないと思うよ。まず、飼い主がマナーを改めなければ。

by sawa4482 | 2005-02-27 15:57 | スキッパーキー

しっかりしろよ、飼い主

 フードをもらってしばらくしたら、さつきは私のベッドの上で寝ていた。こういう時、飼い主の取るべき態度。
○ベッドから下ろして、クレートに入れる。
×そのままベッドでくつろがせる。

 昨夜、私が取った行動は、×の方でした。いや、普段ならそんなことはしないんだけど、「かわいいね〜」と添い寝してなでなでしていたら、そのまま自分の方が爆睡してしまったのでした。コンタクトレンズは入れたまま。酸素透過性だから、目はダイジョブなんだけどね。電気もテレビも点けっぱなし。家計がダイジョブじゃない。
 夜中に目覚めると、さつきはベッドの真ん中を占領しており、私はベッドの長い辺に対して直角に寝ていた。
 明け方目覚めると、さつきは自分のベッドに移動して寝ていた。

 本格的に起きると、私のベッドの上に吐き戻しがしてあった。半分消化されたフードに混じって、タイヤゴム製おもちゃのかけらが多数。昨日初めて与えたら、かじかじして、かけらを部屋中に散らかしていたが、一部を食べていたとは。道理で、あの食い意地の張ったさつきが、昨日はフードを食べ残したはず。単にクレートから出て食べたいというわがままだと思って、取り上げたのだが、さすがに胃がもたれていたんだね。

 昨日の私は、ちゃんとした飼い主とは言えませんでした。

↓たった一日で、タイヤゴム製のおもちゃがこの状態。もう、危なくてあげられません。
b0066826_20582721.jpg

by sawa4482 | 2005-02-24 20:32

倉敷観光案内part2

 小田珈琲店から美観地区までは、ものの徒歩数分。大原美術館の前に出る。

 大原美術館の本館はあまりに有名だが、裏手に回ると、こんな日本庭園もある。
b0066826_16425774.jpg

 木立の向こうに見える日本家屋に、子供の頃母とかるた会(百人一首)に来た記憶がある。当時からそういう催事だけに使われていたようだが、建物の来歴は知らない。さらに奥には、別館があり、日本美術界の巨匠の作品や現代アートが展示してある。興味のある方は、ぜひ。
 倉敷には、この他にも考古学館や民芸館、おもちゃ博物館といった、ややマニアックな博物館もある。興味のある人は、一日いても飽きないと思う。

 体力に余裕のある人は、鶴形山(と言ったって、小さな丘)にも登ってみるといい。桜や藤の季節は、きっと見事な眺めだろうなぁ(人も多いだろうけど)。
↓阿智神社から、白壁と甍の海を見る。
b0066826_1741131.jpg


 阿智神社の石段を下りきると、こんな裏通りに出る。
b0066826_1775120.jpg

 カメラを構える私のすぐ後ろにある高田屋さんの焼き鳥は絶品。
 運河沿いは、観光客と土産物屋でごみごみしているが、一歩裏通りに入ると、静かなたたずまいが残っている。カフェやギャラリーがひっそり店を構えていたりして、心惹かれる。さつきが一緒なので、残念ながら入ることはできなかったが。↓この建物は、現役の内科医院。
b0066826_17111591.jpg

 こういう裏通りにこそ、倉敷の本当のよさがあると思う。倉敷にいらした時には、ぜひご自分の足で町の隅々まで歩いてみてください。ご連絡いただければ、さつきと一緒にご案内します。

by sawa4482 | 2005-02-20 23:34

倉敷観光案内part1

 それにしても、先週はよく雨が降ったな〜。そのせいで、さつきは木曜アジ倶楽部以外、外に出ていない。さつきがグレるのも時間の問題だ。そこで、長いお散歩を兼ねて倉敷まで足を延ばしてみた。
 雨は上がったものの、風がぴゅーぴゅー吹いて寒いよ〜。途中、高速では雪が舞っていた。

 倉敷といえば、岡山県では唯一と言ってもいい全国区の観光地だ。その昔「アンノン族」という言葉がはやった頃は(←一体いつの時代だよ)、アンアンやノンノを手にした若い女性が、それこそ全国から押し寄せたものだ。とっくの昔に死語になった現在、倉敷はどうなっているだろう。

 寒風吹きすさぶ中だというのに、美観地区の中心、運河沿いは、ご覧の通り。倉敷人気健在のようだ。
 
b0066826_17355882.jpg


 アイビースクエア。倉敷紡績の工場だった建物を、ホテルに改築したもの。レンガとツタのコントラストが美しい。
b0066826_17143471.jpg


 大原美術館。門をくぐると、ロダン作「カレーの市民」が迎えてくれる。
b0066826_1726047.jpg

 大原美術館は、倉敷紡績の社長だった大原孫三郎氏が、私財を投じて設立した。エル・グレコの「受胎告知」やモネの「睡蓮」はじめ、美術の教科書で名前を見かける有名な画家の作品が数々展示してある。それらは、大原氏が、岡山生まれの画家・児島虎次郎をヨーロッパに派遣し、買い付けさせたものだ。その価格を現在の貨幣価値に換算すると、数百億か数千億か。蔵に仕舞い込むことなく、一般に公開した点が称賛に値する。バブルの頃、名画を法外な値で手に入れたあげく、自分が死んだら絵も一緒に焼くようにと抜かした現代のバカ経営者とは、何という違いであろうか。

 散策に疲れたら、小田珈琲店で一休み。
b0066826_1727177.jpg

 犬連れのために別室が設けてあるのが嬉しい。
b0066826_17274982.jpg

 コーヒー専門店なので、食事らしいものと言ったらピザトーストかホットサンドしかないけどね。専門店だけあって、コーヒーの種類は豊富。ケーキセットもある。
 さつきったら、私がトイレに行っている隙にこんなことを・・・↓
b0066826_17284870.jpg

 くつろいで元気を取り戻したら、散策の続きに出かけよう。(この項、続く)

by sawa4482 | 2005-02-20 17:33

真アジ

といっても、魚のことではない。「真剣なアジリティ」のことだ(←勝手に省略するな)。

 なんちゃってアジなんかやってるくせに、私はちゃんとした競技会を一度も見たことがない。県内の某訓練所で模擬競技会が行われると聞き及び、1月某日、木曜アジ倶楽部の面々で見学に訪れた。
 「模擬」とはいえ、テントやタープも設営してあるし、所長さんはスーツを着てなりきりジャッジになっていて、結構本物っぽい。この日は、今冬一番の冷え込みになるという予報であったが、我々は知り合いのテントに入れてもらって、温々と見学することができた(Nさん、感謝)。
 私たちが到着した時には、ビギナークラスは終了していて、本物の競技会クラスの競技が始まるところだった(本当なら、「アジリティ○○度」とかいうのだろうが、知らない)。模擬というのに、ピリピリした雰囲気。我々の牧歌的な、というか、ある意味だらけたアジとは大違いだ。

b0066826_16405144.jpg

 目がマジだよ〜。コマンドの声が大きいよ〜。こわいよ〜。
b0066826_16422048.jpg

 こんな小さなヨーキーがとことこ頑張る姿は、かわいいけどね。
b0066826_16431095.jpg

 人に換算すると、6階建てビルに相当するか。怖くないのかなー。
b0066826_1644533.jpg


 ヨーキーはともかく、本気で大会を狙っている人たちは、近寄りがたいくらい真剣。模擬でこれだったら、本番はどれくらい気合いが入るだろう。犬が失敗したら、怒りの赤いオーラが背後にぐああああ〜っと出るのが見えたもん。

 やっぱり、木曜チンタラアジ倶楽部が競技会に出るには、遥か遠い道のりであることがわかった。第一、フードの誘導なしで、どうやってあの連中の集中を引きつけておけるんだ? ディスクに続いて、今回も、幼稚園のお遊戯とプロを目指す人との違いを見せつけられた。訓練所が振る舞ってくれたぜんざいをずうずうしくもごちそうになり、すごすごと競技会場を後にしたのであった。

by sawa4482 | 2005-02-19 12:45 | スキッパーキー

さつきin雪国part2

 こちらに着いてから、72時間雪が降り続いている。地元の人でさえ、
「こんなことは珍しい。たいてい、ドカッと降ってしばらく止むのに。」
というくらいだ。
 雪のないスキー場ほど惨めなものはないけど、降り過ぎるもの滑りにくいんだよね。視界は悪いし。ブーツが埋まる深雪のコブ斜を滑っていたら、転倒して、危うく雪解けまで板と泣き別れになるところだったよ。

 今日の黒姫高原。これでも、三日間の中では一番天気のいい方。
b0066826_16525414.jpg


 今日もさつきちゃんは元気。走り回ったり、宝探しをしたり。
 雪玉投げにも挑戦。なぐさんの言われる通り、材料は無尽蔵にある。見事にキャッチ!
b0066826_16542862.jpg

 そのまま、はむはむ・・・
b0066826_1655353.jpg

 周りに無限にあるというのに。私の投げるものは、全て食い物と思っているのであろうか?

 夜になっても、さつきだけは疲れを知らない。薪ストーブの前にある火かき棒に興味津々。つい、ちょっかい出してみたりして。
b0066826_1724946.jpg


 それにしても、一年前と比較してさつきがずいぶんお利口になっていた。お食事の間、足下にフセをして待てたし、トイレも一度部屋に設置してやったら、自分からそこに行ってすませていた。だって、こっちには、「洋服+ジェントルリーダー」という必殺技があるのさ。ふっふっふ、これならさつきも暴れられまい。

 楽しかったね〜。さつきも楽しかったみたいで、よかった。また来ようね。

by sawa4482 | 2005-02-06 16:38 | スキッパーキー

さつきin雪国

晴天! 
 豪雪地帯にお住まいの方はそれぞれ苦労なさっているようだが、雪のない地方の人間は、わざわざ雪を求めて移動する。

 という訳で、今年もやってきました、妙高高原。去年さつきを連れて来てから、ちょうど一年経った。あの時はまだ子犬で、大喜びで雪の中を走り回り、「犬は喜び庭駆け回る・・・」を体現していたが、成犬になった今年は、どんな反応を見せるだろう?

 スキー場に着いて出してみると・・・
b0066826_19475092.jpg

 あら、どうしたことでしょう? 全然嬉しそうじゃありません。歩く時も、足が冷たいのが嫌なのか、一歩一歩足を高く上げる。人でも、子供の頃は雪が降ると嬉しくて外を走り回るものだが、大人になると明日の出勤のことを考えて憂鬱になる。犬でも、大人になると雪が嬉しくないのかなー。寒くないように、せっかく服を着せたのに。
 と考えて、ふと思った。
レノン君
イーグ君も、どんな雪の中でも裸だ。それに、さつきは服を着るのが大嫌い。普段でも、服を着せると固まるよな。
 そこで、服を脱がせたとたん、
b0066826_195645100.jpg

 あっという間にいなくなった。
 ボールを投げてやると、いつまでも
b0066826_20112219.jpg

 星さんに倣って雪の中にフードを埋めて宝探しをさせると、
b0066826_20122133.jpg

 要は、服が嫌なだけだったのね。(この項、続く)

by sawa4482 | 2005-02-04 19:10